K-1ワールドGP開幕戦の対戦カードが決定! ☆緊急特集ラジオをアップ 開幕戦の対戦組合せを語る!!

K-1 WORLD GP 2007 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]
K-1 WORLD GP 2007 COMPLETE BOUTS ~激闘完全版~ [DVD]
クチコミを見る




9月1日、K-1ワールドGP2009開幕戦の対戦カードが発表されました。そこで緊急に格闘技系ポッドキャストラジオ「ピッコロの格闘技チャンネル!第2弾」をアップ!



ラジオのメンバーに集まって頂き、開幕戦のカードについて語り合っております。ラジオは下のリンクをクリックすると聞けます↓



(ポッドキャストラジオ)ピッコロの格闘技チャンネル!第2弾 ☆緊急企画 K-1ワールドGP2009開幕戦のカードについて語り合う



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑ラジオを聴いてくださった方は、こちらポチッと押して頂けると励みになります



<内容>

発表されました、K-1ワールドGP2009開幕戦の対戦カードについて熱く語り合っております。「注目のカードは?」、「出場選手の印象」、「実現して欲しかったカード」等



<メインパーソナリティ>

ピッコロ(このブログの管理人)

どらさん(格闘技好きのブロガーさん)


玉さん(今回から新たに加わったメンバー。格闘技がお好きで、ご自身でもネットラジオのDJをされてます)



<重要なお知らせ>

このラジオでは、私ピッコロやどらさん、玉一緒に、ラジオに出演して下さる方を募集しております。興味のある方はコメント、もしくはメール、またはスカイプへお気軽にご連絡ください



メールアドレス:koubow@hotmail.com

スカイプID:koubow



なお決定した開幕戦の対戦カードの紹介を読みたい方は、続きを読むをクリックしてください





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

K-1 WORLD GP開幕戦のカードがいよいよ発表されました。ここでは、対戦カードを簡単な解説も交えて紹介したいと思います。

<バダ・ハリ(08年度ベスト8) VS ザビット・サメドフ(欧州予選王者)>

バダ・ハリ選手は、昨年の大晦日以来日本での試合はありませんが、今年はIt's Showtimeで試合を2試合行っておりどちらも、1ラウンドでKO勝ちを収めています。特に、5月に行われました試合ではあのセーム・シュルトをKOで倒し、勢いに乗っていますね。

対するザビット・サメドフ選手は、K-1 WORLD GP 2009 IN LODSのトーナメントで優勝し自らの力で開幕戦出場の権利を得ました。この大会では、先日東京で行われましたFINAL16 QUALIFYING GP準優勝のセルゲイ・ラシェンコに決勝でKO勝ちを収めています。

この両者の激突は、スピーディーでアグレッシブな試合展開が見られそう。サメドフ選手はやや小柄ですが、テクニックには定評がありますので、シュルトを倒したバダ・ハリ選手と言えど油断は出来ないでしょう。若いこの二人の戦いには注目です。


<ルスラン・カラエフ(08年度ベスト8) VS 京太郎(ヘビー級王者)>

ルスラン・カラエフは、昨年のGP決勝大会以降試合をしていないので、少々心配な面はありますね。若手のバダ・ハリやジマーマン等が活躍する中、目立たない存在になっていますが、そのスピードと攻撃的なファイトスタイルはやはり魅力的です。

一方、京太郎選手は、第2代ヘピー級チャンピオンに輝き、また先日の東京の大会でも見事なKO勝ちを収めており、試合内容もいいですね。日本人選手がヘピー級戦線で生き残るための戦い方というものを実践し、そのスタイルを確立しつつあります。

この二人の対決も、スピード、テクニックがぶつかり合う若手同士の激しい試合となりそうですね。身長、体重的にも釣り合い、非常にいい対戦カードだと思います。カラエフ選手にはここで復活してもらいたいところですが、日本人である京太郎選手にも是非活躍してもらいたい・・・さて、どちらを応援しましょうかね。


<セーム・シュルト(スーパーヘビー級王者) VS ダニエル・ギタ(世界最終予選王者)>


ネットでうわさに上がっていたカード。セームシュルトに関してはもはや説明の必要はありませんね。ダニエル・ギタは最終予選で最高のパフォーマンスを見せましたが、やや地味な選手か・・・しかし、強い!

興味深いカードだとは思いますが、ギタ選手は、開幕戦初出場で、最大の敵に勝たねばならなくなりました。ギタのローキックが果たしてシュルトに通用するのか?注目したいところです。

一方のシュルトは、今年バダ・ハリに負けてはいますが、依然実力者であることは間違いないので、いかに王者らしい説得力のある戦い方をするかが問われるでしょう。この試合の結果が、今年のGPの動向を決定すると言っても過言ではありません。


<エヴェルトン・テイシェイラ(08年度ベスト8) VS シング“心”ジャディブ(アジア予選王者)>

エヴェルトン・テイシェイラは昨年惜しくも、エロール・ジマーマン選手に負けてしまいましたが、今年バンナ選手に勝利し着実に力をつけてきています。

シング“心”ジャディブはインドの選手。アジアGPで見事を優勝を遂げ、堂々の開幕戦参戦!実力的にはまだ未知数なので、この試合ではその真価を発揮したいところでしょう。

やや地味なマッチメークに思えますね。新人同士の対決という意味ではテーマ性はありますが、果たしてこの二人の戦いがかみ合うか・・・。シング選手はまだ成長途上にあると思うので、その意味では楽しみであります。両者、是非アグレッシブに攻めて欲しいですね。


<ピーター・アーツ(08年度ベスト8) VS アリスター・オーフレイム(主催者推薦)>

一般視聴者にもアピールできそうな対戦カード。オーフレイム選手は、何とファン投票で一位を獲得し、今回主催者推薦として登場いたします。テーマははっきり見えていますね。K-1の象徴と総合からの刺客。

しかし、こういった戦いで、ピーター・アーツが負けることはあまり考えられないのですよね。総合の選手にもパワー負けしないでしょうし、パンチにローキックに容赦なく叩き込んでいくでしょう。

オーフレイムは決して打たれ強い方ではないので、それに耐えられるかどうか・・・。ともかく、オーフレイムにしたら1ラウンドが勝負でしょうね。用は、飛び込んでパンチを叩き込めるか?それだけなのです。


<レミー・ボンヤスキー(08年度ワールドグランプリ王者) VS メルヴィン・マヌーフ(主催者推薦)>

この両者の対決は、昨年のK-1ですでに行われています。その時は、ボンヤスキーがマヌーフを圧倒しKOで勝利。マヌーフにしたら、身長差と体重差があり相性が非常に悪い相手の戦いとなりました。

いまいち新鮮味を感じないし、この開幕戦でこの試合をやる意図が良く分からないですね。個人的には、マヌーフはパンチ系の選手か、体重が同じぐらいのカラエフやサメドフと試合を組んだ方が盛り上がると思います。

派手な戦い方をする選手なので、ボンヤスキー相手には、マヌーフの良さは引き出せないでしょうね。まあ、ボンヤスキーはここでスッキリ勝って王者としての威厳を取り戻したいところでしょう。

さて、かみ合えばいいのですが・・・。


<エロール・ジマーマン(08年度ベスト8) VS グラウベ・フェイトーザ(主催者推薦)>

昨年以来の再戦。ジマーマンは今年少々負けが込んでいるので、ここで何とか奮起したいところ。グラウベは、昨年悔しい想いをし、今年は澤屋敷戦で復活の兆しも見えましたが、まだまだ本調子ではないと思います。

この戦いのテーマは復活でしょうか?おそらく、互いの意地がぶつかり合う熱い試合になるでしょう。ジマーマンにはここでKOで勝って貰い、世代交代を推し進めて欲しいところですが、グラウベもただではやられないはず。何気に楽しみなカードです。


<ジェロム・レ・バンナ(08年度ベスト8) VS 武蔵(主催者推薦)>

本来出場する予定だった、グーカン・サキが怪我による欠場のため、急遽武蔵が主催者推薦で出場することになりました。ファン投票では、カタリン・モロサヌが5位だったのですが、実績などを考慮し6位の武蔵選手が選ばれたそうです。

まあ、私は別に武蔵でも構いませんけど、この二人の対決にはいまいち燃えられません。K-1を支え続けた功労者であるバンナと武蔵の戦い・・・というテーマは理解するのですがね・・・。

個人的には、バンナとバダ・ハリの戦いが見たかった。この戦いの方が世代交代というテーマをより明確にし、K-1を見続けてきたファンにも十分に意味のある試合が出来ると思うのですよね。

とにかく、決まった以上は両者に頑張って頂きたい。武蔵は、以前のように勇敢に戦い、男の引き際というものを見せて欲しい!!

0 Comments

Post a comment