(アニメ感想) 咲 -Saki- 第14話 「存在」

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]
クチコミを見る




和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。そんな和の快進撃に、龍門渕透華が立ちはだかる。高得点の和了りで和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、このまま波に乗って連荘を目指すそうとするのだが……。



banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



副将戦は和と透華の一騎打ちになるかと思いきや、思わぬ伏兵が潜んでいたという話し。いやもう伏兵も伏兵、何せ彼女の存在はほとんど見えないわけですからね。

普段はほとんど他人に認識してもらえない非常に希薄な存在・・・しかしそんな桃子の存在を見い出したのが、ゆみ。人との交流を諦めていた桃子にとって、それはとても大きな出来事であったたろうし、そしてゆみをなぜそこまで慕うのかもよく理解出来た

とても当たり前の事だけど、過去の回想を挿入することで、キャラの掘り下げを行い、それぞれの関係性についても言及。新キャラが登場、あるいは活躍する度にこの繰り返しではあるのだけど、視聴者がキャラクターへと感情移入しやすい、丁寧な描写がなされていますね。

しかし面白いのは、自身が目立とうと必死にアピールする存在と、そこにいるだけで華がある存在があって、ところが全く目立たない事で周囲を脅かす存在にもなりえる事を桃子が示そうとしている事。これは、ちょっとワクワクする展開であります

と言うのも、主人公擁する清澄高校の生徒達は誰も優秀で、特に和と咲に関してはチートと言ってもいい能力の持ち主なので、むしろライバル校の生徒達の方に肩入れしたくなるのですよね。それは上記の通り、感情移入しやすい入り口を作っているため余計にそう感じるのかもしれません。

ですから、副将戦の楽しみ方は、和を他校の生徒達がどこまで追い詰めるか?というところにあると私は思っています。そして、舞台は整った・・・ガンバレ、桃子!


毎週水曜日夜11時より放送の「ピッコロのらじお♪」は、一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/j_uventus/51628973
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10296430604/c8ab5e31
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wakashiraga24/898656
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/aki3385/51318978
http://curozudorein.blog121.fc2.com/tb.php/553-8adf3f6a
http://yaplog.jp/pikuru2726/tb_ping/9
http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1448-f63aeda8

0 Comments

Post a comment