(アニメ感想) 生徒会の一存 第6話 「差し伸べる生徒会」

生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
クチコミを見る




秋の学園祭に向けて、テーマを決めることになった生徒会。

深夏の挙げたテーマはもちろん"熱血"。真冬は"競争"。

知弦にいたっては"痛み"。そして杉崎は"淫ら"!? その中で、

真儀瑠先生は杉崎の"淫ら"を推す。果たして合唱コンクールは

女子のみで「あえぎ声」になってしまうのか!? (ならないと思います)






↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



文化祭は、学園物では重要イベントの一つですな。それこそ、散々使い古されたパターンではあるけど、恋愛アニメではここでヒロインとの好感度をアップ!!といった感じで、情熱を燃やす主人公が多いわけなのです

まあ、この作品の杉崎の場合は欲望に忠実ですから、特定のヒロインを狙った何かよりも、その欲望を満たす画策にお熱のようでしたが・・・もちろん、それは女子達によって全面却下!

決して本音を包み隠さずさらけ出してしまうところは杉崎の大きな欠点であり、またいいところ(?)でもあるのでしょう。バカはどこまでいってもバカ・・・いや、これは褒め言葉ですよ。


しかし、相変わらず今回もシリアスパートを織り交ぜてきたな・・・。なんと!美夏と真冬が家庭の事情により転校することに・・・。

結局は、不測の事態によってメンバーの結束力を高めるというイベントなんだけど、この作品の内部で起こるすべての出来事が予定調和な感が否めなく、どうしても感動が引き起こされない。

その原因となっているのは、他作品の言及という「パロディ」をネタにした会話劇と、さらには業界の裏事情すらもネタにするといったメタ演出のなのだろうと私は解釈しております

はっきり言うと、シリアスシーンがとても白々しくてナチュラルではない、そう感じてしまうのは演出力に難があるのもそうですが、やはり先ほど述べた要素が大きく関係しているのかなと思うのです。

まあ、原作がどのように描かれているか知りませんが、なかなかこのような作品のアニメ化と言うのは難しいですね。

特に声優さんの演技力でもカバーできないとなると・・・うーんこの先もなかなか厳しいな。

<11月11日水曜日夜11時からはアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送する予定>

11月11日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では、一週間に放送された様々なアニメについて語っていく予定です。最近特に力を入れて語っているアニメはDTB2、とある科学の超電磁砲、君に届け、ハガレン等です。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、もちろん他のアニメについても徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10382853312/1d25fc0d
http://ariaprincipe.blog46.fc2.com/tb.php/304-1667cba1
http://moeanimerac.blog86.fc2.com/tb.php/704-24339fe8
http://blogs.yahoo.co.jp/fujimoto_mitsunori/trackback/344577/30165012
http://blog.ajin.jp/2009/11/07/anime-seitokai-episode6-review/trackback

0 Comments

Post a comment