アスラクライン2 第17話 「生け贄の名を喚ぶ代償」&クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第5話 「策謀!嘆きの王宮」

アスラクライン 4(初回限定版) [DVD]
アスラクライン 4(初回限定版) [DVD]
クチコミを見る




多忙のため、アスラクライン2とクイーンズブレイド両方の感想を書きます。しかし、クイーンズブレイドはもう5話に突入ですか・・・早いものですね。





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



<クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第5話>

レイナvsユーミル カトレアvsアイリの戦い。

それにしても、レイナな前期に比べて影が薄い気がするのは、やはり他のキャラの描写が多くなっているらいなのでしょうね。彼女って戦いにおいては、特別な何かを発揮するわけじゃないから、余計に目立たないのでしょうね。

今回、ユーミルに勝ったのも、彼女の実力と言うより、カトレアの剣のおかげだし、「相変わらずショボイ」というナナエルさんの突っ込みは的確過ぎて、笑ってしまいましたよ。

それよりも、今回はカトレアvsアイリの戦いの方に惹かれたなあ。子を背負い戦う母の覚悟というものをカトレアさんは見せたのだけど、すっかり変わり果てた夫の姿を目の当たりにした途端に、狼狽し女の顔に戻ってしまった。む

愛する男を追いかけ、続けてきた旅だからこそ、その現実は彼女にとってショッキングなものだったに違いない。同時に、カトレアから闘気が失せ、負けが確定した。そして、女王の手により夫と同じ運命をたどることに・・・。

だけど、死霊女とショタという組み合わせは予想外で面白い!このように、原作では決してあり得なかった展開は大歓迎だ!!いや、いいよこの発想力。この作品、何気に盛り上がってきてるよ・・・。


<アスラクライン2 第17話 「生け贄の名を喚ぶ代償」>


前回は智春にイライラさせられた。選択することに向き合わず問題を先延ばしにしている感があったからなのです。しかし、結局前回のそれはフリに過ぎなかったのですよね・・・。

なるほど、悪魔は契約者の愛を食らうか・・・まさに悪魔的なポジションと言えます。しかしよくよく考えたら、演操者、副葬処女、悪魔・・・この3つの関係は、どこまでいっても破滅的な結末しか生み出さないような構造になっている気がする。

演操者は副葬処女の魂を削り力を行使し、悪魔は契約者から愛の記憶を奪うことでこの世界に存在し・・・実に破滅的ではあるが、それ故にそれぞれの愛が試されているとも捉えられるかな?

副葬処女が魂を削ってまで演操者に力を与え、悪魔は自身との愛の記憶が削られていると理解しながらも契約者のために力を振るう・・・なんと献身的な愛なのでありましょう!

そして、演操者はそんな彼女達の犠牲愛を全て受け止めた上で闘わねばならない・・・それも十分な苦しみなのです。

だからこそ今回、直前にあれだけの悲劇を目の当たりにしていながらも、なおも戦い、生じる全て痛みを背負うと決意した智春な悲壮な覚悟には大きな感銘を受けました。

このいかんともし難い閉塞感・・・でも、何かを変えられるとしたらそれは智春自身しかいないのですから・・・「自由で不自由な選択」とは前回のサブタイでしたっけ?まさにその言葉の意味を今回は、身にしみて感じ取ることが出来ました。


<10月23日金曜日夜11時からは「ピッコロのらじお♪特別企画・秋の夜長にアニメ討論大会!」を開催する予定>

10月23日(金)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は特別編・秋の夜長にアニメ討論大会を開催する予定でございます。ここでは、皆さんから頂いたテーマについて我々パーソナリティが熱く討論していきたいと思います。

現在リスナー様から頂いているテーマは、「売れるアニメは良い作品か?」、「愛すべきクソアニメとは?」でございます。他にこんなテーマについて語って欲しいという提案等がございましたら、コメントかWEB拍手に送ってください。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、新作アニメについてももちろん徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment