(アニメ感想) 大正野球娘。 第11話 「そゞろに胸の打ち騒ぐ」

大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]
クチコミを見る




朝香中学との試合前日、小梅の両親は、野球の事を知ってしまう。近所の寺で素振りをしている小梅を見つけた父・洋一郎は、隠し事をし、嘘をついていたことを叱る。翌朝、小梅は洋一郎の反対を押し切って家を出る。試合前の練習を始める桜花会。開始時間が近づき、朝香中学の練習も始まるが、なぜか晶子が、姿を見せない。家に電話をすると、急な発熱で、休ませるとの事。不審に思った小梅は晶子の家に駆けつける。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

小梅達は成長著しいですな。もう、小学生の男の子達では敵わないレベルに達し、それぞれの身のこなしからもその上達っぷりははっきりと示されていましたね。

朝香中学との試合まで準備万端といったところか・・・しかし、その前に大きな障害が・・・。

まあ、小梅も晶子も親を説得して、試合までこぎつけたのではなく、強引に親の制止を振り払って、試合に出場したところに彼女達「女の反乱」というものが表されていたような気がします

小梅達が越えるべきハードルはあまりに多かった・・・それでも、ようやく朝香中学との試合までたどり着いたのですから、大したものですよね。


で、肝心の試合はというと、川島の作戦もうまくはまり、さらには晶子の制球力と魔球の前に相手打者も沈黙し、小梅達は実にいい調子でございました。

ただ、敵チームが晶子の投球術を見破った、ここからが本当の勝負でしょうね

丁度、打者も一巡しましたし、朝香中がこれで本気になってくれたら盛り上がりそうだ。

小梅達の成長もちゃんと実感でき、そこにはこれまでの練習が充実したものだった事が窺えます。

なんだか、我々も小梅達と一体となって、試合そのものを楽しめる感覚がこの作品にはありますね。きっと、それだけキャラクターの魅力が引き出さられ、彼女達の想いに乗っかる事が出来るからなんだろうけど

勝敗はともかく、この試合が小梅達にとって意味のあるものとなってくれれば良いですな。次回は最終回・・・今期お気に入りの一本だっただけに寂しい・・・。


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6318-85fd50e6

0 Comments

Post a comment