(アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第18話 「帰還」

ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]
クチコミを見る




アヴァロン城の要であった「生命の門」が破られ、帝国軍の侵入を許したリアンノンたちは、第二城壁で体勢を立て直していた。だが敵の勢いを止めることはできず、残すのは“王へと登りつめるための門”だけであった……。ガイウスも前線へと移動し、陥落直前のアヴァロン城。だがそこに希望を従えたアルサルが帰還。そして眠っているアロウンへ向けた言葉が響き渡る。「俺はお前の言葉に応えた、お前も俺に応えろ!」と。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

友のために駆けつけ、そして友もそれに応えた・・・そんな回。

しかし、アルサルがアヴァロン城へと戻り、アロウンが復活するシーンは今回の一番の盛り上がりどころだったと思うのですが、どうも視聴者を煽る高揚感に欠けていた気がします

それこそ、ガイウスに追い詰められ、アロウンの元で最後の篭城を決め込もうとしたモルガン達の覚悟というものを映し出した場面がその前にあり、そこへアルサルが城へと駆けつけるシーンは、彼女達の大きな希望となるにも関わらず、なぜか演出が弱く感じてしまったのですよね。

またガイウスも敵役としては、少々キャラが弱すぎるかなと思います。彼が何を目指しているのか?というものがとても曖昧になっている気がするのです

「自身が正しいと想うことを実行するため」に王座を目指すというのは分かるのだけど、ではその「正しいと想う事」とは何か?とか、ではなぜそういう想いに至ったのか?生い立ちも含めて、まるで掘り下げが行われていないため、彼の覚悟のほどが強く伝わってこないのです。

悪ならとことん悪として貫いてくれたほうが際立つし、覚悟を背負った上で残酷を通すというキャラクター性ならば、その人となりをもっと細かく描写していかないと、そこにドラマを演出する事は出来ないのではないでしょうか?


ところで今回明らかになった事ですが、アロウンが目指す「王道」というのは、アルサルを王の道へと導く事だったのですね。

そして今のアルサルなら、王の道を目指す資格があると・・・。アロウンには、これからもアルサルを甘やかさないで、正しき方向に導いて欲しいものですな。


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/4c17958463
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/tb.php/781-526d505a
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/6c1f7eabf8f1081744c6ee7655fcf502/fb
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/saga1986/51237182
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45829270
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/377351c8b5
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ffc6898629c23e6634260029b0369e39/93
http://refrain002.blog88.fc2.com/tb.php/1398-1fcdf476

0 Comments

Post a comment