(アニメ感想) クイーンズブレイド -玉座を継ぐ者- 第12話 「大志!玉座を継ぐ者」

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第6巻 [DVD]
クイーンズブレイド 流浪の戦士 第6巻 [DVD]
クチコミを見る




レイナとアルドラ・・・いよいよ最後の戦いが始まる。





↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるともっと嬉しいです



壮大な音楽も高揚感を高めるのに一役買っていたし、これだけ登場人物が多いにも関わらず、キャラクター個々のドラマ性にも惹かれるものがあり、割と安定したつくりにはなっていたと思います。

ただ、唯一残念だったのはレイナとアルドラの間には、何の因縁もドラマも存在しなかったところかな

そりゃ、クイーンズブレイドという大会に出場している以上は、レイナも優勝を目指す目的があるのだが、それ意外でこの二人の戦う理由は少々希薄に思える。

やはり物語として描く以上、必要性があって戦うという理由以上の何かが欲しいところなのです。そこが薄いおかげで、レイナとアルドラという最終決戦に対しては、強い思い入れを持って見ることが出来なかった。

他のキャラクターのドラマの構築がうまく出来ていた分、ちょっとヒロインであるレイナは不遇な扱いを受けていたように感じてしまうなあ~

最後のラスボスを皆でフルボッコはまさに、想像通りの展開過ぎて笑ってしまったかな。でも、これは十分にアリ! レイナVSアルドラ戦での消化不良感がある程度解消されたと思いますよ。


さて、結局変則2クールという形で展開されたこの作品。当初は、ただのお色気アニメだと思っていましたが、丁寧な積み上げによって構築されるドラマ性の高さには非常に感心させられるところがあり、十分に評価できるところはありました

細部での作りこみの甘さはありましたけど、これだけ多くのキャラクターを登場させ、2クールで物語を成立させる事はなかなか難しいと思うのです。

その意味では、1クールをほとんどキャラクターの掘り下げとして使うなどして、コンセプトを崩さず限られた条件の中での工夫といったものが見られた事は良かったですね

個人的には、ラナ君とアイリの関係が好きだったなあ~。音楽も極上で、世界観に良く合い、物語の壮大さを醸し出していました。アニメ化する意味は十分にあったと私は思っていますよ。

最後にスタッフならびに声優の皆様本当にお疲れ様でした。また、この作品の感想記事をこれまで読んでくださった方、ありがとうございました。よろしければ、感想等を聞かせてくださいませ・・・。


<12月16日水曜日夜11時からはアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送する予定>

12月16日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」では、一週間に放送された様々なアニメについて語っていく予定です。最近特に力を入れて語っているアニメはDTB2、とある科学の超電磁砲、君に届け、ハガレン等です。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?そして、もちろん他のアニメについても徹底レピュー!クイーンズブレイド、アスラクライン2、けんぷファー、にゃんこい!、戦う司書、生徒会の一存、とある科学の超電磁砲、聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)、犬夜叉完結編、そらのおとしもの、夏のあらし!春夏冬中、ミラクル☆トレイン、真・恋姫†無双、乃木坂春香の秘密ぴゅあれっつぁ♪、こばと。、君に届け、11eyes-イレブンアイズ-、ささめきこと、FAIRY TAIL、WHITE ALBUM、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK 流星の双子、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、うみねこのなく頃に等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://blog.seesaa.jp/tb/135347885
http://d.hatena.ne.jp/merkatz/20091210/1260417472

0 Comments

Post a comment