(アニメ感想) プリンセスラバー! 第11話 「騎馬隊と列車」

プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]
クチコミを見る




捕らわれの姫となったシャルロットを救出するため、大掛かりな作戦が決行される。しかし、そこに立ちはだかったのは・・・。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

ハルトマンが有馬を恨んでいた理由が、実に小者らしい全くもってくだらないものでした。

人が昔の恨みに執着する時、現在の境遇があまり幸せでない場合が多いわけですけども、ハルトマンはすでに有馬と対等に肩を並べるほどの人物になったわけですし、こんな事をする意味は、まるでないと思えるのですよね

それに、巻き込まれる形となった哲平とシャルロットは、気の毒の一言。

もっとも、捕らわれの身となったシャルロットの我が侭な態度を見ていると、彼女に限って言えば、「無知であるという罪」或いは、「無自覚な悪意」といった問題意識を持たせるイベントといった風に捉えられると思いますが・・・


しかし相変わらず、哲平君はモテモテです。シルヴィに関しては、哲平の想いに気づいてか自ら身を引いたと言う感じ。

聖華と優はまだ恋の戦いを続行中の姿勢ですが、哲平がシャルロットを救出してしまった際には、この二人の関係が一気に接近しそうな気配で、もはや負けも確定でしょうか?

私には、哲平君のどこがいいのかさっぱりです。従って、聖華の「カッコいいなチクショー!」セリフにも全く共感出来ないのでございますよ。ああ、これは私が男だからなのかもしれませんね(汗)


次回で最終回かな?まあ、哲平とハルトマンの対峙は、この作品的には意味を持つものとなるかもしれません。

哲平は、元々裕福な環境になかったわけで、そんな中でもささやかな幸せを見い出し、彼なりの人生を謳歌してきたのです。

かつてのハルトマンの境遇も、不幸なものであったのでしょうが、彼は最も大切にすべき誇りを踏みにじり、その事を有馬に指摘されると「自身の誇りを傷つけられた」と逆恨み・・・もうとっくに、そんなものは失っていたのに何と自分勝手な理屈なのでしょう。

その意味で、この両者はかつて似たような境遇にあったが、その後の生き方は正反対であり、そこには決定的な差があります。互いの主張する正しさを証明するには、きっとこの戦いに勝つしかない

主人公である、哲平は何をもって自身の正義を証明するのでしょうか? いつでも試されている・・・人生とはそんなものだったよ・・・はあ~、最終回には期待。


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shibachi1/51621134
http://orextama.blog114.fc2.com/tb.php/165-8c374f45
http://blogs.yahoo.co.jp/hidekazu618/trackback/620842/29596139

0 Comments

Post a comment