K-1 WORLD GP 2009 決勝の対戦カードが決定! バダ・ハリがリベンジすべき真の敵とは?

K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ?激闘完全版? [DVD]
K-1 WORLD GP 2008 COMPLETE BOUTS ?激闘完全版? [DVD]
クチコミを見る




12月5日、横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2009 -FINAL-」の組み合わせ抽選会が9月27日に行われ、決勝ラウンドの対戦カードが決定した。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

対戦カードは以下のようになっている↓

<トーナメト準々決勝1>
バダ・ハリvsルスラン・カラエフ

<トーナメント準々決勝2>
アリスター・オーフレイムvsエヴェルトン・テイシェイラ

<トーナメント準々決勝3>
ジェロム・レバンナvsセーム・シュルト

<トーナメント準々決勝>
エロール・ジマーマンvsレミーボンヤキー


まず、「バダ・ハリvsルスラン・カラエフ」のカード。バダ・ハリが自らルスランを選んだことによって実現したカード。新世代を担う二人の三度目の対戦という事になりましたね。

今のハリは誰も手がつけられない強さですが、かつてはそんなバダ・ハリのライバルとして大きな活躍が期待されていたのがカラエフ。しかし、その後のカラエフが伸び悩んでいたのは皆さんもご存知の通り。

大会、そして今後のK-1を盛り上げる意味でも、カラエフにはかつての勢いを取り戻してもらい、是非バダ・ハリと激しい試合をして欲しいところ。準々決勝では一番の注目カードになるだろう。


次に、アリスター・オーフレイムvsエヴェルトン・テイシェイラ。アリスター・オーフレイムが今年のGPの台風の目となることは間違いないでしょう。まさかあのアーツをボコボコにしてしまうとは・・・この男の強さは底が知れません。

ある意味、ボブ・サップが襲来した時以上のピンチかもしれまんねK-1は・・・。ただ、フィリオしかり、ボブ・サップしかり・・・常にK-1はこうした外敵を攻略してきましたからね。果たしてアリスターを倒すのは誰なのか?

まあK-1的には、アリスターが勝ち上がって、準決勝でバタ・ハリと戦うというのが一番盛り上がるのでしょうね。しかし、テイシェイラはまだまだ成長途上にあるから、正直試合の予想はつきにくいですね。


次の試合は、ジェロム・レバンナvsセーム・シュルト。せっかく武蔵に勝って決勝大会まで駒を進めたのに一回戦の相手がセーム・シュルトとは・・・バンナも運がないですね。

この試合は4度目の対戦となりますが、正直もうお腹一杯ですね。バンナには悪いですけどシュルトに勝つイメージというものが全く沸きません。一方、シュルトは何度も勝っているだけあって十分な自信は持っているでしょう。

うーん、チャクリキでバンナがどう生まれ変わるのか?が鍵か・・・。


そして最後の試合は、エロール・ジマーマンvsレミーボンヤキー。いいカードだと思います。ジマーマンはイケイケだし、ガードの固いボンヤスキーにも勇敢に挑んでいくでしょうね。

一方のボンヤスキーは、昨年王者になったにも関わらず、今年はあまり目立つような活躍をしなかったので、優勝するにしてもはっきりとした強さ見せ付けたいところでしょう。

アリスター・オーフレイムvsエヴェルトン・テイシェイラと同じく、新鮮な組み合わせで何気に楽しみ。ジマーマンには若さのパワーでガンガンいって欲しい。



というわけで、今はとにかく12月の決勝大会が楽しみですわ。この大会は、バダ・ハリのためにあるようなイベントだけど、そのハリを誰が止めるのか?という意味でも興味がそそられる。

かつては、ストップ・ザ・シュルトだったが、今やストップ・ザ・バダ・ハリ・・・と言ってもシュルトにしたら捲土重来!てぐすねを引いて復讐の機会を狙っているでしょうけどね。

バダ・ハリにも復讐すべき相手はいます。ボンヤスキー?・・・いや、その前に彼がリベンジすべき相手とは、決勝戦で反則行為という前代未聞の愚行を犯した男・・・そうかつての自分であるのです。弱い自身と対峙し、それを乗り越えた時にこそ、トーナメント制覇という夢が叶うのかもしれません。

それにしても、若手がいい具合に、それぞれのブロックに分散しており、テーマ性の見えるトーナメントになったと思います。本番までまだ期間はありますので、当ブログではその間にトーナメント予想やかつての名勝負を振り返るなど、多くの企画を開催しK-1を盛り上げていく予定です。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑記事を読んでくださった方は、こちらポチッと押して頂けると励みになります

0 Comments

Post a comment