(アニメ感想) ケロロ軍曹 第93話 「夏美 潜入!秘密基地であります/日向秋たぶん宇宙最強の女であります」

ケロロ軍曹 (11.5) 公式ガイドブック




今年に入ってからのケロロ軍曹は何気に面白いですね。なんだかんだ言っても息の長いアニメですからこのままの調子を持続して今年も突っ切って欲しいですね。さて、感想です。夏美のお宝である623のサイン色紙を取り上げたケロロ軍曹は、これを秘密基地の一番奥にある部屋まで取りに来いと挑戦状を叩きつけます。烈火のごとく怒った夏美は当然この挑発に乗りやってきます。しかし、ケロロ軍曹は夏美を基地に潜入した賊にみたてて訓練をすると言い出します。もちろんこれは口実で訓練にかこつけて日頃を恨みをたっぷり晴らそうと企むケロロでした・・・。

相変わらずユリユリ~な小雪ちゃんが夏美のピンチにさっそうと登場!!って言うかあんたいつも夏美のこと見張ってるの?オー!デンジェラス!!しかし、今年に入ってから小雪の活躍が目立ちますね。まあ、今まで小雪があまり出てこなかったから、すっかり忘れてしまいそうになることもあったのでいいのですけど。でも、何人も現れたクルル顔の夏美の分身の本物を匂いでかぎわける小雪って・・・かなりキてますね(笑)。結局、小雪の力を借りて623のサイン色紙を無事取り戻せた夏美ちゃん。敗れてしまったケロロは「想定の範囲外です!」といやあ、この時期に際どいネタをかましてくれました(笑)。人生突然何が起こるか分かりません。日ごろの心がけを大切にね!といやあ、全くその通りです。あまりにもビンゴでいろんな意味で笑わせて貰いました。しかし、夏美って小雪には寛大なのね。あんなストーカーまがいの行動をしているのにね(笑)。やっぱり、相手が女の子だと怒るに怒れないのかな・・・。

さて、後半は秋ママがメインのお話し。特殊時空に飛ばされた秋、原因はエルゴン星人。秋を獲物と認識したエルゴン星人は彼女に襲い掛かります。それを阻止しようと助けに入るケロロ達。しかし、エルゴン星人に返り討ち。そんな時、クルルが・・・。

秋ママのアクションシーンが見ものでしたね。結構迫力あって面白かったです。まさか、ケロロ軍曹で激しいアクションシーンが見られるとは思っていなかったのでちょっとラッキーな気分。そして、最後は温かく優しい家族団らんの光景と・・・いつものケロロ軍曹のパターンですね。しかし、これはこれでうまくまとまっているような気分にさせてくれるのでいいと思います。今回は前半も後半もそれなりに楽しめました。初期の頃のパワーは感じませんが、キャラが立っているアニメなのでどんなお話しでもそれなりに面白くすることが出来ると言うのは強みではないでしょうか?ケロロ軍曹は見ていて安心できるアニメなのでこれからもずーと続いて欲しいですね。

kero06012100

0 Comments

Post a comment