(アニメ感想) DARKER THAN BLACK-流星の双子(ジェミニ)- 第1話 「黒猫は星の夢を見ない・・・」

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- (5) [DVD]
DARKER THAN BLACK -黒の契約者- (5) [DVD]
クチコミを見る




突如東京に出現した不可侵領域。時を同じくして世界中で確認されるようになった契約者と呼ばれる特殊能力を持つ者たち。



ゲートの秘密と契約者の未来を巡る戦いの果てに起きた未知の災厄は、人類に何をもたらしたのか?



そして2年後・・・。




banner03

*一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示板も設置、リアルタイムで是非DJに突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



放送前から落ち着かず、ずっとソワソワしていた・・・。何せ、この作品は私が今期で一番期待している作品でありましたから。期待半分、不安半分そんな複雑な心境だったのですよ。

しかし、一期の放送からはすでに二年経つのですか・・・正直言って設定やキャラクターもほとんど忘れております。

ですので、感想ではたまにいい加減な事を記述したりする事もあるかもしれませんが、そこはどうか温かい目で見守っていただければなと思うのですよ。


<今回のDTBは学園編?>

今回はロシアが舞台。いや、放送前は学園ものになるのではないか?なんて噂がありましたが・・・確かに序盤はさながら学園ラブコメディのノリでございましたよ~(苦笑)。

これには、あれ?いつものDTBの雰囲気と違う!と戸惑ってしまった人も多いはず。だけど、安心して下さい・・・途中から実にDTBらしい展開になっていきますので

さて、主人公は、蘇芳。とても活発な女の子。ロシア人科学者と日本人の母親の間に生まれたとの事。ちなみに彼女には、双子の弟・シオンがいて、彼は空から落ちてきた流星核の影響で契約者となりました。

契約者となるきっかけは、作中でも言及があったように、何の兆候もなく突然目覚めるといった感じのようですね。

今回登場した蘇芳の友人のターニャがそうでした。突如、性格が急変し、そして騒ぎを起こすため国家機関に収容されてしまう。そして日常が破壊されるのです、本人と、周囲にとっての・・・。


<契約者の対価について・対価を支払わないとどうなる?>

契約者は、常人では決して持ち得ない特別な能力を宿します。その代わりに、対価を支払わなければならない・・・。能力もそれぞれならば対価も色々。ターニャの場合は、髪の毛をちぎるのがそれでしたね。

そして対価は本人にとって、必ず苦痛となるものだけではなく、「酒を飲むのが対価」であるエイプリルのように、むしろそれがご褒美となる場合もあり、その点においても興味深いところです

前期では確か「対価とはそうせずにはいられないもの」という言及がありましたが、これに関してはまだ考察の余地もありそう。

また、対価を支払わなければ溶けてなくなるという迷信があったはずですが、これは実際にそうなのかは不明だったと言う記憶にあります。一期では溶けて死んだ契約者なんていましたっけ?ちょっと記憶が曖昧です・・・。

ところで、シオンの対価は車椅子生活と公式にはあります。今回、作中で「もう対価を支払った」と彼は話し、二本足で立っていました。

つまり、対価とは必ずしも能力を行使した後に支払わなくてはならないものではなく、このように先に対価を支払う(その後は能力使い放題?)事で能力を行使できる契約者もいるということなのでしょうね


<急展開!そしてエイプリルの活躍>

蘇芳の家がロシア連邦保安局のガサ入れにあった。父親が契約者であるシオンを匿っていた事がバレたのだろうと思います。

しかし、シオンの方はすでに危険を察知していたようで、一足先に身を隠すと、危険が身に迫っている蘇芳を安全に逃がすため、テレパシーのようなもので的確な指示を出していました

こうして、蘇芳はエイプリルと共に脱出を図ったのですが、途中FSBのエージェントであるゴランに追いつかれてしまったのです。

ここで、エイプリルとゴランの対決。エイプリルの能力は局所的に雨を降らせるというもの。一方のゴランは高速移動か・・・。

能力者同士の戦いは、それぞれの保有する能力があまりにも特殊である場合が多いため、強さというより相性の方がかなり影響するのではないでしょうか?

その意味で、高速で移動するゴランはエイプリルにとって苦手なタイプか!?と思われたのですが・・・そこは、頭脳でカバーといったところか・・・。

あまりの高速で移動するゴランには、雨粒ですら凶器となる。その雨粒は彼の体を貫通し・・・いや、ともかくこの戦いはエイプリルに軍配が上がりました。

しかし、ゴランの高速移動は一見有利な能力に見えて、実は状況や環境に左右され、時にはかなり不利になるのかもしれない。それこそ、今回のような環境だと、高速移動中に舞い散る落ち葉に触れただけでも大変なことになるのではないか? 意外に不自由な能力でしたね・・・


<ついに黒が登場!!そして初回の出来はどうだったのか?>

ゴランを倒したエイプリルの前に、突如現れた仮面の男・・・それは、黒だったあ~!!!

まあ、予想通り黒の登場での引きとなりましたね。しかし、随分とキャラが変わってないですかい?

相変わらず流星核を探しているようで・・・一体この二年の間に何があったのか?非常に気になるところです。

これは今後明かされる情報を待つとして・・・しかし、驚いたのはいきなり、エイプリルさんもお亡くなりになってしまったこと。

この作品は、一期の時から容赦なく人が死んでいきましたけど、そのテイストはどうやら二期でも受け継がれているようですね。

序盤は、本当にこんな軽いノリで大丈夫かと心配したけど、時間が経過するうちにいつしかシリアスな展開となっており、最後は完全にDTBテイストに染まっておりました


しかし、初回にしては実に濃密で盛りだくさんの内容だったと思います。

主人公の穏やかな日常が、突如崩壊していく・・・そのブロセスの中で、契約者やゲート、各国の特殊機関等の気になるキーワードが散りばめられ、やがて物語は加速度的な盛り上がりを見せ、最後の黒の登場によって我々の興奮もマックスを迎えることになったのですよね

導入部分の?拙みとしては申し分なかったし、物語への吸引力凄まじくて、何も考えられないぐらい見入ってしまった。見る前は多少の不安もあったけど、現段階ではそんな不安もすっかり吹っ飛んでしまいましたよ。

さて、今後については、前期を見た多くの人の関心事は、今期で前期の伏線が回収され、ちゃんと完結するのか?というところにあると思います。

1クールのみの放送というのは気になりますけど、逆に言えばこれは1クールで十分消化できる物語だと言えるのかもしれない

前期の続編としてOVAの噂もあったが、結果的に前期の補完的意味合いも含めて、全ての物語を完結させるには1クールは必要だと制作側は判断したのではないだろうか?

2クールあると、逆に間延びしてしまったり、或いは変に物語を膨らませ過ぎておかしな事になる可能性もある。

まあ、1クールという放送期間は今は、肯定的に捉えたいところです。うん、期待しただけのことはあった。いやあ~、今期はこの作品があるだけで充実したアニメライフが送れそうだ・・・。


<10月14日水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では引き続き秋の新作を徹底レビュー!!>

10月14日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」はいよいよ放送が開始されました新作アニメを徹底レビュー!!アニメブロガーが集まり、熱く語り合っていく予定ですので、お楽しみに!掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://yksound.blog62.fc2.com/tb.php/58-ee013e92
http://snowdromp.blog41.fc2.com/tb.php/303-99b97120
http://area510.blog39.fc2.com/tb.php/993-ed0285b0
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/267322ad036b78a796625caa9df0ad9d/89
http://freeland1.blog111.fc2.com/tb.php/507-0deae302
http://chibax.blog99.fc2.com/tb.php/74-ad3e5f6e
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kawa_hal/52041933

0 Comments

Post a comment