(アニメ感想) 東京マグニチュード8.0 第8話 「まっしろな朝」

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray]
東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第1巻 [BD] [Blu-ray]
クチコミを見る




突如、意識を失い倒れる悠貴。トリアージされ病院へと運ばれるが、症状は芳しくない。すぐに手術をすることとなり、気が気でないまま、未来と真理はひたすら待つことに。だが、目覚めた未来の目の前には、元気な姿の悠貴が現れる。再び自宅をめざし、旅を始める三人だが…。



banner03



☆<8/26更新>オタク系ポッドキャストラジオ「ピッコロのらじお♪第26弾」をアップ!

先日放送開催した「朝までエヴァラジオ」の討論の模様を収録。さらにゆる~いトークでお届けする「OPトークコーナ」や、昔懐かしのゲームを紹介する「レトロゲームコーナー」等も充実!詳しい事は↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)ピッコロのらじお♪第26弾





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

前回、悠貴が倒れた時に、どうせこの作品の事だから死ぬことはないだろうと高をくくっておりました。

私はこの作品のテーマは最終的に「震災を通じて家族の絆を取り戻す」というところを描きたいのであって、だから最後には、未来と悠貴は必ず元気に両親と再会するだろうと考えていたためです。ところが・・・


さながら野戦病院のよう・・・。都市型の大震災ともなると、被害も相当なものとなりますから、病院に被災者が殺到するのは当然の現象と言えますね。

このように混乱した現場では、まともに医療も受けられないのではないか?と不安になってしまうのは当然です。

医者や看護婦の数も足りなければ、医療器具や薬品も不足するでしょう。それこそ、交通網が寸断されていれば最悪です

そんな状況の中で、倒れた弟を心配する未来の不安というものは非常に良く伝わってきましたね。

今回は、演出がいつも以上に工夫されていたと思います。無音の時間が多かったり、トーンも全体的暗く、どこか見るものを不安にさせる感じ・・・。二度の夢オチも、ちょっと意表を突かれた演出でした


さて、問題は二度の夢オチの後の、一連のシークエンスですな。悠貴が元気だった事を確認してホッとする場面なのですが、どうにもモヤがかかった感じでスッキリしません。

そして、未来がいなくなった事を激しく心配して真里さんが外に飛び出すシーン・・・あの場面の真里さんの不満に満ちた表情を見た時に、私の胸はざわつき始めます・・・まさか!

そして未来の姿を外で見つけ、しかし何とも複雑そうな顔をする真里さん・・・いかん!これはまずい!!なんでそんな可愛そうな子を見つめるような表情をするの?

再び自宅を目指し歩き出したその間も、真里さんの表情は変わりません。どこか、険しく重く・・・それはただ単に、自分の子供の事を心配してというだけではない何かがある・・・やはり・・・。

そして、未来に伝えた真里の一言によって、その決して拭えない不安要素がはっきりと確信に変わったのです。「ご両親には私が伝言ダイヤルでメッセージを残しておいたから」・・・ゆうきぃ~!!!


もうその後は、痛々しくて未来の姿を直視できませんでしたよ。きっと、悠貴の死が受け入れられずに、幻覚を生み出し、弟が生きていると思い込むことで心の平静を保とうとしているのですね。

未来が、真里に「ひなちゃんはきっと大丈夫」と話した時に、真里の目から涙が溢れた理由は何となく分かる気がします。

真里からすれば「この子は弟を亡くしているのにも関わらず必死のその悲しみに堪え、それどころか自分の事を心配してくれている。何と健気な・・・」そんな想いであったのでしょう


まさか、これまで夢オチということはないよね? 例えば死んではいないが意識不明の重体等になっているという可能性もなくはないかなとは思いますが・・・。

仮に死んでいたとして、ここから何を描くつもりなのだろうか?ちょっと分からなくなってきました。

ともかく衝撃的だった。そして、どこか重く、つらく・・・見るものをとても不安にさせるような回であったと思います。今は、次回が凄く見たい。この作品に対する見方も、今後変わることになりそうだ・・・


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ravenz_wing/837598
http://shota-nu.jugem.jp/trackback/28
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158360/46068766
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/1406d43296b22f5bcd3630024d022a9b/92
http://dodonga.blog84.fc2.com/tb.php/212-2efd4b77
http://yakkul.blog91.fc2.com/tb.php/8-f9821406
http://blogs.yahoo.co.jp/hfkqd345/trackback/488862/6317360
http://blogs.yahoo.co.jp/koniken22000/trackback/48047/471565

0 Comments

Post a comment