(アニメ感想) 狼と香辛料II 第12話 「狼ととめどなき涙」

狼と香辛料II【3】 [Blu-ray]
狼と香辛料II【3】 [Blu-ray]
クチコミを見る




暴動で混乱に陥ったレノスの町の裏側で、商人同士の商戦も勃発していた。それを勝ち抜くべく奔走するエーブとロレンス。しかし、商人の誉れである莫大な利益を目前にして、ロレンスの胸には一抹の不安と迷いがあった。傍らのホロはそれに感づくのだが…。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

やはり、エーブは岩塩の密輸を行っていたか・・・。当然取引先は教会。彼らの羽振りが良かったのは、この岩塩を密かに売り儲けていたからに違いないが、そこはエーブにも十分なうまみがあったわけです

そしてさらに欲深い教会に、エーブは街の毛皮の買占めを提案した。ところが、教会はこの大もうけのチャンスに強力なパトロンを得ると、エーブを切り捨てたわけです。

この時点で教会の秘密を知るエーブは、本来なら殺されてもおかしくない状況だった。しかし、まだエーブに利用価値があると見た教会はあえて殺さなかったのです

これでエーブも手を引けばよかったのだけど、もはや金の亡者と化した彼女は止まらず、この状況を利用し、金儲けを企んだわけです・・・ロレンスを騙して・・・。


それでもエーブも鬼畜ではなかったようで、宿屋の権利の権利書だけは置いていったようですね。このおかげで、ホロは売られずに済み、ロレンス自身も損はしなかったというわけ。

それにしても、あの時のエーブならロレンスも殺せたのでしょうが、そうせずに権利書を残したのは一体どのような理由からなのだろうか?

かつての自分と同じような境遇にあるホロへの同情なのか?・・・うーん、あのシーンだけで何かを読み取るのはなかなかに難しいですね。

ロレンス事態を気に入っていたというのもあるかもしれません。また、ロレンスが一のし上がろうとしている姿は、今の自分の姿とも被るところはあるだろうし、激しく憎んでいた自分の夫とは違う何かを感じさせてくれる、と言うところにも惹かれたのかもしれない。


人を利用し、多くのものを犠牲にし、さらに自らの身も危険に晒してまでエーブは一体何を手に入れようとしているのか?・・・そこに何があるのだろうか? 彼女はロレンスに言いました「期待だ」と。

夫の愚挙とその破滅を目の当たりにしても、まだそこには何かがあるのかもしれないという期待・・・

その「何か」とは彼女が例え多くの金を積んでも到底手に入らないものであるだろうから、それは「幸福」という言葉に置き換えられるかな。

その得難いもののために、なんと破滅的な道を辿ろうとしているのだろうか・・・何かエーブが哀れに思えてきた・・・


さて、今回で最終回・・・。まあ、ロレンスとホロがよりを戻し、もう一度旅を続ける決意をしたところは良かったのだけど、どうもその後のフォローが薄くて中途半端な感は否めないのですよね。これが原作通りなら仕方がないわけですが・・・。

しかし、ホロとロレンスの二人が教会の鐘が鳴り響く中、船へと向かって歩き出すシーンは、とても印象的で良かった。

二人の向かう先が光に満ちており、鐘の音も二人の旅立ちを祝福しているようで、大きな希望を感じさせるラストのカットでした

三期はあるかな?是非見たい!・・・個人的にはエーブのその後も気になる。極悪な女だが、しかし彼女にも幸せになる権利はあるはずだと私は思うのです。きっと三期にも彼女が登場すると信じて・・・。


<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://khjs.blog45.fc2.com/tb.php/115-0f6800d8
http://yksound.blog62.fc2.com/tb.php/52-9cb6108f
http://animax00.blog87.fc2.com/tb.php/683-2db4a883
http://samurailogic.blog98.fc2.com/tb.php/681-4501fa72
http://jokken.blog20.fc2.com/tb.php/108-1c541027
http://blogs.yahoo.co.jp/maturika8787/trackback/494133/7617477

0 Comments

Post a comment