(アニメ感想) DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・・」

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)
クチコミを見る




パブリチェンコ博士研究所をめぐり、さまざまな諜報機関の契約者がスオウたち家族に襲いかかった。父を殺され、たった一人逃げのびたスオウだったが、ME(記憶操作機)によってクラスメイト達の記憶は消されて、孤独に逃げ惑う。しかし、ニカに励まされたスオウは、シオンと流星核を奪うため研究所にやってきた黒(ヘイ)をおびき出す決意をする。そしてニカも、行方不明になった恋人ターニャを探しはじめるが…。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



心配されていたステレオポニーのOPですが、まあ想像していたよりも良かったかな。この作品の主人公が蘇芳と設定しているのなら、特に悪くはないのではないかな?と思いました。

<蘇芳の父親を殺したのは黒ではない!?じゃあ犯人は誰よ?>

さて、衝撃のラストで驚かされた前回・・・いやホントにエイプリルが死んだのは、ショッキングな出来事でございました。

何より、彼女を手にかけたのが黒であったという事実が、私にはショックだったのですよ。

黒がもうすっかり荒んでしまって・・・髭ぐらい剃れよ!という突っ込みは各所で入った模様。まあ、この二年の間によほどのことがあったのでしょうな。

しかし、蘇芳の父親を殺したのが、黒でなかったという本人の話しを聞いて少々安心はしました。

が、こうなるとあの時博士と話していたのは、一体誰だったのか?ああ、よくよく考えたら契約者の中に、他人になりすます者がいてもおかしくはないわな

ということは、エイプリルを殺ったのも、もしかすると黒ではない可能性はあるかな・・・。


<暗躍する機関・・・。今回の黒の所属する機関は・・・>

ところで、黒は現在CIAに所属しているようですね。今回も、それぞれの機関が、何らかの思惑をもって動いている事は確かでしょう。

現在確認出来ているのは、CIA、イギリスのM16、そして今回黒と交戦した葉月の所属する三号機関、ロシアのFSBといったところかな

ただ気になるのは、ミスタースミスとのマダムの会話シーンにおいて、ミスタースミスが話した「イザナギを求めついに例の機関が動き出したようです」という言葉。

まあ、イザナギについては現段階では考察のしようがありませんが、「例の機関」に関してはちょっと思い当たる部分があります。

私の記憶が正しければ、前回、黒が所属していた「組織」(名称不明)に関しては結局詳しい事は明かされていなかったはずです。

WIKIによると、各国警察・諜報機関に根を張り、国連機関PANDORAすら隠れ蓑に使う巨大な組織とありますね。

ちなみに、その組織の隠された目的は「契約者を滅ぼす」である事が前期で明かされていました。あれから、その組織がどうなったのかは不明・・・しかし、ミスタースミスの話す「例の組織」がそれである可能性は高いですね。うーん、これは凄く気になるなあ~。


<ME技術について・ニカはいい奴!>

ME技術によって、ターニャと蘇芳に関係する人間達の記憶は消去されてしまったようです。

このME技術とは、地獄門内部で発見された新技術。WIKIによると「特定の記憶を選択的に削除したり、読み出した別人の記憶や人格をドールに移植するといった措置も可能」とあります

まあ、ドールについては後々出てくるであろうから説明を省くとして、このME技術は一般人が契約者の情報得た場合に用いられています。そうする事で契約者の秘密を保持しようとしているわけですね。

蘇芳の父であるパブチェンコ博士は、このME技術の第一人者でありました。

それにしても、ニカは間一髪でしたね。これも、危機察知能力の高さゆえ・・・。なかなかいいヤツなのだけど、次回予告を見る限り、この先にはニカにとって悲しい別れが待ってそうだ。


<死神VSマジシャン そして、銀は何処に・・・>

相変わらず、戦闘シーンで見せてくれるから、毎回本当に見ごたえがある。

今回黒と対峙した契約者は、マジシャン。能力を行使した後の対価が、手品の種明かしというのがなんとも皮肉的で面白かった。

もっともこのマジシャンは、黒の前にあっさり敗北したものだから、あまり見せ場はなかったですけどね(苦笑)。

それよりも、3号機関の仕掛けたワナによって、ピンチに陥った黒・・・ラストで「もしかして死んだのかもしれない」という示唆があったため、衝撃が走った

まあ、次回予告にはちゃっかり登場していたので、大丈夫でしょうけど(苦笑)。

ただ、気になるのは、黒の意識の中に登場した銀の姿・・・。彼女は確か、一期のラストでは黒と共に行方不明になったとされていたはず。

しかし、あの映像を見る限り、銀はもう帰らぬ人となったのかもしれない。それも、黒を救うためにその身を犠牲にしたかもしれない・・・という描写だった

銀は何気にファンも多く、今回のアニメ化でも彼女の登場を楽しみにしていた人はいたと思いますが・・・うーん。どうやらスタッフによると三話も衝撃の展開が待っているらしい。いやあ~、これは次回からもまた目が離せそうにないですな。


<10月21日水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は「今期終了アニメを評価してみないかい?6」の中間集計結果を発表!>

10月21日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は当ブログの企画「今期終了アニメを評価してみないかい?6」の中間集計結果を発表する予定でございます、お楽しみに!ハルヒ二期、東京マグニチュード8.0、青い花等、それぞれの作品が一体どのような評価を受けているのか!?予想しながら楽しんでいきましょう!

掲示板も盛り上がってますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、新作アニメについてももちろん徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

http://subcul.jugem.jp/trackback/1349
http://happy2material.blog41.fc2.com/tb.php/17
「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。


http://d.hatena.ne.jp/ahousa/20091017/p1
http://blog.so-net.ne.jp/compeitoh/2009-10-16-2/trackback
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/super440/51237038

0 Comments

Post a comment