(アニメ感想) かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第4話 「少女三角形」

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2)




もうアカン!とまりに萌え死にしそうです(笑)。いや、ホント前回のラストではずむとやす菜が仲良くしているのを見て、何ともいえない表情をしていた彼女。本当は繊細の女の子だと我々に認識させるには十分な演出だったと思います。正直、どうもやす菜は好きになれないので、とまりを応援してしまうのですがさあ二人の恋の行方はどうなるのでしょうか?感想です。はずむの通う学校に副担任として潜入してきた宇宙仁。ジャン・プウも伴っていますが、はずむ以外には見えないから今まで通りの生活を送ってくれと話す宇宙仁。一方、とまりは前のように仲のいい二人に戻ったやす菜とはずむを見て複雑な表情をするとまり・・・。

なんでしょう?今回はいつもに間にしてマッタリした展開ですね。ちょっと憂鬱な気持ちになる雨。とまりの少し沈んだ心情を反映しているようでもありますね。とまりが女の子になった途端に積極的になるやす菜。前回、彼女自身が抱える問題が少し明らかになりその気持ちもよく分かるのですが、一度ふっておきながらまたここで思わせぶりな態度。イヤな女だといわれても仕方ないかもしれませんね。後、ペアルックって言うのもなんだかね・・・。

さて、我らがとまりちゃんですが、この子の微妙な表情を拾うシーンが多いですね。この微妙な三角関係はこの物語の中心テーマだから当然なのだろうけど、視聴者に思いっきり感情移入させようと言う意図、やっぱりとまりにとって悲しい結末しか用意されていないのかな?と邪推してしまいます。

ところで、あゆきですけどはずむ達のことについては静観しているみたいですが、たまに彼女の口からは確信をついた言葉が飛び出します。とまりに言った「選択肢は二つしかない、舞台に上るのか、降りるのか」と言う言葉。とまりは何も言わず走り出しましたが、もう自分自身でもそうするしかないと気づいているはずです。しかし、やす菜のとまりに見せたあの目つき。アレは宣戦布告と見ていいのでしょうか?ああ、ホントやす菜ヤな女だよ。負けるなプッチャン!俺たちがついているぞ!!(笑)

このアニメ2クールなのですね。はずむがやす菜ととまりのどちらかを選ぶのか?と言うような話しで果たしてそこまでひっぱれるのでしょうか?今回のお話しを見る限りちょっと不安になってきました。やす菜がはずむな告白してしまったし、下手したらキスまでと言うシーンもありました。まあ、あそこでとまりが邪魔しなかったらもう話しは終わってしまってた気がしますけど、う~んこれからどう展開していくのでしょうね?興味深いです。それにしても、はずむの親父・・・お前は俺の煩悩が具現化したものかよ!(笑)ぼ~としたはずむの服脱がそうとするなんてなんてナイスな親父ですか?まあ、黙って好きなようにさせているはずむもなんですけどね(苦笑)

KASHI06020200

0 Comments

Post a comment