(アニメ感想) アスラクライン2 第19話 「君に捧ぐ真実」

アスラクライン 4(初回限定版) [DVD]
アスラクライン 4(初回限定版) [DVD]
クチコミを見る








↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



これまで、聞きなれない単語のオンパレードで、物語の真実がなかなか見えてこなかったのだけど、幾つかの重大な謎が明かされ、いよいよ物語が大きく動き出してきた感がありますね。

まず、夏目直貴がすでに死んでいたという事実・・・。あの墓にあった名前は本物で、彼は留学先で死んでいた。そして、朱浬達が直貴だと思っていた人物は、一巡目の世界からやって来た夏目智春だったのです。

一巡目の世界は、ブラックホール生成実験の失敗によって世界の非在化が進んでいた事も明かされました。智春がこの世界に来たのは、自身の世界の非在化を止める方法を掴むためなのでしょうが、この世界に留まるには存在の上書きを行わなくてはならないわけです。

ところが、智春は存在の上書きに失敗した・・・その理由は、この世界の智春にあったというわけ。・・・ん?ちょっと待てよ、存在の上書きに失敗すると「悪魔化」するということは、奏達悪魔は元々異世界の人間ということかな? いや、彼女の場合は先祖がそうだったのか?


まあそれはともかく、今回明かされた一番の重要な事実は、この世界の智春がすでに死んでいたということでしょう。私はてっきり、飛行機事故で死んだのは、操緒の方だと思い込んでいましたが、事実はその逆・・・これは意外だった。

しかし、操緒が智春に向ける深い愛には大きな感銘を受けてしまったなあ~。智春を生き返らせるために、自らが副葬処女となり、今も彼のため文字通りその魂をすり減らしているわけですからね。智春と奏の仲を取り持とうとしているところからも分かるように、まさにそれは犠牲愛と呼べるものですね。

でも、智春にとって、そんな深い愛に支えられ生きてこられたという事実は、自身には背負えないぐらいの重石になってしまったことでしょうね。こんなにも多くの精神的縛りの中で、智春はどう動くつもりなのだろう?

全くもって解決策が見えない現状・・・でも、そこを打開していくのは結局、彼の人間力でしかないのですよね。ああ・・・本当に苦しい、生きるってこんなにもつらいんだよ。


PS 前回のコメントで、悪魔と契約者について色々とご指摘頂きありがとうございました。原作未読の立場から時々、的外れな発言もすると思いますが、その際はまた色々とご教示いただければと思います。


<11月11日水曜日夜11時からはアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送する予定>

11月11日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では、一週間に放送された様々なアニメについて語っていく予定です。最近特に力を入れて語っているアニメはDTB2、とある科学の超電磁砲、君に届け、ハガレン等です。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、もちろん他のアニメについても徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

0 Comments

Post a comment