涼宮ハルヒの憂鬱特設ファンサイトで「涼宮ハルヒの消失」のPVが配信! / 雑記・IPHONE中毒が止まらない!! / WEB拍手コメントレス

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」新キャラクターソング Vol.2
クチコミを見る




先日、涼宮ハルヒの憂鬱再放送の最終回後、「涼宮ハルヒの消失」の劇場版の制作が決定した事が発表されましたが、今度は特設サイトにて「涼宮ハルヒの消失」のPVが配信されています。



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



見逃した方は是非チェックして見てください!いやあ~しかし、映画化の反応に関しては様々ですね。驚きをもって受け止められたというより、「やっぱりか」という意見が結構多かったような気がします。

何にせよ、人気シリーズのアニメ化なので、どれだけの規模で放映されるのか非常に気になるところですね。


涼宮ハルヒの憂鬱ファン特設サイト→http://www.haruhi.tv/fanclub/


<雑記・IPHONE中毒が止まらない!!>

携帯をIPHONEに変えまして、3週間近く経ちますが、相変わらずコイツは触ってて飽きません。実に楽しいおもちゃを手に入れたものです。

とにかく無料でゲット出来るアプリは、インストールしまくって、IPHONEの機能と連動させたそれらを十分に堪能させてもらっておりますよ。

有料アプリも、便利ツールからゲームまで種類が豊富で、特にゲームは安い値段でダウンロード出来るからお手軽でいいですね。これからは大手ゲーム会社も本格的に開発に乗り出すでしょうから、楽しみでしょうがありません。

私はそれこそパソコン通信の時代から、パソコンに触れている人間ですから、これら技術の変遷は見てきているつもりです。それだけに感動も一入なのですよ。

あの頃は、192Kppsなんて超遅のモデムで通信していても、文字の読み込みが早い!なんて感動してましたからね。今や、あんな小さい携帯で高速ネットですよ。いや、ホントに信じられない。


そんなわけで、今日もフリースポットを探してIPHONE片手に街をさまよい・・・ああこのままではダメだ!リアルに戻ってしまう!!(苦笑)


<WEB拍手コメントレス>

10月6日

>5:20 夏のあらし!~春夏冬中~ 第1話、CM・TB欄が無いのは気のせいでしょうか?

申し訳ございません。最近、記事をアップした時に、たまにこうなる事があるのです。報告して頂きありがとうございました。


>9:37 ピッコロさんのアツイ記事を読んで「青い花」に興味を持ち視聴しました。本当に良い作品だと思いました。揺れ動く少女達の心を鎌倉の風景、音楽にのせ情緒的に描いていて、本当に綺麗で心が引き込まれる作品でした。視聴中、自分のアイタタタ。な「初恋」を思い出してしまい、そこにゆったりと流れれてくる映像・音楽になんだか浸ってしまいましたよw。こういう繊細な作品はこれからも大切にしていきたいですね。

ありがとうございます。「青い花」は私にとって特別な作品でしたので、結構感情的な書き方をしている場合もありますが、そんな風に言って頂けると嬉しいです。そうですね、本当に繊細な作品でしたよね。初恋の体験を思い出されたとか? そのように受けて側に様々な想いを喚起させてくれるのがこの作品のいいところなのだと私は思います。こういう作品は、今後も伝え続けていきたいですね。


>22:48 鋼が変わった

ハガレンが最近頑張ってますよね~!


>22:48 レールガンがかなり言い感じ

レールガンは、とても見やすい作品です。誰からも受け入れられるアニメになるでしょうね。


>22:49 生徒階の一存は、ずっと教室の中にいた。あんな感じこれからでいくのか?

セイゾンは生徒会室で繰り広げられる会話劇がメインになるそうですよ。


>22:50  けんぷファー 静香ちゃん・・・・・・・ 余りあわない

静香ちゃんの声優さんもかなり高齢ですからね。色々と厳しいでしょう


>22:51 犬夜叉完結版 原作キ読者ですが鋼よりも凄い勢いで飛ばしている。
>22:52 犬夜叉はやっぱり、60分ぐらいで総集編をすべきだった。前回どこまでいったか全く覚えていなかった。

犬夜叉の一話目はかなり早かったですね。おっしゃるとおり、最初に総集編は絶対に入れるべきだったと私も思います。しかし、二話は個人的には凄く良かったです。


10月7日

>12:16 生徒会の一存の場合、原作がパロディを多用している作品なので仕方ないとは思います。ハヤテのごとくを見ていないのでわからないのですが、ピッコロさんが言う「高度なパロディ」と最近の作品に溢れている分かりやすいパロディとは、そもそも目指すところが違っているのではないでしょうか?後者は視聴者の笑いを取ることが狙いである以上、わかりやすさというのも重要な要素で決してそれは悪いことではないと思います。そういうパロディが最近多く、それさえやっとけばウケるという風潮は私も気になりますが、実際結局ウケてしまっている以上どうしようもありません(^^;

なるほど、生徒会の一存に関してはそうなのかもしれませんね。確かに、私が言及した「高度なパロ」とそれらで目指すところが違うのは分かります。ただ、「萌え」と同じで表現手法が、ただ「消費されていくだけのもの」という軽さがちょっとイヤだなと思ったのですよ。その点、ハヤテのごとく!は同じように軽めのパロもやりながらも「高度なパロ」もあったというところで私は感心させられたのです。


10月8日

>13:35 これからも大変かもしれないけど、体に気をつけて頑張ってほしいです。

ステキなメッセージありがとうございます。これからもほどほどに楽しんでやってまいりたいと思います。


10月9日

>10:02 いつも楽しく記事やラジオを聞かせていただいてます。君に届けは主人公に感情移入させるというより保護者のように爽子を見て応援する感じで女性は読んでいる気がしますね。アニメの方は少女マンガ的演出が多用されていてちょっとくどいかな、と感じました。これから演出がこなれていけばいいんですが・・・。男性目線での感想期待しています^^

いつも記事やラジオを楽しんでいただきありがとうございます。「保護者のように」ですか、なるほど、二話を見ていると何となくそれが分かった気がします。確かに、少女マンガ的演出はくどいのですが、むしろ今となっては新鮮には映りますね。これからさらにくどくなっていくのかな?今後もおっさん視点で語っていきたいと思います(苦笑)


10月11日

>18:44 応援してるよ!

ありがとうございます!!これからも応援していただけると嬉しいです~!!


10月12日

>19:13 「しまりすの水玉な日々」のしまりすと申します。いつもトラックバックありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

こちらこそいつもお世話になっています。今後ともどうか宜しくお願いいたしますね


>23:10 がんばってください

ありがとうございます。ユンケル飲んで張り切っていきまっす!

0 Comments

Post a comment