(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第13話 「ダブリスの獣たち」

鋼の錬金術師FESTIVAL~Tales of anotherもうひとつの物語~ [DVD]
鋼の錬金術師FESTIVAL~Tales of anotherもうひとつの物語~ [DVD]
クチコミを見る




ついにセントラルへ異動となったロイ。

一方、ホムンクルスたちに重傷を負わされたスカーも、セントラルへ向かうべく行動を再開する。その頃、真理の扉の記憶を取り戻すためイズミの元に滞留するアルのもとに、「おまえの秘密を知ってる」という怪しげな一派が接触を図ってきた。彼らはなんと全員キメラだというのだが・・・。






↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



グリードがいよいよ登場。声優さんは、中村悠一さんが担当していたが、全く違和感なくとりあえず一安心。前期は諏訪部さんでしったっけ?声質的にもこの二人は結構近いので、前期のファンからの文句もあまり出ないのではないでしょうかね?

さて、エドとグリードの接触によって、また物語は新たな局面を迎えた感がありますね。ちなみに、グリードは軍が秘密裏に作り出したホムンクルスでありました。人体練成の成功例はないはずなのに、一体どのような方法を使って成功させたのか?

全くもって謎ではあるが、グリードがホムンクルスである事は、ほぼ疑いようのない事実であります。驚くべき再生能力・・・明らかに人ではないその能力が何よりの証明となっている。

さらに彼は、傷一つつける事の出来ない最強の盾をも装備していた。これが戦闘において、エドを大いに苦しめた。

全身をその最強の盾で覆い、もはやどこからも死角はない。攻撃が通用しない以上、敵が消耗しきるのを待つだけでいいのだ。アルを目の前で攫われ、エドは明らかなピンチに陥ってしまった・・・。

しかし、さすがにエドは頭がキレる。それが最強の盾なら、強度を落とせばいい・・・それが錬金術というもの

エドは練成で盾の強度を脆くしグリードにダメージを負わせた。もちろんそれはすぐに回復してしまうのだけど、エドはこの時グリードが硬化と再生を同時にする事が出来ない事を見抜いていたのだ!!

・・・ただ、相手の弱点が分かっても、もはや立ち向かえるほどの体力がエドには大して残ってない・・・結局ピンチは変わらずという場面だったが・・・そう、ここでヒーローのご登場というわけ。

いやあ~「ただの通りすがりの主婦だ!」というセリフが決まっててしびれたなあ~。やっぱりイズミさんは、とんでもなくカッコイイよ。ハイキックでグリードをぶった倒してくれたシーンには、スカッとしたね


今回も、そつのない出来でほとんど不満点はなかった。戦闘シーンは他のバトルもの作品と比べても見劣りしないぐらいの、スピーディーかつ迫力ある描写がなされていたし、ピンチの陥ってからのエドの機転や、最後の主婦登場など見せ場も作った。

また、ホムンクルスやキメラの開発が成功していた事など、軍に関わる様々な疑惑も噴出し、興味をそそられる展開で飽きることなく見られたのがいい。着実に作品の完成度を高めつつあるから、今後は大化けする可能性も十分にあると思います

その一つ大きな転機になりそうなのが、新章突入ですか・・・CMを見る限りでは凄く良さそう。是非期待したい。


<7月3日(金) 夜9時から「エヴァンゲリオン特集&エヴァ新劇場版 序実況ラジオ」を堂々開催!!>

現在「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破」が絶賛公開中ですが、7月3日(金)に金曜ロードショー枠で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序」が放送されます。

これに合わせて7月3日の夜9時からは「エヴァンゲリオン実況ラジオ」、そして放送後の夜11時からは「ピッコロのらじお♪夏休み特別企画」と題しまして「エヴァンゲリオン特集ラジオ」を開催する予定でございます

後の作品に大きな影響を与えたとされるエヴァンゲリオンについてもう一度語り合おうではないかという企画です。アニメ好きが集まり、批評、考察、分析・・・等等様々な視点からエヴァについて語りつくしたいと思っています。

当日は掲示板も設置しますので、是非多くの方に参加して頂きたいと思っています。詳しい事は後日当ブログのトップページにて発表いたしますので、どうかチェックしてくださいませ。

http://samuraimoon.blog67.fc2.com/tb.php/998-81ec933e
http://keiwave.blog105.fc2.com/tb.php/396-e054c153
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/31f8707474
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10290352245/f42856ba
http://dodoradoraemon.blog26.fc2.com/tb.php/203-ca5e9c11

0 Comments

Post a comment