(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第17話 「Episode3-6 promotion」

TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <初回限定版> Note.01 [DVD]
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <初回限定版> Note.01 [DVD]
クチコミを見る




ベアトの明らかな変化にはちょっと戸惑ってしまったけど、まあ戦人に怒られてしおらしくしている彼女がちょっと可愛いく思えてきてしまった。





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



なんというかな、散々我侭に振舞っていたが、好きな男の一喝ですっかり従順になってしまった女・・・そんな感じ?(苦笑)

これまで、手がつけられないほどの暴君だっただけに、それこそギャップ萌えというやつなのかもしれない。

それに比べて、現ベアトリーチェの方は、相変わらずのやりたい放題。かつてのベアトがそうだったように、むごたらしい死をもたらし、肉体だけではなく精神的にも追い詰め辱め、それはもう「放たれた狂気」の恐ろしさをまざまざと見せ付けるかのようでございます。

ところで、少々話しが混乱してきたのですが、ベアトがベアトリーチェにその称号を譲った意図とは一体何だったのでしょうか?

彼女はそのおかげで魔力が弱まり、今やベアトリーチェにもその身を脅かされる存在となっています。

現ベアトリーチェに碑文に書かれている「死の実行」を任せる事で、本人はその繰り返しの苦行から開放されたかったのかな?魔力を失ってまでも・・・うーん、いまいち良く分からない。


しかし、この世界では愛の力は無力。今回は、これまでとは違い、それぞれのキャラクターには確かに信じられる愛があり、それを貫こうとするも、理不尽なる力の行使によって無残にもその先には破滅が待っているという結末が用意されていました

まるで抗いようの無い力へ・・・これが面白い事に、果敢に挑もうとしているのが、ベアトという図・・・。このドラマの行く末には、俄然興味が沸いてきましたね。現ベアトリーチェと先代ベアトリーチェの対決・・・。

さらに、現在の絵羽とベアトリーチェの関係も気になるところ。この二人はすでに別の存在になっているのか?それとも一心同体であるのか?・・・多くの謎を解き明かす上でもこれは重要なヒントになるような気がするのですよね。


<10月23日金曜日夜11時からは「ピッコロのらじお♪特別企画・秋の夜長にアニメ討論大会!」を開催する予定>

10月23日(金)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は特別編・秋の夜長にアニメ討論大会を開催する予定でございます。ここでは、皆さんから頂いたテーマについて我々パーソナリティが熱く討論していきたいと思います。

現在リスナー様から頂いているテーマは、「売れるアニメは良い作品か?」、「愛すべきクソアニメとは?」でございます。他にこんなテーマについて語って欲しいという提案等がございましたら、コメントかWEB拍手に送ってください。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、新作アニメについてももちろん徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/maturika8787/trackback/411283/8644381
http://blogs.yahoo.co.jp/kanon_agm/trackback/345760/2308905
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sorakakeruhosi/485830

0 Comments

Post a comment