(アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第13話 「ブリガンテス」

ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]
クチコミを見る




リアンノンのもたらした情報により、ガイウスがアルビオン島に屈強な兵士たちを集結させていることが判明する。このままでは数により押し切られてしまうと判断したアルサルたちは、アルビオン島で最強最大の部族であるブリガンテス族に協力してもらうことを思いつく。早速ブリガンテス族が住む森へ向かう一行。彼らと手を組むことができれば帝国軍とも対等に戦えることができるはず。だが、そこでは思いがけない人物が待ち受けていた



banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



帝国に対抗するための案として、他の部族との共闘を思いついたアルサル達。まずは、アルビオン島最強最大の部族と手を組もうと言う魂胆で、ブリガンテス族の住む森へと一同は向かった・・・。

今回は、アルサルのリーダーとしての資質が問われる重要なイベントだったのでしょう

それにしても、アルサルがどこまでもまっすぐで、駆け引きを嫌うと言うのは分かるが、やはりリーダーとしてはあまりに愚直すぎると思う。

リーダーとは何においても部族の利益を最優先に考えなくてはならないし、そして死ぬことは決して許されない・・・にも関わらず、部族の命運を賭けた一対一の果し合いで、相手のハンディに合わせて、自ら肩を外すなんて・・・あまりにもクレイジーだ。

タリエシンは、あえて弱みを見せ油断を誘ったようですが、そのような駆け引きも戦いにはおいて当然のもの。タリシエンがもっと冷徹であれば、確実にアルサルの首は飛んでいたでしょうね

まあそんなアルサルを見るにつけ、アロウンは彼らに興味がそそられるところなのかもしれないし、また共に戦う価値があると考えているのだろうか?もしくは、アルサルの抱える危うさに、かつての友を重ねているとも考えられる。

何にしても、アルサルは○カだけど、今回はバ○なりに役には立ったからいいか!・・・と言えば、言いすぎかな。

私は彼がウザいとは言わないけど、やっぱり精神的に支える人が側にいないとダメだなと考えています。それが、オクタヴィア!?・・・だとしたらアルサルには勿体無すぎますな(苦笑)。


<7月3日(金) 夜9時から「エヴァンゲリオン特集&エヴァ新劇場版 序実況ラジオ」を堂々開催!!>

現在「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破」が絶賛公開中ですが、7月3日(金)に金曜ロードショー枠で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序」が放送されます。

これに合わせて7月3日の夜9時からは「エヴァンゲリオン実況ラジオ」、そして放送後の夜11時からは「ピッコロのらじお♪夏休み特別企画」と題しまして「エヴァンゲリオン特集ラジオ」を開催する予定でございます

後の作品に大きな影響を与えたとされるエヴァンゲリオンについてもう一度語り合おうではないかという企画です。アニメ好きが集まり、批評、考察、分析・・・等等様々な視点からエヴァについて語りつくしたいと思っています。

当日は掲示板も設置しますので、是非多くの方に参加して頂きたいと思っています。詳しい事は後日当ブログのトップページにて発表いたしますので、どうかチェックしてくださいませ。


http://d.hatena.ne.jp/mouseion/20090629/p1
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/30330462

0 Comments

Post a comment