(アニメ感想) ぱにぽにだっしゅ! 第14話 「石を抱いて淵に入る」

ぱにぽに0002













前回もぱにぽにワールド全開だったけわけですが、今回も凄そうですね。って思ってたらいきなりオープニングが・・・。やるな!



校長の出張により学食(シェフも出張)がしばらく閉鎖することになった。お弁当を持参したきたベッキーはいつになくご機嫌。彼女の姉が今日の為にお弁当を作って持たさせくれたのだ。B・L・Tサンドだと喜び勇んでお弁当のふたを開けたそこに入っていたものは、ベーコン、レタス、トマトではなくなんとブロッコリー、レモン、ターキーのBLTが・・・。

教室で、C組の面々にお裾分けをしてもらうベッキーだが、今日は何とか食い繋いだものの明日のお昼からはどうしようかと思案するのだった・・・。



ぱにぽに0003いきなり冒頭、一条さんの缶蹴り(神蹴り?)から始まったのにはワロタ。しかも、執拗に追いかけるし。相変わらず分らん・・・。

ベッキーのあのお弁当のセンスから察するに彼女のお姉ちゃんと言うは、さぞかし一条さんに勝るとも劣らぬ強力な個性の持ち主なのでしょうねえ。ああ、登場が待ち遠しい・・・。と言うかまだ出てませんでしたよね?

ところで、今回は玲の魅力全開(?)かもしれません。ただ、頭いいだけでなくてお料理がうまいところなんかもう!(^^;)。







ぱにぽに0004



料理の上手な玲に「自分で何とかしろ」とあっさり断られたベッキーは、意外な人物をターゲットにしていた。その意外な人物と言うのが桃瀬兄。地味でキャラの薄い妹とは違ってかる~いノリの兄、だが意外と機用で料理が上手なのだ。

強引なベッキーの頼みごとに「よろこんで」とあっさり引き受ける桃瀬兄。しかも、お弁当ではなく学食の厨房で調理すると言う本格的なものに・・・。「明日が楽しみになってきたぞ~」と大喜びするベッキーだった。

だが、次の日の昼休み学食の厨房を訪れたベッキー達の前に桃瀬兄の姿は見当たらない。なんでも、天気があまりにもいいと言う理由で早退してしまったのだ。途方に暮れるベッキーにとった玲の態度は冷淡そのもので・・・。



ぱにぽに0005ああ、そういえばこのアニメって男キャラもいたのでしたね(^_^;。まあ、共学だから当たり前なのですけど忘れてました。でも、この桃瀬兄って確かにいい加減ですけどなかなかいいやつですね。嫌味のないキャラかも。どうでもいいけど、アイキャッチの玲は可愛い!必見です。

そういえば途中で狸の話しになったので何となくぼ~と見ていたので気づかなったのですけど、桃瀬兄をたぶらかした(?)のって玲ですよね。うーん、でもそこがまた魅力かも。

私は、玲といえば頭はいいけど冷酷で素っ気無くてあまり魅力のないキャラとして映ってましたが、ホントの彼女ってきっと努力型の秀才なんじゃないかなって思ってしまいました。ベッキーに「最初から努力もしないで人に頼るからこんなことになる」って言って聞かせるシーンなんかは、ちょっといろいろと感じるものがありました。雪野五月さんの声もぴったりでなんか母性を感じさせます。

「分ればよろしい」そう言ってベッキーの為にお料理を作ってあげる玲は母親のような優しさに満ち溢れていましたとさ・・・。ぱにぽに0006



今回も良かったです。キレイにまとまっててお話しのメインキャラの魅力も十分に引き出されていたと思います。次回の楽しみ!











0 Comments

Post a comment

0 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)