K-1 WORLD MAX 2009 FINAL 追加カードが発表!・武田幸三は引退試合で何を見せるべきなのか?

K-1 WOELD GP 2001 COMPLETE [DVD]
K-1 WOELD GP 2001 COMPLETE [DVD]
クチコミを見る




10月26日、日本武道館で行われます「K-1 WORLD MAX 2009 FINAL」のスーパーファイトの対戦カードが発表されました。それと同時に武田幸三がこの大会の試合をもって引退する事も発表され、これはなかなかに意味深い大会となりそうですね。





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです

それでは発表されたカードを紹介しましょう!


小比類巻太信vsドラゴ

いいカードだと思います。右足首靭帯損傷の怪我から復帰する小比類巻が、強豪ドラゴ相手にどう戦うのか?実に興味深いですね。そういえば、最近の小比類巻はこのぐらいのレベルの選手との対戦がありませんでした。二年前の、ヴァージル・カラコダ戦以来か?まあこの試合も負けましたけど・・・。

小比類巻は魔裟斗の引退試合にも名乗りを上げていますが、トーナメントに出場できないため実現はほぼ不可能でしょうね。そもそも、今の魔裟斗に見合うだけの戦績を残せてないですし、とにかくこの試合では彼のいい部分をアピールして欲しいものです。

一方の、ドラゴは最近が負けがこみ、しかも山本優弥にも敗れてしまいましたから、まさに絶対に負けられない試合・・・。いいですね~、何かを背負っている者同士の対決、互いに強い覚悟をもって試合に臨んでもらえたらと思います。


日菜太vsマイク・ザンビディス

おお、これまたいいカード。互いの長所がぶつかり合ういい試合になりそうですね。日菜太は前回の試合で敗れてしまいましたが、若いしまだまだこれから成長が望める選手でしょう。左ミドルで魅せる試合の出来る数少ない選手だと思います。

対するマイク・ザンビディスは、最近K-1での試合は負けが多いですね。MAXのレベルは、どんどん高くなっていてそれに追いつけていないという感じか?彼のスタイルは実に魅力的だし、フック系ファイターとして上位選手達を脅かして欲しいのですが、果たして・・・。

日菜太にとっては厳しい相手ですよね。ザンビディスはスピードが速いので、いかに相手を潜り込ませないかが鍵となるでしょう。左ミドルを蹴って蹴りまくって距離を取り、ザンビディスを失速させたいところですね。一方のザンビディスの戦法は極めてシンプルだと思います。

日菜太はK-1での経験も浅いですし、スピードとパンチ力に物言わせて強引にねじ伏せる戦い方でいいと思うのですよね。この二人の対決は実に楽しみ。


長島☆自演乙☆雄一郎vsシュー・イェン


シュー・イェンは中国の選手で散打使い。自演乙は、K-1での試合も少ないですし、自身の位置を把握する上でも重要な戦いとなりそうですね。前回の、クラウス戦は相手が悪すぎました。あの試合で、壊れてなきゃいいのですけどね・・・。

自演乙は魔裟斗ともスパーリングをしているとか。まあ、世界のトップの戦い方に触れることで色々と学ぶところも多かったでしょう。今後もこのぐらいのレベルの選手で経験を重ね大事に育ててもらいたいですね。

とりあえず、自演乙は勝つのはもちろんのこと、その勝ち方が問われる試合となるでしょう・・・でも散打の選手って変則だからな、お互いにかみ合わないまま試合が終わるって展開もありそう・・・。


渡辺一久vsチョン・ジェヒ

チョン・ジェヒは、山本“KID”徳郁をKOした韓国の選手。正直、実力の程は測りかねるけど、今は勢いに乗っているだろうから危険な相手ではあるでしょう。

渡辺選手は、前回彼の持ち味を生かしたKO勝ちで内容も良かった。本当にいいキャラクターを獲得したと思いますよ。これからも、キックボクサーのアンチテーゼとして暴れまわって欲しい。

60キロ級が盛り上がるかどうかは、渡辺と上松大輔がどれだけ説得力ある戦い方を見せるかにかかっているのですからね・・・。


武田幸三vsアルバート・クラウス

武田幸三の引退試合の相手を務めることになったのがアルバート・クラウス。2003年3月1日にK-1に参戦して以来、K-1ではあまりいい戦績を収めることは出来なかったですが、大きな存在感を放っていました。

それにしても、相手がアルバート・クラウスとは・・・。今残っている選手の中では、一番崩しにくい相手かなと思います。クラウスは意外とローにも打たれ強いし、体も頑丈、最近は穴も少なくなってきてますからね。

うーん、武田が勝つ方法が見当たらない・・・。まあ、この試合は武田にとって勝ち負け以上に大切な何かを見せるつもりなのだろうから、最後に全てを出し切って欲しいですね。


<雑感>

この大会のメインはもちろんトーナメント決勝なのですが、これまでキック界を盛り上げてくれた武田幸三の引退試合には、特別な思い入れをもって見るファンも多いのではないでしょうか?

K-1という華やかな舞台において、彼のスタイルはあまりにも不器用で異彩を放っていたと思います。魔裟斗は間違いなく、MAXを盛り上げた功労者であり、素晴らしい選手ですが、武田には彼とはまた違った男の色気というものを私は感じきました。

まあ、いつも期待をかけていても「コテン!」となんでもない攻撃に(のように見える)よってKO負けしてしまうのですけど、それでもまた応援したくなるのだから不思議です。ここが小比類巻選手との違いですかね?

武田幸三には、本気の覚悟というものが見て取れるし、実際彼のスタイルがそれを体現しております。自身の強さを大きな説得力をもって観客に伝えられる選手は一流と呼べるでしょう。

しかし自身の生き様をリングに刻み、それに共感を喚起させる選手がいてもいいのではないかな?と私は思っています。その意味でこの大会では、武田幸三がリング上で紡ぐ最後の物語を十分に堪能したいところ・・・。はあ~大会が待ち遠しい。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑記事を読んで面白かったという方は、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆こちらは、格闘技専門チャンネル「ピッコロの格闘技チャンネル」。K-1ワールドGP2009開幕戦の対戦カードについて熱く語り合っております。「注目のカードは?」、「出場選手の印象」、「実現して欲しかったカード」。聞きたい方は下のリンクをクリックして下さい↓

(ポッドキャストラジオ)ピッコロの格闘技チャンネル!第2弾 ☆緊急企画 K-1ワールドGP2009開幕戦のカードについて語り合う

0 Comments

Post a comment