(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第18話 「冷たい雨」




格闘美神 武龍 壱 / アニメ




ようやく、めぐみの試合が終わりました。ここまで、大してストーリーは進んでいないのですけどもう18話。早いものですね。今回は久しぶりに制服姿の蘭ちゃんが見られるのか?いやあ~楽しみですね(笑)。では、感想です。蘭の試合を延期してまで、彼女の発勁に対する対策を練る春楊陣営。一方、卑怯な手段を使ってまで勝とうとする姉に対して怒りを燃やす鈴音は曹家に乗り込んでいきます(自分家だけど(苦笑))。

学校では、蘭の昨日試合が生徒達の間で話題に・・・。苦し紛れのラッキーパンチで勝ったとか話している生徒達を見て「お前の目はケツの穴か」と最強王大場様は語ります。ケツの穴ですか・・・さすが最強の方はおっしゃることが違いますね!と、そんな話しをしている間に蘭を探しに番長が教室に・・・。「発勁を教えろや」と番長の子分がおっしゃいます。しかし、蘭ちゃんは土下座してそんな技はございませんと言います。しかし、蘭ちゃんの頭を踏んづけてしつこく責める番長に最強王大場様がお怒りになります。「絶対手を出しちゃダメ」と蘭ちゃん。しかし、我慢が出来くなった最強王大場様が子分に一撃を見舞います!そしてさらに追撃。あっという間に吹き飛ばされる子分。蘭が寸前のところで掴んだから良かったものの、危うく校舎の外へと弾き飛ばされるところでした。さすが!最強王大場様!!素人相手には無敵を誇ります。ちなみに、番長も一撃の下に倒してしまわれました。しかし、世界相手に戦っている女が番長と対決とはまあ、なんと次元の低い話です。しかし、正直大場が番長倒してくれたのにはスカっとしました。って言うか結構面白かったですよね?

一方、鈴音は雑魚を倒して塔の上を目指します。そして、ついに春楊を発見。ところが、なぜか毛家居合拳の特訓する彼女の姿が・・・しかもその傍らにいて技を教えていたのは・・・。

きっと、春楊に毛家居合拳を教えていたのは蘭の父親でしょう。決定ではないけどかなりその確率は高いと思います。「YAWARA」で柔を倒すためにライバルのさやかのコーチに父親が付くってアレですかね?でも、正直ちょっと面白くなってきたのでそれもいいかなと思います。個人的には春楊にも萌えてきたし次回がちょっぴり楽しみです。

KAKUTOU0602050

0 Comments

Post a comment