(アニメ感想) かなめも 第10話 「はじめての、気持ち」

かなめも キャラクターソング&サントラアルバム かなめろ
かなめも キャラクターソング&サントラアルバム かなめろ
クチコミを見る




ある朝、ゆめに呼ばれて台所に言ったかなは、ゆめの秘蔵の甘いものコレクションを披露された。そしてゆめは珍しく真面目な表情になると、かなに自分のことを覚えていてもらいたいと告げ、ロールスロイスに乗って去ってしまう。突然の出来事に混乱するかな。咲妃に事情を尋ねると、ゆめは実家に帰るのだという。このまま、ゆめは専売所からいなくなってしまうのか……!?






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

定番の勘違い展開はともかく・・・ここ最近は、かなの「何れ訪れるであろう別れ」に対しての不安というものを捉えて描写していますね。

以前の感想も書きましたが、風新新聞専売所という居場所を確保したかなが、そこでの居心地の良さに幸福感を覚えながらも、しかし幸せだからこそ、ここを離れる事に大きな不安を抱えてしまうのは、当然の心の動きと言えるのです。

何せ、彼女は一度居場所を失っているというトラウマがありますからね。

そこへいくと、マリモの件では、「自身の居場所は自らの力で築き上げなくてはならない」というメッセージが込められていたように私は感じました。それはつまり「やがて訪れるであろう自立の時」であるわけですね。

そう、楽しい夢にも何れ終わりがくる・・・。美しい火花を散らす線香花火も、やがて燃え尽きてしまうように、この楽しい生活にも終止符が訪れる時がくるという暗示。

でも、それは決して悲観すべき事ではなくて、この専売所で楽しい時間を共有する友人達と出逢ったように、また新たな環境での出会いと楽しい暮らしがきっと待っているはずなのです

そこに踏み出す勇気が出ないということは、かなもまだ子供だという証拠かな? 

でもそんな、いつかここを離れなくてならないという「巣立ち」への意識の芽生えも、今の不安から希望へと変わる時は必ずくるはず。

その時こそ、かなの真の成長が見られる事でしょうね。ああ、ちゃんとしたメッセージ性が込められていて、ホント油断ならないアニメだわ


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200909080007/4cb82/
http://cartoonworld.blog120.fc2.com/tb.php/1217-0e97df99
http://zouayu.blog.shinobi.jp/TrackBack/1060/
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6286-237f11d0
http://greensnake.blog70.fc2.com/tb.php/1101-cac5ea46
http://blog.so-net.ne.jp/untan/2009-09-08/trackback
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/9df0441bf0
http://blog.so-net.ne.jp/nao-chan/2009-09-09-1/trackback
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10328803515/efa822f5
http://jokken.blog20.fc2.com/tb.php/90-7b2cee22

0 Comments

Post a comment