(アニメ感想) 地獄少女 第15話 「島の女」

地獄少女 1




柴田が使えない・・・いやまさに。一度ぐらい復讐を阻止してもいいじゃないか!まあ、そうするとアイの活躍が見られなくなるわけですけどね。ただ、最近アイちゃんの「いっぺん死んでみる?」を聞いてないような気がします。そろそろあのセリフ聞きたいな。そして、今回こそ柴田は間に合うのか?感想です・・・相変わらず地獄少女の事に頭を突っ込む柴田親子です。今回は、つぐみが見たと言う映像を頼りにある島へとたどり着きました。「はじめちゃん、あの人よ」島に着くなり、つぐみの画に描かれた女と同一人物だと言うその子の名前は三奈。柴田は手がかりを調べようと街の人に聞いてまわりますが誰に聞いても「知らない」とそっけない返答。ところが、立ち寄った食堂のマスターが三奈のことを知っているとの話。聞けば、三奈は港の外れの旅館の女将の姪っ子だと言います。本当の母は、15年前に自殺したのだと言います・・・。

しつこく嗅ぎまわる柴田親子の邪魔をしようとイタズラする一目漣と骨女がちと人間臭くて笑えました。あんなところで能力の無駄遣いして誰かに怒られないのだろうか?それにしても、藤江がヤバかった。あれは完全にホラーモードの顔です。一目漣や骨女よりも恐ろしく見えたと言うのはどうよ?(笑)。

「この島から出たら皆不幸になる」と藤江。なんか、どっかで聞いたことのある話ですね。ユウジとの付き合いをやめさせようとする藤江に憎しみすら抱くようになった三奈は、地獄通信にアクセスそして例の人形を手に入れます。その人形をユウジに見せた三奈は・・・。

今回は全編ホラータッチでした。柴田が果たして間に合うのか!!この場面にはドキドキさせられましたね。いつもの展開ならここで間に合わず復讐成立ってところですが意外にも間に合ってしまいます。しかし、ここで油断出来ないのがホラーです。ホラーのセオリーとして一旦穏やかな音楽が流しておいて油断させてまた恐怖のどん底に突き落とす!と言うのがありますからね。第十話の「トモダチ」の件もありますしね。この辺、最後まで見るものをハラハラドキドキさせる演出はさすがでしたね。

ただ、今回の場合は(前も同じようなシチュエーションがありましたが)三奈にしてみれば命の危険が迫っていたわけで、復讐するしか生き残る道は残されていなかったわけですから、あまりにも三奈が不憫ですね。それに、襲ってきた暴漢に所持していた護身用の武器で殺しちゃった的な使われ方をしているこの人形って一体・・・。ちょっと、あの最後だけは頂けなかったです。はっきり言えば、ユウジを藤江に殺されて狂気じみた三奈が人形の紐を解くと言う展開のほうが今回の話しの雰囲気には合っていたかもしれません。まあ、かなりエグいですが・・・。

どっちにしても、復讐をせざるを得ないというシチュエーションに追い込むにしてもそれは単純に自分の命を守るためにと言うのでは意味がないと思います。しかし、今回のオドロオドロしい雰囲気はとても良かったのでまたこういうホラータッチでのお話しが見たいですね。次回も期待です。

jigoku06012200

0 Comments

Post a comment