(アニメ感想) 大正野球娘。 第6話 「球は広野を飛び回る」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
クチコミを見る




「実戦に勝る練習はありません」とアンナ先生に言われ、他校に練習試合を片っ端から申し込むものの、断られっぱなしの桜花会。

小梅は、野球をやる場所がなくて困っている小学生たちに、場所を提供する代わりに試合を申し込む。

ところが小学生にもぼろ負けしてしまい、問題山積み。



そこで乃枝が「川島流勝利の方程式」と称した善後策を披露する。

いろんな対策がある中で、晶子と小梅には「バッテリーは一心同体、真の夫婦の努力を」と言われ、

「新婚生活」を送るべく、晶子が鈴川家にやってくる。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

メンバーも揃い、いよいよ実践練習!しかし、対戦相手は小学生

この小学生相手に、最初は苦戦するもやがて・・・という展開は定番ながら、十分に楽しめる内容でございました。

それぞれのメンバーのプレイスタイルにキャラクター性というものが反映されているのも面白いし、守備や攻撃もてんでダメだけど、徐々に成長していく過程も良かった

何より、川島が頭脳プレイを授け、さらに理にかなった練習メニューを提示したことで、彼女達の目指す野球というものがはっきり見えたのがいい。

体力だけの荒削りな男子の野球に対抗する手段はこれしかないわけですからね

まあしかし、幾らバッテリーの阿吽の呼吸が重要だからと言って、「真の夫婦になれ!」はいささかやりすぎな気もしますけどね(苦笑)。しかも、同棲まで・・・両親公認の百合カップルなんてステキ!w


いや、そんな冗談はともかく、厨房での小梅と三郎の名コンビっぷりを目の当たりにし、相手を信頼することの大切さを学んだ晶子。

生まれもあってか、プライドが高く、我が道を突き進んできたであろう晶子にとって、相手と目線を同じくして行動を共にするという体験は皆無に等しかったのかもしれません

だが、小梅と三郎の関係の中に、その重要性を見い出し、小梅を全面的に信頼する事で、二人の絆はより強くなった・・・。

当然それはプレイにも反映され、桜花会のチーム力の底上げに繋がった。うん、見事だった


まだ小学生と対等以上に戦えただけなのですけどね。小さな喜びがそこにはありました。

積み上げ・・・そして少しずつ彼女達の成長が実感出来るからこそ、この物語は楽しいのでしょう。このままの調子で、是非今後とも我々に痛快さを味わわせて欲しい!


<緊急企画!!「涼宮ハルヒの憂鬱・エンドレスエイトとは何だったのか?」を8月7日(金)夜11時よりねとらじにて放送予定>

と言うわけでエンドレスエイトが無事完結いたしましたので、8月7日(金)夜11時より緊急企画!!「涼宮ハルヒの憂鬱・エンドレスエイトとは何だったのか?」と題しまして、生討論ラジオをねとらじにて放送する予定でございます。エンドレスエイトについて様々な角度から語りつくす予定。是非多くの方の参加をお待ちしております!!

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。


http://kurikintonnohibi.blog24.fc2.com/tb.php/357-89a91a14
http://breakfast759.blog72.fc2.com/tb.php/59-523ce586
http://mikkomiko1209.blog41.fc2.com/tb.php/314-8eaead1e
http://blogs.yahoo.co.jp/akiko_1986_kaori/trackback/540329/5103899
http://blogs.yahoo.co.jp/e110091c1999/trackback/315645/20340756

0 Comments

Post a comment