(アニメ感想) かりん 第12話 「やっぱり兄キは 恥ずかしい」

かりん(6)




どの話しもなんか似たような展開でいまいちグっとくるものがないこのアニメですけど、これから中盤にかかるところですしもう一度アクセルを踏みなおして面白くして欲しいですね。今回はエロエロみたいですよ~、何が飛び出すのでしょう?さて、感想です。夏休み中もバイトに励む健太とかりん。そんな忙しい中でも健太のためにとお弁当を作るかりん。「おいしかった」と健太に言われて、すっかり舞い上がっているかりんの様子を見ていた煉は、「お前あいつに惚れたな?」と確信をついたセリフを吐きます。「そんなはずないじゃない」と顔を真っ赤にして誤魔化すかりんに、「そいつを聞いて安心したぜ、これで心置きなく血が吸える」となにやら意味深なセリフ。かりんは、それを健太の血を吸うものだとすっかり誤解してしまうのでした・・・。

いやあ、まさかやおいまで飛び出すとは(笑)。しかし、健太のお母さんって地味なんだけど妙に色っぽいですね?なるほど、煉も目の付け所がいい!守備範囲は50代までと広いらしいですが、面食いだから結構選別しているのでしょう。ウィナーはもうダメポ・・・。吸血鬼ハンターなんて儲けにならないような仕事本当に必要なんですかね?

煉が健太の母の血を吸おうとしていると知り、それを何としてでも阻止せんと立ち上がるかりん。そして、煉より先に健太のお母さんに噛むと言う作戦にうって出ます・・・。

面接の帰り、一人夜道を歩く文緒。そこに彼女を狙わんとする一つの影が!しかし、突然大きなサイレンと共に現れたのは吸血鬼ハンターウィナー!吸血鬼センサーを使って吸血鬼である煉の気配を察知したのでした。邪魔が入りその場は諦めた煉。しかし・・・。

今回はエロエロ炸裂でした。文緒さんまで「バインバイン」だったとは・・・。あのチャイナ服は萌えた。子持ちだけどアレはかなり反則でしたね。まあ、ウィナーに関しては今回ほど彼を応援した回はないと言うことで(笑)グッズの力は借りてましたがハンターらしい活躍がようやく出来ましたな。さて、次回はいよいよ健太に噛み付くのか?ってとこですが、さっさと健太を噛んじまうほうが全てうまく収まるような気がしてきました。次回に期待したいところですが、正直この内容で2クール見続けるのは厳しいですね。新キャラに頼るしかないかのな・・・。

karin06020200

0 Comments

Post a comment