(アニメ感想) 化物語 第8話 「するがモンキー 其ノ參」

化物語 第二巻 / まよいマイマイ (完全生産限定版) [Blu-ray]
化物語 第二巻 / まよいマイマイ (完全生産限定版) [Blu-ray]
クチコミを見る




神原駿河の想いを聞いた阿良々木暦は、彼女に取り憑いた怪異を払う為、忍野メメのもとを訪ねる。

しかし、神原を助けたいという阿良々木に対して、忍野は残酷な事実を話し始める……。




☆<8/29更新>前回、化物語(第7話「するがモンキー 其ノ貮」)の感想をポッドキャストにて収録!

「百合なのに薔薇族ってどういうこと?」、「暦に接触を求めてきたのは間接SEXをするため?」、「忍野はどのような解決策を授けるのか?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい方は↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)化物語 第7話 感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

困った時の忍野頼み・・・といったところだけども、彼は都合がいいだけのドラえもんじゃない。

解決には、時に困難が伴うことを示し、そしてそれを実行するかどうかの選択は、暦自身に委ねる・・・、アドバイスはするが直接手は貸さない、そんな突き放すような厳しさが彼にはあるわけですね

さらに、忍野は暦が連れてきた女の子達の抱える自己欺瞞を指摘をするといった役割も持ちます。これは、彼女達の全てを受け入れてしまう暦には出来ない事で、その意味でも忍野の存在は重要でありますね。

そして今回、駿河の中にあった潜在的悪意をすぐに暴き出した忍野。なるほど、こうした駿河の心の作用については前回の記事で記しましたが、結局この物語の怪異と言うのは、人の強い願いというものをとても歪な形で顕在化してしまう存在なのでしょうね

だから、怪異とは「その人自身」いった捉え方も出来るのではないか?今回のエピソードで、駿河と悪魔の手が一体化してたのが、まさにそれを象徴していたように思います。


ところで、始まった当初から感じていた事ですが、主人公が様々な女の子と関わり、それぞれが抱える事情の問題解決をしていくという形式は、クラナドやKANONのようなエロゲ、ギャゲのそれを踏襲していると言えるのではないでしょうか?

ただ、私がいつもこれらの物語で不満に思うのは、そうした女の子達の中に重くのしかかっている問題と、ちゃんと向き合えるだけの心の許容量が果たして主人公側にあるのか?と言う事。

それこそ、安易な気持ちではとても関われない、切羽詰ったとても重たい事情というものを、いつだってヒロイン達は抱えているのです


この「化物語」という作品は、まさにそのような問題を突きつけている気がする。

私は一話の時からずっと、この作品の根底に漂うただならぬ雰囲気というものを感じ続けてきました。

暦が女の子達と向き合っている時は常に、鋭い鋭意な刃物を喉元に突きつけらられているような、どこか切迫した空気・・・。それこそ対処を一つでも間違えば、それは即「死」を意味するような、そんな緊張感なのです

今回の閉じられた密室での暦と駿河の対峙を見れば、一目瞭然でしょう。

彼女の内部に潜んでいたどす黒い感情、その全てを暦へとぶつけてくる駿河の勢いには凄まじいものがあった。絵柄と色合いで随分とごまかしていたが、あれは相当にグロい表現であったと思います。

しかし、暦はそれを全て受け止める覚悟はあったし、実際にそうした。なるほど、確かに彼は吸血鬼の能力で再生能力が半端じゃないから死ぬことはないだろうけど、例えノーマルの体であってもそうした行動を取っていただろう思います。それはひたぎも指摘していた通り

結局、暦はその身をもって、向き合う際の姿勢というものを示しました。それだけの意志で挑まないと彼女達は救えない・・・これは遊びではないのです。

まあ、そんな暦の覚悟を認めながらも「それが気に入らない」と言い放つところにひたぎの暦への愛というものが伺えるではないですか(苦笑)。


それにしても、最終的に問題解決にはひたぎの関わりというものが必要だったというのは予想通り。暦をかませ犬にして駿河とちゃっかりと縁を戻す辺りも実にひたぎらしかったですね(苦笑)・・・いやいや冗談。

しかし、下級生の女の子と同級生の男に二股かけるヒロインとは・・・なんて斬新なんだろう!


というわけで、駿河編はこれで一件落着。用は「げに恐ろしき人の業なり」といったところか・・・。

が、人の可能性を信じられる暦の働きかけが、何よりの救いであります。今後もひたぎさんのご機嫌を伺いながら、沢山の女の子を救ってくださいなw


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://crebirth3m.exblog.jp/tb/12227826
http://freeandunrestrained.blog99.fc2.com/tb.php/2201-00f35c14
http://netslam.blog.shinobi.jp/TrackBack/140/
http://shun2dornot2d.blog40.fc2.com/tb.php/18-4298f679
http://d.hatena.ne.jp/mizen/20090831/p1
http://mistymoon0002.blog47.fc2.com/tb.php/51-a55cd29a
http://blogs.yahoo.co.jp/k_ke2323/trackback/40070/499451
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/ceff1abea7

0 Comments

Post a comment