(アニメ感想) ティアーズ・トゥ・ティアラ 第26話 「力の言葉」

ティアーズ・トゥ・ティアラ【5】 [Blu-ray]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【5】 [Blu-ray]
クチコミを見る




レクトールを追い詰めたアルサルたち。だがそのとき、轟音と共に地中から巨大なモンスターが出現する。それは神の戦車と呼ばれた絶対殲滅兵器であり、先の大戦で多くの都市を焼き払い、そしてアロウンの命を奪ったメルカディスであった。レクトールは自らの身を与えることで、メルカディスのパワーを増大。その強大な力の前に、アルサルたちは逃げ惑うしかなかった。だがアロウンとアルサルは、希望の炎を絶やさぬため最後の力を振り絞る。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

最近は、なかなか忙しくて感想が書けなかったのだけど、視聴は継続しておりました。今回、最終回を迎えたので久しぶりに感想を書いてみたいと思います。

ともかく、2クールの間ストーリーを消化することで精一杯という感じでしたね。原作ファンの話しを聞いているとかなり端折っている部分も多かったと聞きますし、それでは受け手側に何かを喚起させるというところも薄くなってしまうだろうなと思うのですよ

この作品において、キャラクターが発する言葉は大きな意味を持つのですが、その意味を探る上でのバックボーンかあまりにも省略され過ぎているように映るのです。

その度に、私は疑問を呈してきたのですけど、後で決まって原作ファンがその辺りを補完して下さりました。

そこには、「なるほど」と納得出来させられる部分も多く、結局のところ描写不足の一言に尽きるのですよね。アニメの視聴のみでも、明らかに欠けているであろう箇所が分かる・・・これは問題だと思いました


そういう意味では、我々アニメのみの視聴者以上に、原作ファンは納得出来なかったのではないでしょうか?

これだけ端折らざるを得なかったのも基本的なストーリーの流れは、変えたくなかったという制作側の意図があったと私は考えています。

原作付きのアニメ化においては、とにかく原作ファンには気を遣って大幅な改編をしない傾向にありますね。特にそれが顕著なのが京アニですが、私は変に原作ファンを意識して中途半端な出来になるのなら、思い切った改変もアリだとは思います

この作品も、2クールで全てを描こうとするなら、明らかにおざなりになってしまうであろう部分は、十分に予測できたことでしょう。

例えば、物語の大筋を変えないにしても、登場キャラやエピソードを削る事で、その分一人の人間の掘り下げも濃厚に出来るのではないかな?と思うのです。

そうすることで、大筋のドラマとキャラクター個々が抱えるドラマとの関係性もより際立ち、あの結末にもさらなる感動が呼び起こされたのではないでしょうか?


さらに言えば、民衆の描写ももっと欲しかった気はします。アルサル達が誰のために戦うのかと言えば、当然それは民のためであり、「彼らが何を思い、生きているか」という視点がそこに介在していないと言うのはあまり感心できません。

世界とは、人が形造っていくものです。人(民衆)を描かずして世界は描けません。この作品は、大きな戦いの物語なのですからそこは軽視して欲しくなかったなというのが本音であります。


不満もそれなりにありましたが、アロウンとアルサルの友情や、アロウンの過去(彼が味わった絶望と希望)等、引き込まれる要素は多分にあり、それが物語の帰結に全て結びついていたところは良かったと思います

うたわれものとは、また少し違う趣があって、ファンタジー作品が好きな私としては、色々な意味で楽しめました。最近はこういうファンタジーものは少ないのだけど、是非今後も登場してくれるといいなあ~。

<毎週水曜日夜11時より、オタク系アニメラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送中~!>

「ピッコロのらじお♪」は一週間のアニメを徹底レビュー!!現在は7月よりスタートしました新作アニメについて、アニメブロガーが集まり、熱く語り合っております。掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみものがたり、うみねこのなく頃に、東京マグニチュード8.0、青い花、大正野球娘、化物語、CANAAN(カナン)、【懺・】さよなら絶望先生、Phantom ~Requiem for the Phantom~、かなめも、プリンセスラバー!、ハヤテのごとく!!、戦場のヴァルキュリア、ティアーズ・トゥ・ティア、咲 -Saki-など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194245/31617175
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10355027213/87d8fac7
http://d.hatena.ne.jp/takamiism/20090930/p1

0 Comments

Post a comment