★企画「今期終了アニメ(3月終了アニメ)を評価してみないかい?4」の最終集計結果発表! PART5 「絶対可憐チルドレン」、「RIDEBACK-ライドバック-」、「スキップ・ビート!」、「とある魔術の禁書目録」 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」、「みなみけ おかえり」

「今期終了アニメ(3月終了アニメ)を評価してみないかい?4」の最終集計結果の記事PART5です。今回評価を掲載する作品は、「絶対可憐チルドレン」、「RIDEBACK-ライドバック-」、「スキップ・ビート!」、「とある魔術の禁書目録」 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」、「みなみけ おかえり」 です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51263075.html

(「彩雲国物語」、「おねがいマイメロディ きららっ」、「ネットゴーストPIPOPA」、「ブルードラゴン天界の七竜」 「Yes! プリキュア5Go Go!」、「ゴルゴ13」、「今日からマ王!(第3シリーズ)」、「VIPER'S CREED」 )



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51263335.html

(「スレイヤーズEVOLUTION-R」、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」、「マリア様がみてる 4thシーズン」、「黒執事」 「アキカン!」、「タイタニア」 )



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51263489.html

(「スレイヤーズEVOLUTION-R」、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」、「マリア様がみてる 4thシーズン」、「黒執事」 「アキカン!」、「タイタニア」 )



PART4の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51264701.html

(「ドルアーガの塔~the Sword of URUK~」、「鉄腕バーディDECODE:02」、「鉄のラインバレル」、「テイルズ オブ ジ アビス」 「明日のよいち!」、「まりあ†ほりっく」 )



この企画についての詳しい説明はこちらをご覧下さい↓



「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?4」



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



絶対可憐チルドレン

まず最初に紹介するのは、「絶対可憐チルドレン」。原作は、椎名高志の漫画作品。アニメーション制作は、SynergySP。キャストは、中村悠一、平野綾等が出演。

WS000000

このレビューに参加して頂いた方の人数は24人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.9 キャラクター 4.27 画 3.88 演出 3.79 音楽 3.71  総合的な評価 4.08 総合点 23.63となっております。

全体的にどの項目も高い評価がなされていますね。ストーリーが中途半端に終わったと指摘されている方も何人かいらっしゃいますが、一年を通して安定感があったとの評価をされている方が多かったですね。またキャラクターの魅力を押す方意見が多く、それが平均点の高さにも結びついていました。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


幻影現実 私的工廠 ブログ様
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/


万遍なく楽しませてもらえました。
音楽も良かったですしね。
キャラソンまでは手を出していませんが、OPとEDは ほぼ買ってます、限定版。
可憐Girl's の3人 可愛かったし。
いかにも続編作られそうな終り方してますから 2期目を期待して待ってます。
ただ、ハヤテのごとく! みたいに 制作会社が変更になるってのは どーなんでしょうかねぇ???
大人に成長した3人組から嫁にするなら 爆乳の紫穂ちゃんか メガネ美人の葵ちゃんか 迷います。
薫、御免。



藍麦のああなんだかなぁ様
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/


ソウルイーター同様に、1年間の作品でした。事前のPVや第1話が原作とかなり変わっていたことなどから、当初は結構心配して感想もやめていたのですが、見ていくうちに1年間のアニメの骨組みをきちんとやるために、原作を構成直していることに気づきました。はっきり言って、少し途中でぶれがある原作よりも、通して見るとアニメのほうがしっかり出来ています。だからアニメが上だというわけでもありませんが。


見ていて悪いか!様
http://blog.goo.ne.jp/takuyasu1969


原作未読なのでどこまで原作に沿っていたかは不明ですが、内容は安定していたと思います。テーマにもブレが無かったし。けれど、感動したとか、思い入れがあるような話しは無かったです。ただ、キャラクターたちは良く動いていて魅力的でした。音楽に関しては…、まぁ、仕方ないですかね。



RIDEBACK-ライドバック-

続いて紹介するのは、「RIDEBACK-ライドバック- 」。原作は、カサハラテツローの漫画作品。アニメーション制作は、マッドハウス。キャストは、水樹奈々、うえだゆうじ等が出演。

WS000001
WS000002

このレビューに参加して頂いた方の人数は54人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.13 キャラクター 3.43 画 4.34 演出 3.96 音楽 3.68  総合的な評価 3.46 総合点 22となっております。

まず画の項目の評価がずば抜けて高いことに驚かされます。ライドバックの動き、背景の描き込み等を評価される方が多かったですね。全体的にも作画が崩れることなく安定していた点も評価されていました。演出も、琳がライドバックで踊るシーン等を挙げ褒めてらっしゃる方が多かったです。ただ、ストーリー面では、序盤のレースをやっていた頃の話しの方が面白かったという意見も・・・。全体的には及第点以上の評価がなされていますね。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


Mare Foecunditatis様
http://samada08.blog10.fc2.com/


放送開始前、ひそかに期待していたが、十分期待に応えた作品。
ストーリーはどうかな?って感じもしますが、序盤から中盤、終盤への流れは無理がなくてよかった。序盤を見ていた段階では無理な展開に強引に持っていくのかなぁと思っていたけど、意外にすんなりと見ることができてよかった。
キャラは立っていたようでみな個性がない感じも否めません。1クールアニメはどれも個性が出てきたころに終了って感じかな?しかし、すずりちゃんがあんな風になるなんて・・・。でも、ここって結構評価すべきところかも知れません。戦争を描いた某00で主要キャラで死者がほぼ出なかったのを考えると、すずりちゃんの扱いはかなり衝撃。
毎回、見せ場があり、ライドバックの動きに魅せられました。背景とかもとてもきれいで絵的にはすごくよかったと思います。
音楽はOPはサビはいいけど、全体として盛り上がり感をさほど受けませんでした。合っていると言われれば合っているし、合ってないと言われれば合ってない気がします。EDも同様。
総合。ストーリーはなんとなくうまくラストに持っていった感じ。でも、結構急ぎ足でポンポン話が進んでた。けど、特に違和感もなかった。よくもあり悪くもあるような感じです。キャラクターも際立つわけでもないし、際立たないわけでもない・・・すべて均一って感じで平均点って感じ?絵はキレイで結構群を抜いている感じを受けた。演出も均一って感じでしたが、すずりちゃんの死はかなり衝撃でした。ロボットアニメなんかでの死と比べると何気にリアル感があった。で、それをあえて持ってくるってところが他のアニメと比べた場合、よい方向にいく感じがします。結構骨太な話でしたが、毎回見せ場があってライドバックが動き回るシーンは壮観でした。



ばらしやジョネスは二度死ぬ様
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956


個人的に大学のライドバック部でレースしていたときが一番楽しかったです
軍事物の作品として展開していったところも悪くはなかったのですが、如何せん最後の締め方が良くなかったです
まず気になっていたのが凛がGGPに狙われる理由があまりにも弱すぎる気がします
GGPの包囲網から抜け出しただけでテロリスト扱いされるってどうなんでしょうか?それが最後まで引っかかっていました
そして最後は普通に学生に戻っていましたし…何がなんだか
次にブマのリーダーとの関係性、凛はブマに入るわけでもなく、結局リーダーとも何もなく最後まで会うことはなかった
あとは終始ブマとGGPが勝手に戦っていたという印象しか残ってないです
というか…テロリストを簡単に入国させてしまう入国審査の甘さは突っ込んではいけないんでしょうか?
今更ながらよくGGPは世界の実権を握れたと疑問を抱かざるを得ません
中盤まではなかなか楽しめていたのですが、後半特に最終回はお粗末な締め方でした
GGPの司令官…随分あっさり亡くなりましたよね…



あにぎり(仮)様
http://futarinoneko.blog61.fc2.com/


ストーリー
はいはい、レースアニメを期待してた俺が評価しますよw
まぁ、主人公・琳の物語としてはあり。ただ、最終回を見るまでは、どうしても他に目がいってしまう。
いらないと感じる要素が多すぎの上に、圧倒的に尺が足りない。だから、テロ関連の設定、兵器としてのライドバックなどが、もの凄く浅いものに見えてしまった。
これならライドバック部でレースしながr(ry

キャラクター性
琳の危うさは見てて面白かった。上条さん同様5点をつけてもいいくらい。
ところが、その輝きで腋を固める登場人物までモブ化してしまうという、これまた同じようなジレンマ。
いや、こちらの方が、文字通り一人舞台だった気がするw

総合的な評価

いろいろと惜しい作品だった。
作画や音楽は言うまでも無く、ストーリーの根幹や世界観だって悪くないのに、それを肉付けする要素の煮込みが甘いと言うか、尺が足りないと言うか……
結果的にしょっぱいアニメとなってしまった印象。こうやって粗を探さなければ、十分すぎるほど面白いと思うんですけどね。
なので、結局、ライドバックの走ってる姿をもっと見たかった。レーs(ry とか言いたくなってしまうw 惜しい、実に惜しい……




スキップ・ビート!

続いて紹介するのは、「スキップ・ビート!」。原作は、仲村佳樹の少女漫画。アニメーション制作は、ハルフィルムメーカー。キャストは、井上麻里奈、小西克幸等が出演。

WS000003

このレビューに参加して頂いた方の人数は29人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.97 キャラクター 4.21 画 3.5 演出 4.03 音楽 3.19  総合的な評価 4.07 総合点 22.97となっております。

キャラクターの人気が非常に高いですね。後、これは演出に関わるところなのでしょうが、キョーコの怨念モードが面白いと多くの方が口を揃えておっしゃています。ストーリーにも満足との声が多く、高い評価点になりました。ただ、音楽に関しては普通と少々伸び悩みましたね。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


軒下倉庫様
http://kuragome.blog57.fc2.com/


ストーリー
とにかくテンポが良かったです。ストーリーは結構王道なんですが、主人公が普通の少女漫画だったら悪役ポジにつきそうな子なので、最強扱いされててもそんなにイラつかずに最後まで見入ることができました。完結しなかったのは残念です。

キャラクター性
とにかく女の子が良かった!!あ、もちろん男性陣も良かったんですが、でてくる女の子たちがいいツンデレ揃いでいちいち可愛かったです。中でもキョーコの清々しい黒さは強力でした。

総合評価
女の子たちの嫌味のないかわいさ、蓮のかっこよさ、尚のネタっぷりで、深刻な話のときにも暗くなりすぎずに楽しく見れました。ストーリーも安心して見ていられたし、幅広い世代に薦められる作品だと思います。深夜にやってるのが不思議なくらいでした。



スターライト☆ステージ様
http://starlightstage.cocolog-nifty.com/blog/


ストーリー
最初は、尚への復讐が目的で芸能界を目指したキョーコですが、
演技の勉強をしていくうちに演じる楽しさを覚えて女優として鍛えられる
キョーコの成長ぶりをうまく描けていたと思います。

キャラクター性
これはもう満点です。怨念キョーコ、毎回爆笑させて頂きました。
佐藤さんの新境地を開いたのではないでしょうか。

総合的な評価
「DARK MOON」のドラマがどうなったのか、気になるので可能
なら是非とも続編を作ってほしいです。notes



アニパソチャンネルEX様
http://asalt.blog46.fc2.com/


演出
演出だけなら今期のアニメでは一番高かったかな~と思います。

音楽
もう少し音楽にも力を入れてほしかったかも・・・

総合的な評価
毎回毎回面白かったです。ぜひ第2期をやってほしいところです。




とある魔術の禁書目録

続いて紹介するのは、「とある魔術の禁書目録」。原作は、鎌池和馬のライトノベル。アニメーション制作は、J.C.STAFF。キャストは、阿部敦、井口裕香が出演。

WS000004
WS000005
WS000006

このレビューに参加して頂いた方の人数は96人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.32 キャラクター 4.14 画 4.06 演出 3.37 音楽 3.43  総合的な評価 3.64 総合点 21.96となっております。

ストーリーに関しては評価が分かれたといった感じです。純粋に面白かったと評価する人もいれば、原作の面白さを十分に引き出せないと不満を述べる方もいて結果的には、この評価。キャラクターは登場人物の多さと女性陣の魅力について言及される方が多かったです。ただし主人公の説教については意見の分かれるところ。画についての評価は高く、終始崩れなかった作画、戦闘シーンの描写等を挙げる方が多かったですね。総合的には及第点以上の評価を得ています。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


桜杏様
http://sakuanzu396.blog70.fc2.com/


・・・くらいなカンジかにゃ?
キャラはいいですよ。女の子はかわいいし。
ストーリーは・・全部いいってわけじゃないんでちと悩みましたが。
絵は安定してていいと思います。
音楽も個人的には好きですよ。



ブログ・悠陽様
http://yuugure960.blog90.fc2.com/


上条さんの説教目録は個人的にお気に入り。熱い主人公大好きだ
ぜ!毎回の話の構成や伏線もすばらしく、原作が人気出てる理由
がよくわかりました。
ただ、複雑な設定やセリフ回しが伝わりにくいなどの問題もあっ
たので、原作の魅力を再現する努力をもっとしてくれたら神アニ
メだったかもしれない。



Mistralの日記様
http://daora.blog64.fc2.com/


原作も買いましてかなりはまりました。
世界観と考察がとても面白かったです。
魔法と超能力のマッチングはよかったと思いました。
かなり奥が深い作品だとおもいますよ。




機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン

続いて紹介するのは、「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」。アニメーション制作は、サンライズ。キャストは、宮野真守、三木眞一郎等が出演。

WS000007
WS000008
WS000009
WS000010

このレビューに参加して頂いた方の人数は134人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.68 キャラクター 3.36 画 4.13 演出 3.42 音楽 3.74  総合的な評価 3.18 総合点 20.49となっております。

ストーリーが厳しい評価を受けています。前半を評価するけど、後半が・・・という意見が多かったですね。それと、結末に納得していないという意見も多数見受けられました。キャラクターは総じて描写不足との意見があり、魅力的なキャラがいてもそれを生かしきれていないところを残念に思う方が多かったように思います。画の評価は高く、よく動く戦闘シーンをいいとおっしゃる方が多いですね。演出と音楽に関しては例の姫についての言及が多く、それが評価を落としていた原因の一つとなったいたようです。大作アニメでしたが、全体的にはかなり辛い評価となってしまいました。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。



玩具やプラモのガラクタ倉庫様
http://plaza.rakuten.co.jp/temjin747f/


ストーリー
ファーストシーズンとは対照的に少し暗めな雰囲気でシリアスだったと思うんですが、後半はちょっとゴチャゴチャしていたというか何というか・・・
それと○年後とか○年前とかを唐突にやったりするんで、ちょっと混乱しました
つまらなかったという訳ではないんですが、可も無く不可も無く・・・って所だと思います
そういう訳で3にしました

キャラクター性
ちょっと人物描写が分かり難い所とかがありましたよね、ライルとアニューの関係とか、途中でいきなり出なくなったサーシェスやカティ&コーラサワー大先生なんかも、失踪中は何をやってたのかを語らなかったし・・・
もしかしたら、外伝でその事について触れてるのかもしれませんが、本編でも少しは説明して欲しかったです
そんな訳で3に・・・あれ?今書いた内容って演出に入るのかな?アレ?
・・・まあいいか!思った通りに書くって言ったし!うん!(真面目にやれ

総合的な評価
上で色々書きましたが、結構楽しんではいました
他人に進めるかどうかは別として、見るならファーストシーズンから一気にみた方がいいんじゃないかと思います
前期と後期に分割したのは種デスの影響だとファーストシーズンの頃から囁かれてはいましたが、やっぱり普通に1年間頑張ればよかったんじゃないかと思います
だいたい半年間も間が空いたら、視聴者も半年前の内容なんか忘れてる人が出てくるんだから、分割したのは失敗だと思います
そもそも土曜6時から日曜5時に放送時間が変更された時点で、既に失敗だったと思うんですよね
Bパートの冒頭で「提供~」のテロップが入ってくるようになりましたが、視聴者をなめてるんでしょうかね?
録画してる人に「テロップが邪魔だったらDVD買え」とでも言ってるんでしょうか?やめていただきたい
あとED後のCM、マジでやめてくれ、出演者のやる気のない演技なんか見たくないから
というかCMまで使い回しするとか・・・もうダメだな
何というか、内容以外の不満が多いので3にしました、物凄い身勝手な理由でごめんなさい。。。



AQUAを照らす月光様
http://civer.blog122.fc2.com/



安定していたといえば、そうだし、どうでも良いと言えば、どうでも良い。
ブシドーを美しく描いていたので、良しと使用か。

音楽
ゴロゴロソングは、いらない。
他の、BGMを含み、初期からのUverのOPは褒められる。音楽と一部のキャラは、一級品なんだよなー
音楽面は、良いと思う。
ゴロゴロがなければ…もっと良かった…
惜しい!!

総合的な評価
かなりぼろくそ言った感がするなぁ…
でも、思ったことを言ったのだから・・・後悔は無いよ。

S+~E-では
厳しめに…D-で。
結果的に、だから、何ですか?
感が強すぎる…

他のリアルロボットアニメ…近年で代表を言うのであれば、ファフナー、ギアスですがね。
ファフナーの方が、面白いんですよ。
ギアスの方が、面白いんですよ。
やっぱり、ガンダムを作るのであれば、富野の元で修業しなければ駄目。
そうでなければ、最高の作品はできない。
ファフナーに負けたのです。
ふぅ・・・サンライズ…
僕の中で、21世紀ガンダムは、ファフナーに負けてます。完全に。 
結局、ウルトラマンや仮面ライダーのように、返り咲くことができなかった…
そんな感じですね。



地下室で手記様
http://plaza.rakuten.co.jp/chikashitsu/


キャラクター性
ファーストシーズンと比べ、刹那、ティエリア、沙慈などの成長というものが実感できたのは非常に良かった事ですが、逆にキャラクターが無駄に多かった結果、無理にセカンドシーズンに生き残らせなくても良かったんじゃないかと思えたり、またイノベイドが多く出過ぎていて、どこまで重要なキャラなのか、単なるパイロットレベルなのか狙いとして中途半端な状態が目立ちすぎたのが大いなるマイナス。


戦闘シーンは非常に良かったと思います、ギミックの多い機種も多く、戦闘シーンだらけにしても良かったんじゃないかとすら思えるくらい。

総合的な評価
終盤があまりにも釈然としないので、悪い面ばかりが気になってしまいますが、楽しめた事は確かです。
少なくとも前半というか、軌道エレベーター崩壊の被害を食い止めようと全勢力一致して弾幕状態までは本気でよかったと思います。
そう思うと、あの回ラストでセルゲイさんが息子に殺されたのがけちの付き始めかもしれないですね。
映画がどういう形のものなのかは現段階ではわかりませんが、釈然としない気持ちを晴らすようなものができる事を祈っています。




みなみけ おかえり

続いて紹介するのは、「みなみけ おかえり」。原作は、桜場コハルの漫画作品。アニメーション制作は、アスリード。キャストは、佐藤利奈、井上麻里奈等が出演。

WS000011
WS000012
WS000013

このレビューに参加して頂いた方の人数は91人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.36 キャラクター 4.32 画 2.97 演出 3.48 音楽 3.59  総合的な評価 3.71 総合点 21.45となっております。

キャラクターについては、もはや言うまでもないでしょう。一期の時ですでに人気は確立していますからね。作画に関しては厳しい意見も結構ありました。音楽に関しては声優さんの歌うOPとEDの評価が高かったですね。ただ全体的には、少々辛めの評価となっております。


それでは、評価して頂いたサイト様の中からコメントを抜粋して紹介させていただきます。


アオイオア様
http://aoior.blog57.fc2.com/


ストーリー
ストーリーはあまりありませんが、
三姉妹と仲間たちのほのぼの日常というテーマは貫徹したかと。
もう少し季節感や出番のバランスに気を使ってもらえばさらに良かったかな。

キャラクター性
どのキャラも魅力あり。かわいいですb
声もヒトミ以外はw

総合的な評価
1期の方が好きだが、おかわりよりは遥かに良作。
それなりの良品かな。



蒼碧白闇様
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/


ちょっと甘いかもしれないがキャラクター性に5点入れた。これまでのシリーズよりも脇のキャラを掘り下げるような感じになっていたが、結果これまで活躍が今ひとつだったキャラを生かせて1話ごとにバラエティにとんだ話にもなっていたと思う。保坂とか今までに比べると出番が少なくなってしまったのがいたがこれまで十分目立っていたし最後しっかりと持っていったしいいだろ。
あと絵は普通なので3点を入れたもののこの作品にはあれぐらいで調度良いと思う。うまさとか特殊な効果とかそういうのはいらないように思う。



徒然きーコラムヱボリューションターボタイプB様
http://keycafe.blog27.fc2.com/


良くも悪くも原作通り、悪く言えば角が立たない凡庸な作りになってました。
第一期はネ申作品と崇められ、おかわりは逆方向に虐げられ・・
そんな状況の中で異彩を放つエピソードを製作するには、ちとハードルが高すぎたのかもしれません。
・・まぁ原作自体も5巻以降は強烈なオチも無く、まったりとしたエピソードが多いんだけどね。

そんな中でも時折みられた作画の乱れは痛かった。
あれさえなければ多少なりとも評価は上がっただろうに・・
アスリードらしからぬミスではありました。

最終話に人気エピソードである「願い事とか」と「たまには」を持ってきたのは上手いと思いました。
原作ストックが貯まったらまた第四期を製作して頂きたいですね。



↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです


PART6へ続く・・・

0 Comments

Post a comment