ピッコロの直前予想!! ~K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO~ 西島VSアーツ戦に何を見る?

K-1最強伝説1993-2000 VOL.1-グランプリ王者の奇蹟- [DVD]
K-1最強伝説1993-2000 VOL.1-グランプリ王者の奇蹟- [DVD]
クチコミを見る




「K-1 WORLD GP 2009 IN TOKYO -FINAL16 QUALIFYING GP-IN国立代々木競技場第二体育館」を直前に控えて、トーナメント、ワンマッチの試合を予想してみたいと思います。興味のある方は続き読むをどうぞ!





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

<重要なお知らせ>
近々、ポッドキャストラジオにて「格闘技チャンネル」の開設を予定しております。このラジオでは主にK-1やボクシングの大会の情報や感想について語る予定でございます。

そこで現在、私ピッコロと一緒にラジオに出演して下さる方を募集しております。興味のある方はコメント、もしくはメール、またはスカイプへお気軽にご連絡ください。

メールアドレス:koubow@hotmail.com
スカイプID:koubow


<K-1 世界最終予選GPトーナメント>

メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクスジム) VS ラマザン・ラマザノフ(ロシア/チーム・ミスター・パーフェクト)

私の予想・・・ラマザノフの1RKO

今大会の優勝候補であるマヌーフが第一試合に登場。日本での知名度は彼が一番なわけだが、実力的にはこのメンバーの中でナンバーワンか?と問われると疑問符がつく。元々評価の難しい選手だと思う。ヘビー級にしては背も低いし、体重も軽い。そして、ポール・スロウィンスキーを圧倒して勝っているが、前田にはコロッとKOで負けている・・・。ビックネームとの対戦はレイ・セフォーとレミー・ボンヤスキーぐらいか?ただ両方ともKOで負けている。

そもそも、マヌーフ意外の選手が日本の大会においてどれだけのパフォーマンスを見せてくれるかも未知数なのだ。K-1の大会で実力が拮抗しているという理由意外で、これだけ予想が難しいのもめずらしい。とりあえずこの試合は、ロシアの未知の強豪ラマザノフのKO勝ちを予想する。

190と背も高いし、体格では明らかにマヌーフが不利だ。しかも、ラマザノフは何気にキャリアも積んでいるようだし、何かをやらかす力は十分に秘めていると思う。ただ、スピードとテクニックに優れた選手らしいので、スピード勝負に出た場合は接近戦でマヌーフに打ち負ける可能性はある。距離の取り合いにまず勝てるか?そこがキーポイントとなるだろう。

ここはラマザノフがKOで勝つと予想。マヌーフは打たれ弱いから心配だ。


ダニエル・ギタ(ルーマニア) VS ジョン・ラブ(イギリス/タズジム)

私の予想・・・ダニエル・ギタの3RKO勝ち

ダニエル・ギタは前評判の高い選手。何試合か彼の試合を見たが、とにかく安定感があるという印象。ただ、風貌も戦い方も少々地味で、強いかもしれないがあり日本では人気の出ないタイプかもしれない。ジョン・ラブについては全く分からないが、ここは普通にダニエル・ギタがKOで勝つと予想。フィニィッシュはローキックかな?


セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ/キャプテン) VS セバスチャン・チオバヌ(ルーマニア/ローカルコンバットチーム)


私の予想・・・ラシェンコの1RKO勝ち

ラシェンコは可能性を感じさせる選手。非常にパワフルで攻撃的・・・ただやや荒削りな面もあるか。対するセバスチャン・チオバヌは、ヨーロッパ戦線で長いキャリアを誇る選手らしい。

ここは期待もこめてラシェンコのKO勝利を予想。パンチと蹴りでどちらでもKO出来る選手だと思う。


リコ・ヴァーホーベン(オランダ/チーム・リコ) VS ブリース・ギドン(フランス/メジロジム/Le Banner X tream Team)

私の予想・・・リコ・ヴァーホーベンの判定勝ち

リコ・ヴァーホーベンはアーツ2世の呼び声高い若きファイター。身長も高く素質も十分だが、まだ経験が足りないか・・・。対するブリース・ギドン選手は風貌も独特でかなり個性の強い選手。動画サイトで何試合か見たけど、特別凄さは感じなかった。

この試合はリコ・ヴァーホーベンが判定勝ちを収めると予想。ヴァーホーベンが緊張してガチガチにならなければいいけど・・・。


<K-1世界最終予選GP 準決勝戦>

ラマザン・ラマザノフ(ロシア/チーム・ミスター・パーフェクト) VS ダニエル・ギタ(ルーマニア)

私の予想・・・ダニエル・ギタの判定勝ち

この試合はダニエル・ギタが勝つと予想。判定勝ちかな。出来ればスッキリKOで勝ってくれると気持ちいい。


セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ/キャプテン) VS リコ・ヴァーホーベン(オランダ/チーム・リコ)

私の予想・・・ラシェンコの判定勝ち

この組み合わせになったら非常に興味深い。共にアグレッシブに攻めて是非会場を沸かせて欲しい。勝つだけを目標ではなく、観客の記憶に残る試合をして、それぞれの選手が最高に輝いて欲しい。そういう意味では求められるものは多いだろう。

だがその期待に応えてこそのプロなのだ。この試合の予想も難しいが、この大会はセルゲイ・ラシェンコが何かをやらかしそうな予感。激しい試合の末、判定でラシェンコの勝利を予想。


<スーパーファイト>

京太郎(日本/チーム・ドラゴン) VS ヤン・ソウクップ(チェコ共和国/極真会館)

私の予想・・・京太郎の判定勝ち

07年の極真世界大会準優勝の実績を引っさげてヤン・ソウクップが参戦。今大会から前田慶次から名前を改めた京太郎には絶対負けられない試合。ヘビー級のチャンピオンとなった京太郎は現在勢いに乗っているだろうから、負けることはそうそうないと思う。

問題は、ヤン・ソウクップがどれだけグローブマッチに順応しているか。ただ、経験とスピードを生かして注意深く戦えば、京太郎の勝ちは揺るがないと思う。予想は判定で京太郎の勝ち。


ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ) VS 西島洋介(日本/AK)

私の予想・・・アーツの1RKO勝ち

新天地での初戦で、西島にとってはあまりにも大き過ぎる相手と対峙することになった。あらゆる意味で不利な状況だが、もうここまできたら本番では伸び伸びと戦って欲しい。

自分の信じる武器を最大限に生かせば、アーツに一泡吹かせることは可能かもしれない。一方のアーツはあらゆる攻撃が武器となる。ロー、ミドル、ハイ、ストレート、膝・・・もうどの技でフィニッシュするかのイメージも出来上がっているかもしれない。

そしていつもどおりの試合の組み立てをしてくるだろう。ジャブ&ローを中心に、接近すれば膝。ストーレートも積極的に打っていくと思う。西島のスピードに戸惑わなければアーツの勝利は間違いない。

私の予想では1ラウンドローキックでKO負け。西島には、何ラウンド持つかという試合ではなく、勝つか負けるかという試合をして欲しい。


<K-1世界最終予選GP 決勝戦>


ダニエル・ギタ(ルーマニア) VS セルゲイ・ラシェンコ(ウクライナ/キャプテン

私の予想・・・ダニエル・ギタの2RKO勝ち

この二人が決勝に上がってくると予想した。ダニエル・ギタは派手さはないが、堅実なテクニックを持つ選手。セルゲイ・ラシェンコは攻撃的で会場を盛り上げる事の出来る選手。

タフな試合になることが予想されるが、最後に勝敗を分けるのはディフェンス技術差かなと思う。この二人に求められるものは、勝利だけではない。その自覚を持って戦い輝いてこそ、次代のエースの座を勝ち取ることが出来る。

さて、予想は難しいが、やはりここは安定度を考慮してダニエル・ギタかな。最後はKOではっきりと強さを示して欲しい。期待もこめて、ダニエル・ギタの2ラウンドKO勝ち。


<雑感>

こういうフレッシュなトーナメントが見たかった。若い選手達の台頭には是非期待したい。果たしてここから何人のスターが生まれるのだろうか?

西島VSアーツ戦は、西島には多少の思い入れがあるので、頑張ってもらいたいと思う。だがそんなセンチメンタリズムを粉々に破壊してしまうのが、このK-1という舞台。私はそれもK-1の面白さである事を理解している。

それでも、心打つような試合が見たい。西島にはそんな試合が出来るような気がする。本当に楽しみだ。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

0 Comments

Post a comment