(アニメ感想) プリンセスラバー! 第12話(最終回) 「プリンセスラバー!」

プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
クチコミを見る




シャルロットの救出に向かった哲平だったが、行く手を阻むハルトマンに撃たれてしまった。辺りに響くシャルロットの悲鳴・・・哲平の運命やいかに!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

男の戦い!!・・・ただ、前回の感想でも書きましたが、私はどうしても、ハルトマンが有馬を憎むことになった動機がちょっと薄いところに、納得が出来ないのですよね

確かに彼は昔、過ちを犯し有馬に恥をかかされました。でも、今は少なくとも有馬と対等の仕事が出来るほどまでの地位には上り詰めたわけです。金も名誉も手に入れたはずのハルトマンが、どうして有馬を今も恨んでいるのか?私には良く分からないのです。

もしかしすると、有馬と一緒に仕事をするようになって彼との器の差にコンプレックスを感じたのかもしれない。

あるいは、プライドが高く、ひどく歪んでいたから、いつまでも昔の事を根に持っていたのかもしれない・・・結局、その辺りははっきりと作中で明示されてないから、彼の心情が理解しにくいのですよね・・・。


ただ、「両親を殺したのは私だ」と衝撃の事実を伝えたハルトマンに対して、「お前の全てを許す!」と哲平が言い放ったシーンには、心が激しく震えた

あのシーンは、別の作品の主人公ならば有無を言わさずハルトマンをぶった切っていたでしょう。

「許す!」のセリフは、他ならぬ哲平が発した言葉だからこそ説得力があった。家族を失い、絶望の中にあっても両親の愛を常に心に想い、決して歪まず真っ直ぐに生きようとした・・・そんな哲平とハルトマンはどこか似ている部分があると思う(かつての境遇が)。

だからこそ哲平が全てを許す事で、自らのの信念を証明し、さらにはハルトマンの進むべき道を示したあの場面には、凄みを感じたのでございますよ


というわけで、この作品も最終回。全体を振り返っていくと、結局何がしたかったのかさっぱりですが(苦笑)、哲平が最後に彼にしか出来ない何を示してくれた事には、痛快さもありこれまでの不満も全て吹っ飛ぶぐらいの勢いはありました。

とにかく、最初から最後まで「若さのパワー」というものを感じさせてくれる作品で、その点でも他のPCゲーム原作のアニメとは一線を画するところであったかもしれません。作り手のエネルギーがダイレクトに伝わってくる作品はいいものですね


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/0c6f5c2a64
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/46266636
http://blog.so-net.ne.jp/compeitoh/2009-09-21/trackback

0 Comments

Post a comment