(アニメ感想) 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第5話 「A Caterpillar」

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲(3)




初回の放送は新年一発目の新作アニメってことで結構感想系のブログでも、感想を書いていらっしゃる方が多かったのですがそれも、ここ最近は結構減ってきた感があります。キャラは個性があってなかなか面白いのですが、やはりストーリーが・・・というところでしょうか?まあ、これからもストーリーには期待出来そうもないので、私はひたすらキャラ萌えに徹したいと思います(笑)。突然に降ってきた雨の中、有人は一人の少女に出会います。少女の名きデリーラ、彼女は有人のことをタキオンと呼び「とびっきりのお話しを聞かせて」とせがみます。それからというもの、デリーラの家に入り浸るようになった有人。彼女は有人の作った物語に一喜一憂し、有人もまたデリーラのその様子に喜びを感じるのでした。しかし、彼女の家に通うようになった有人の体に異変が・・・。

なんだ?風邪のつもりか?ごほごほごほって・・・いやきらはの事なんですけどね。病気のデリーラに会いに行くと有人が言ったら「お兄ちゃんに会えなくて寂しい病ですぅ」と言って咳き込む。なんかカワイイ(*^(^* )。しかし、マホ子を思い出したのは私だけでしょうか?「マホっゴホッマホッ」(笑)。しかも、キリカ見た時のオーバーリアクション&ウルトラマンポーズは何アレ?この子ってもしかしてキサ以上に面白い子なのでは・・・。

有人が別の次元に引き込まれ、生命エネルギーを著しく消耗している彼は何れあの世界の住人になってしまうと、きらはとありすに告げるキリカ。有人を助けるべくありす、きらは、キリカは協力してある作戦を実行するのでした・・・。

なんですか?あの有人のやつれ方は?もう立派な死人です。顔変わりすぎて思わず吹いてしまいました。マジで怖いですわ。ところで、きらは達の変身シーンよく見るとありすは変身すると胸がおっきくなる仕様みたいですが、きらはは特に変わらないんですね。まあ、キリカは逆に小さくなってしまうし人によって違うのでしょうね。

デリーラの想い人って今更ながら気づいたけど、あの青い髪のあんちくしょうだったのですね。捨てられて可愛そうなのは分かりますが、ただの幽霊である彼女がなぜあんなに強いのか?しかも、ムチまで・・・両刀使いだし。アレ?もしかしてアリス能力者だったのかな?ラストはちょっと感動的に、まあ王道ですかね。今回はなんか静かだなあと思ってたらキサちゃんが登場しなかったからですね。やっばりあの子の小百合暴走がないと物足りないです。そして、最後のタキオンとリデル、エロエロでしたね。妙に無駄なパンチラとか多いなあと思ってたら、よく考えたら「これなんてエロゲー?」アニメでしたね(笑)。

alice06020100

0 Comments

Post a comment