直前予想! 内藤大助vs亀田興毅  興毅が内藤に勝つ方法があるとすれば・・・

亀田興毅伝説!! ~浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章~ [DVD]
亀田興毅伝説!! ~浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章~ [DVD]
クチコミを見る




本日開催されます内藤大助vs亀田興毅の直前試合予想を掲載





↑こちらをポチッと押して頂けると嬉しいです。コメントを頂けるとなお嬉しいです



「内藤大助vs亀田興毅」・・・亀田家と内藤の因縁の抗争劇(?)いよいよこれで最終章といったところか。今回もまた一般視聴者の関心は相当高いものとなっているだろう。

で、肝心の試合予想。まず、内藤は前回の熊朝忠戦の印象が悪く、年齢からくる衰えを懸念する声が多いようだ。実際、V5戦の試合は、内藤にとって言い訳できないほどに、危ない試合だったと思う。

ただ、試合前には大きなトラフルに見舞われた上、さらに体調も万全ではなかったようなので、もしかすると、今の内藤の強さを測る上であの試合はあまり参考にならないかもしれない。

一方の亀田に関しても、正直実力者との対戦が少ないために、実際にはどのぐらいの力を持っているのは想像しにくいだろう。その意味では、今回の試合は少々予想しづらい面はあるのだ。


内藤の戦い方は決して変わらないはず、問題は亀田だが・・・以前ランダエタとの二度目の戦いでは予想に反して足を使って戦うというアウトボクシングスタイルを見せ、判定勝ちをもぎ取ったという過去がある。

では今回の内藤戦でも、そのような戦い方を仕掛けてくるだろうか? 私はそれはないだろうと考える。テクニック勝負に出ても、経験豊富な内藤には敵わない。そのような戦い方をすれば、おそらく内藤の思う壺だろう。

となると、いつものようにガードをしっかりと固め、インファイトを仕掛けるようなスタイルで戦うだろうと予想出来る。体力とスタミナでは内藤を上回るであろう亀田が、勝つ方法と言えばこれしかない。

確かに内藤が、後半にスタミナ切れを起こしてくれればチャンスも見えてくるし、序盤でも内藤が打ち合いに応じてくれた場合に、一発でもいいパンチがヒットすればダウンを奪える可能性もある。

何にせよ、亀田は12ラウンドフルに戦うことを想定した練習はしてきているだろう。スタミナにも絶対の自信を持っているはずだ。


ただ、内藤は亀田がどのような戦い方を仕掛けてきても、柔軟に対応は出来るだろうなとは思う。亀田とはくぐってきた修羅場の数が違う。亀田の固い亀ガードも内藤には通用しそうもない。

それこそ、あらゆる角度からパンチを放ち、しかも独特のテンポでそれは飛んでくるため、亀田は想像していた以上にやり難いと感じるのではないだろうか?少しでも、混乱すれば内藤に完全にペースを握られてしまう。


私は、亀田はディフェンスに手一杯となり、反撃する暇もなく12ラウンドのゴングを聞くことになるのではないか?と予想する。ただガードを固めて内藤を追いかける亀田と、スイスイとかわしポイントを抑えた攻撃を見せる内藤・・・。

結局は、二年前の内藤大助vs大毅の試合展開の再現となりそうな気がする。私は、興毅を過小評価しないが、しかし内藤に追いついたと言えるほどの実力があるとも思わない。

辰吉vs薬師寺のように、互いに魂を削り、実力も拮抗した好勝負を期待するには、やはりまだ役者が足りないのかもしれない・・・。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑ラジオを聴いてくださった方は、こちらポチッと押して頂けると励みになります

0 Comments

Post a comment