(アニメ感想) アスラクライン 第13話 「呪われた罪人の烙印」

アスラクライン〈10〉科學部カイメツ (電撃文庫)
アスラクライン〈10〉科學部カイメツ (電撃文庫)
クチコミを見る




人質に取られた生徒達を救うために、加賀篝の元へと向かった智春達。しかし、そこで待っていたのは・・・。





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



最終回にふさわしく大きな見せ場を持ってきましたね。加賀篝との戦い、そして落ち行く飛行機に登場している生徒達の救出作戦と・・・それは、智春や玲士郎が演操者でなければ、なしえなかったものでしょう。

そして、彼らは生徒たちを救った・・・しかし、その代償として待っていたのは、あまりにも悲しい別れでありました。

「どうして誰も教えてくれなかったんだ~!」・・・いや、夏目君のおっしゃる通りです。

周囲の人間がなぜその事実をひた隠しにしていたのか不明。演操者達は皆、自分の中にその想いを秘め、戦っていたということなのか・・・。

「機巧魔神は彼女達の魂の質量を削って演操者の願いを叶える。魂を削られた彼女達は、感情をすり減らしそして全ての感情をなくした時、彼女達は消滅する」。つまり射影体は、演操者の奉仕者として魂を消耗し、そして何れは消えていくということ

きっと、加賀篝はそんな縛りから開放するために、自身の射影体と機巧魔神を切り離そうとしていたのでしょうね。そういう意味では、加賀篝もまた悲しい男だった・・・。


さて、最終回です。1クールを終え、この作品のテーマのようなものがおぼろげに見えてきた感はありますが、やはりまだまだ消化不良。すでに二期が決定していますし、恐らくは元々から変則2クールの予定だったのではないでしょうか?

だから、このままではあまりにも中途半端なのは、仕方のないことかもしれません。

それにしても、主人公・智春の存在は希薄だったなあ~。正直、玲士郎と哀音の物語のほうが、ずっと心を動かされる。

その意味では、1クールは玲士郎の物語だったのかもしれない。ああ~、本当に悲しい結末だった・・・。

そんなわけで、声優並びにスタッフの皆様お疲れ様でした。またこの作品の感想記事を読んでくださった方、今までコメントを下さった方、本当にありがとうございました。よろしければ感想等を聞かせてくださいませ。


<毎週水曜日 夜11時からはアニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!!>

毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は4月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、戦国BASARA、クイーンズブレイド、アスラクライン、PandoraHearts、バスカッシュ!、Phantom ~Requiem for the Phantom~、けいおん!、ハヤテのごとく!!、真マジンガー 衝撃!Z編 、戦場のヴァルキュリア、グイン・サーガ、シャングリ・ラ、タユタマ -Kiss on my Deity-、夏のあらし!、ティアーズ・トゥ・ティアラ、咲 -Saki-、蒼天航路など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment