(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第18話 「エンドレスエイト」

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]
涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]
クチコミを見る




これでエンドレスエイトが完結したら、心から「おめでとう」を言い拍手したい気分でございますよ。ここまで演じ続けてくれた声優さんにおるでとう、スタッフにおめでとう、そしてここまで見続けた視聴者におめでとう!・・・早くおめでとうが言いたいです・・・。



banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

今回は最初から、いつもと違う雰囲気を感じた

何だろう?と気になって注意深く見ていると、全体的にキャラクターのセリフがゆっくりめに話されているのだ。間の取り方も、いつもよりゆったりしていて、余裕が感じられる。

どうも最近はシーンの消化を急いでいたためか、声優さんの演技が早口気味だったので、このような演出は新鮮に感じられた。もちろん内容的はいつものエンドレスエイトだ・・・何も変わらない、そして結末も・・・。


以前は6回目で完結するという噂があったが、それは誤りだった。そして、現在は、8回完結説と8月中まで終わらない説がある。

正直、どれが真実か分からないし、ファンの間でもう消失はやらないだろうと完全なる諦めムードが漂っている今、そんな期待を込めた予測はもはやあまり意味を持たないのかもしれない・・・

しかし毎回このアニメの感想を書いていて思うのだが、これだけ長期間にわたって「一つの物語」に向き合わされた作品は他にないだろう。

まあ、何度も同じ話しを見ているのだから当然ではあるのだけど、もはや物語のみならず作品についても、これだけ語り尽くさねばならないという作業には苦痛も覚えるがしかし、どこか執筆意欲をくすぐられるものがあるのも事実なのだ


例えば2話や3話の段階ならば、以前との差異の比較や、内容についての言及(長門の心情分析とかハルヒのやり残しの考察)もあっただろうと思う。ところが、それ以降から極端に、作品に触れて感想を書くということが困難になってきている。

別に、そこで放り出してしまっても全然構わないと思う。それは逃げではないし、何の感想も喚起させてくれない作品の方にも、問題はあるのだから。

ただ、もはやここまできたのなら、感想書きの端くれとしては、作品とトコトン向き合った上で感想を記し、何を伝えていければいいと思っている。


仮に、作り手がこの作品を通じて何かに挑戦しているというのであれば、我々受け手側にとってもこれは挑戦だ

とてもキレイで、都合のいい書き方をすれば、そのように互いの目指した地平線の果てで何が見い出されるかは誰も分からない、しかしそこには、作り手と受け手が対等の立場で、共有出来るという何かがあるのではないか?という事。

まだ結論を急ぐ必要は無い、とりあえず、何を書くべきか?それが問題だ・・・


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://notane.blog54.fc2.com/tb.php/2593-be0c08fe

0 Comments

Post a comment