(アニメ感想) かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話 「やす菜の目に映るもの」

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2)




最近、とまり株急上昇!それに比べてやす菜株急下降。やはり、あの小悪魔的なところが(ちょっと違うかな?)世の男性から指示されない理由なのでしょうか?私はとまり萌えですが、なんか今回のお話しはかなりやす菜に気持ちが傾いてしまうようなお話しみたいですよ。早速見ていきましょうか!やす菜に告白されたことを思い悩むはずむ。宇宙仁にそのことを相談しても君の星では同性間の恋愛に規制があるのか?とあまり真面目に聞いてくれません。まあ、宇宙人だもん地球人の恋愛なんて相談してもしょうがないですよね~。そして、登校中に今度は明日太にも「好きな人っている?」思わせぶりな質問をぶつけるはずむちゃん。勘違いした明日太は「ハアハアハア」しかし、あっさりとはずむにかわされて撃沈の明日太は一人電柱に頭を打ちつけるのでした。明日太カワイソス・・・。

校舎のの下駄箱の前で楽しそうに写生大会の話しをするはずむとやす菜。そこへ、とまりが現われ今度の写生大会は一緒に書こうとはずむを誘います。複雑な表情をするやす菜を睨みつけるとまり・・これは、とまりのやす菜への宣戦布告と取ってもいいですかね?とまりカコイイ!なぜかこのプッチャンは応援したくなります

並子先生に言われ、美術室で昨年の写生大会の絵を取り出すはずむと宇宙仁。仁は去年書かれたやす菜の絵をはずむに見せます。しかし、そこには顔のない男子生徒の絵が書かれていて・・・。男性の顔が認識出来ないと言う病気。しかし、はずむの顔だけはなぜか書かれています。うーむ、じゃあなぜふったんだろ?でも、やっぱり、やす菜の事が可愛そうになってきた・・・うむむ、とまりとやす菜どっちを応援すればいいでしょう

写生大会、はずむと一緒に絵を書こうとやす菜ととまりが誘いに来ます。何となく、変な雰囲気なのを察したのか苦笑いのはずむ。いざ絵を描くとなると、二人は揃ってはずむの絵を描くと言い出します。風景を書くはずなのに・・・。以前書いた絵だと言ってはずむの似顔絵を見せるやす菜。それに対抗してとまりは小学校の時のはずむの絵を描いて見せます。今は女の子だから・・・と難癖をつけるやす菜にとまりは、はずむははずむだろうと!男らしい発言(笑)。しかし、この後最初の修羅場が・・・。

とまりの気持ちはよ~く分かります。はずむをふったのに、傷つけたのに何で一緒にいられるんだ!でも、ホントはそうじゃなくて、自分の好きなはずむをやす菜に取られるのが我慢できないんじゃないかなと思います。揺れる乙女心ってやつですか・・・。

やす菜ははずむに自分の秘密を告白します。そして、男の子の中で唯一見える存在だったのがはずむであることも・・・。なるほど、彼女がはずむの告白を断ったのは、関係が変わるとはずむまで見えなくなってしまうのでは、と言う恐怖からだったのですね。気持ちのすれ違い・・・はずむもとまりもやす菜も皆カワイソすぎです。でも、はずむがやす菜に気持ちが傾いている。いや、考えたらとまりの事なんて最初から意識してないんですものね・・・。もう最初から勝負は見えてるのか・・・。

そして、ここから一話の冒頭のキスシーンへと繋がります。バックに流れるエンデイング曲、スタッフロールへと移行します。なんて、ドラマチックな素晴らしい演出なんでしょう。鳥肌が立ちましたこの回が最終回でもいいとさえ思えました。はずむ、やす菜、とまり、それぞれの想いが伝わり素直に感情移入できました。本当に今回は素晴らしかった、その一言です。ここから終盤にかけて物語をどう盛り上げていくのか?ここで、はずむとやす菜の恋の決着はついてしまった感がありますが、これからとまりがどう盛り返していくのか?(でないとドラマにならないですものね)とても楽しみです。いやあ、でも3人の心情にここまで肩入れしてしまうとこから誰かが脱落するを見るのはつらいですね。でも、次回はとてつもなく楽しみです。

kashi06020900

0 Comments

Post a comment