(アニメ感想) DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第3話 「氷原に消える・・・」

DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD]
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1) [DVD]
クチコミを見る




ヘイによって隠れ家に監禁されたスオウは、冷酷な仕打ちに耐え続けていた。一方、ターニャを見つけ喜ぶニカだったが、知らないうちに巧妙な罠の駒として利用されてしまう。諜報機関に追われ、ロシアを抜け出そうとしたヘイとスオウの前に、昔と変わらない姿でかつての親友が現れた。しかしその再会は、スオウにとって二度と見たくない凄惨な光景を再び目撃することになる・・・。



☆<10/24更新>前回、DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・・」の感想をポッドキャストにて収録!

「組織関係がおおこしいのでちょっと説明」、「星が消えたとは?それは喪失者・・・」、「契約者には感情がない?」等、パーソナリティ、リスナー様の間でも議論が白熱しましたので、是非聴いて見てください↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話 「堕ちた流星・・・」感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



<恐ろしい・・・ターニャのあの冷たい目に、女のしたたかさを見た!!」>

いや、本当に恐ろしかった。FSBの命令を受け、ニカが蘇芳と通じている事を利用するためにニカに近づいた。実にしおらしい言葉でニカを安心させ、しかしその裏では実に冷たい視線を送っていた。

そんなターニャの姿を見るとやはり、契約者は感情を失くしたのかもしれないと思ってしまう。

だが、本当は感情を失ったのではないのかもしれない。確か、契約者にも感情があるという話しは前期でもあったはずです。

ただ、「契約者は夢を見ない・・・」、そして「契約者は合理的に物事を考える」これに関しては真実であるように思います

例えば、ターニャの「結婚(ニカと)するわけでもないのに付き合っているのは無駄」や「一生が保障されるだけの報酬をもらったからFSBに協力した」という言葉は、「合理的」を突き詰めた人間の発想であるのですよね。

そして、その先には夢がない・・・合理的を突き詰めれば叶わないかもしれない夢を抱くことなんて無駄だと思うでしょう。

つまり、「契約者は夢を見ない」の「夢」は、「睡眠中に見る夢」の方ではなく、「人が将来実現したいと考える事柄」の夢の事を指しているのでしょうね


<ヘイが現在陥っている状況・・・なぜ星が消えた?>

ヘイが蘇芳を連れFSBから逃げる際に、いつものようにワイヤーを出し相手を拘束したところで、とどめを指すのかと思いきやなぜか躊躇していた姿は印象的だった。

最初、人を殺すことを躊躇っていたのと思ったのですが、これは違いますね。いつもの彼ならあそこて電流を流し、相手を殺していたわけです。ところが、電流が出なかった・・・ということなのでしょう

この状態は、もしかすると前期で「喪失者」と言われたものと似ているかもしれません。

WIKIによると喪失者とは「能力を失った契約者。極めて稀な存在であるため、各国で研究の対象となる。喪失する原因や条件が何なのかは不明だが、対応する偽りの星のスペクトルは可視域から外れ、能力と共に対価を払う必要も無くなってある程度感情や良心の働きが戻る」とあります。

まあ用は、能力が使えなくなる状態です。ちなみに、黒の星が消えたのも「喪失者」になった事を裏付けているのではないでしょうか?


で、黒の電流が使えなくなった理由と言うのは、言うまでもなく三号機関のあのトラップのせいでしょう。三号機関は「シュレイダー博士の仮説通り」と話していましたが、私はもう前期の事はほとんど忘れてしまっているので、これが何の事を言っているのか分かりません

ただ、想像出来るところで話すと、あれはあの小さな空間の中に、地獄門と同じ状態を生み出すものとか?

喪失者は地獄門に接近すると元来の契約能力が戻ると言われています。では、その逆もあり得るのかもしれません。なんにしても、あのトラップは恐ろしい・・・まさに契約者殺しですね。


<蘇芳が契約者に・・・彼女の持つ能力は契約者殺し!?>

怒りによって目覚めた戦士・・・その名は蘇芳!?なんにせよ、蘇芳が契約者に目覚めてしまいました。いや、あの瞬間魔法少女に変身するのかとホンキでドキドキしてしまいましたよ(苦笑)。

契約者に目覚めた彼女は、手当たり次第に契約者を殺そうとしていましたね。それは、目覚めた直後で力を制御できなかったのか、それとも他に理由があるのかは分かりませんでしたが・・・。

ただ、蘇芳の覚醒については、多くの組織も想定していた事のようで3号機関の「イザナギ」も、おそらく蘇芳のことを指しているのでしょう。「終わりが始まる・・・」はどこの組織に所属しているか不明の双子が放った言葉でしたっけ?

かつて「組織」は、契約者を全て抹殺しようとしましたが、もしかして蘇芳を利用し、またそれを始めようとしているのではないだろうか?

まさに、蘇芳は「契約者を狩る者!?」。神話における最初の夫婦神となったイザナギという名称も含めて彼女の秘密については気になるな・・・。


<黒と愉快な仲間達・・・蘇芳にジュライにマオまで・・・。黒は誰に飼われている・・・まさか!?>

黒がジュライについていくことを決意したのは意外でした。彼はエイプリルを殺した敵とも言える存在・・・一体何を考えているのか?しかし、ジュライの参戦は実に興味深いな。

そして、マオの復活。やはり予想通り、蘇芳の飼っていたムササビにとり憑いていましたか。いやはや、EDではうつろな可愛い目をしていましたけど、中身はおっさんですよ?・・・だまされちゃいけません!(苦笑)

まあ、そんなわけで、ここに蘇芳も加わり、黒と愉快な仲間達の完成です。どんな珍道中になるのか今からwktkですね~!

ところで、気になる事が一つ・・・黒が銀について話したこと「あの女を殺す」というセリフ。彼女はてっきり死んだと思っていましたが、これで生きている可能性が高まったかもしれません

黒と銀の間に何があったかについては現状での推察は難しい。「殺す」があくまでも任務について言ってるのか、私怨なのか・・・これによっても話しは違ってきそうです。

また、現在黒が所属している組織について・・・表向きは「CIA」と話していましたが、どうやら真の雇い主は別にあるようです。黒とマオはその者について「あの女」と称していました・・・これは一体誰のことを指しているのか?

女で思いつくところだと、銀か、アンバーぐらいですね。まさか・・・アンバーとか!? まあ、新キャラの可能性もあるし何とも言えないところですが、今回は気になるキーワードがあちこちに散りばめられ、本当に考察のしがいのある回でした。

いやあ~、本当にこの作品は見ごたえがあるわ!


<10月23日金曜日夜11時からは「ピッコロのらじお♪特別企画・秋の夜長にアニメ討論大会!」を開催する予定>

10月23日(金)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は特別編・秋の夜長にアニメ討論大会を開催する予定でございます。ここでは、皆さんから頂いたテーマについて我々パーソナリティが熱く討論していきたいと思います。

現在リスナー様から頂いているテーマは、「売れるアニメは良い作品か?」、「愛すべきクソアニメとは?」でございます。他にこんなテーマについて語って欲しいという提案等がございましたら、コメントかWEB拍手に送ってください。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、新作アニメについてももちろん徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427324/31929774
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200910130008/62cd7/
http://blog.ajin.jp/2009/10/23/darker-than-black2-episode3-review/trackback
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yamata14/52360155
http://sumo8nouchi.blog105.fc2.com/tb.php/206-6225c994
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/pelocan/diary/200910240002/a567e/
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dc54/52052735
http://blog.so-net.ne.jp/continue/2009-10-24/trackback
http://gunsounosenjyou.blog13.fc2.com/tb.php/16-96f7c336
http://ecnahc.blog18.fc2.com/tb.php/28-ad159f41

0 Comments

Post a comment