(アニメ感想) Phantom~Requiem for the Phantom~ 第24話 「対峙」

Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-5【初回生産限定版~ツヴァイ篇】 [DVD]
Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-5【初回生産限定版~ツヴァイ篇】 [DVD]
クチコミを見る




美緒という切り札を握ったキャルは、

玲二との対決の場を指定するまで日本に留まれとプレッシャーをかける。

美緒を犠牲に逃げる事など選べるはずも無い…。

どうあっても対決はもう避けられないのか…。

キャルの要求に従い、表面上は今まで通りの生活を送る玲二。



自分にキャルが撃てるのだろうか…?

切迫した事態に比して、考える時間は余りにも少なかった…。

そんな折、江漣は留守電のメッセージだけを残し、玲二の前から姿を消した。

美緒を救い、そして玲二を守るためにキャルの居場所を探り、彼女を撃つ…。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

それにしても、日本編に突入してから冗長に感じてしまう事が多くなってきました。明らかに尺稼ぎ・・・まあ、こればかりは仕方ないのでしょうが、最近は大きな動きがないだけに、少しばかり退屈に感じてしまうのです。

さて、破滅型のキャル・・・もっとも本人自身もそれは自覚しており、だからこそ残された命の中で、玲二に何かを伝えておきたいという気持ちは強いのだと思います。

それは、本当に復讐なのか?・・・私には、子供が気持ちを分かってもらえないと駄々をこねているようにしか見えない

実際に、そんなものなのでしょう。もはや、キャルが玲二やアインを狙うのは、極々個人的な復讐のためなのですからね。

彼女は、すでに殺し屋の最高の称号「ファントム」を手にし、この世界でも十分に生きていけるようになったのだから、もう玲二に拘る必要はないのですが、やはり復讐より何より、あの時の苦しかった思いを理解して欲しいという気持ちが強いのかもしれません

その想いの全てを玲二なら受け止めてくれると期待してか・・・だから、キャルはまだ子供なのですよ。しかし、力を持っている・・・それ故の残酷性は、これまでも十分に示されていますね。


こうして、不条理な戦いの幕は切って落とされました。後は、サイスの人形達がこの舞台に何を仕掛けてくるのか?実に不気味だ。玲二やアインは果たして運命に抗うことが出来るのだろうか・・・。


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/3bd322c3b9
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/992f64cdfb52be8495bfa56cb7697a74/75
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/31347539
http://animax00.blog87.fc2.com/tb.php/665-233ee5ae
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533911/46199541
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ppp_kfc/51433655
http://boshoku.blog38.fc2.com/tb.php/217-1e1bf5bc
http://animetoanime.blog45.fc2.com/tb.php/63-4e3c3767

0 Comments

Post a comment