★企画「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?6」の最終集計結果発表! PART2 07-GHOST、PandoraHearts、しゅごキャラ!!どきっ、蒼天航路 、バスカッシュ!、シャングリ・ラ

「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?6」の最終集計結果の記事PART2です。今回評価を掲載する作品は、「07-GHOST」、「PandoraHearts」、「しゅごキャラ!!どきっ」、「蒼天航路」 「バスカッシュ!」、「シャングリ・ラ」です。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51386217.html

(「シュガーバニーズ フルール」、「あたしンち」、「ヤッターマン2期」、「バトルスピリッツ少年突破バシン」、「亡念のザムド」、「チーズスイートホーム あたらしいおうち」、「アラド戦記~スラップアップパーティー~」、「イヴの時間」 )





この企画についての詳しい説明はこちらをご覧下さい↓



★「今期終了アニメ(9月終了作品)を評価してみないかい?6」



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります

☆07-GHOST

まず最初に紹介するのは「07-GHOST」。原作は雨宮由樹/市原ゆき乃の漫画作品。アニメーション制作は、スタジオディーン。キャストは、斎賀みつき、諏訪部順一等が出演。

WS000002


このレビューに参加して頂いた方の人数は38人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.57 キャラクター 3.74 画 4.21 演出 3.18 音楽 3.46  総合的な評価 3.08 総合点 20.24となっております。

まず作画面での評価が非常に高いです。とにかく絵が綺麗だった点に関しては満足した方が多かったようですね。ただ、ストーリーで意見が多かったのは、進行が遅いという事。特に前半にそれが顕著だったそうですね。他の評価に関してはわりと平均的。作画面のみで高評価を受けためずらしい作品でございました。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


橘の部屋様
http://blog.goo.ne.jp/etre_tachibana



07-GHOSTは、感想UPしていたので、そこで散々語ってましたが、
ミカゲを重要視するのは良いけど、やりすぎで失敗してますよね。
あれはどう見てもくどい。
前半、ミカゲの延命措置(原作よりも)のために、
テイトと教会側、特にフラウとの距離がなかなか縮まらなかったり、
テイトが悩みすぎるというか、うじうじするシーンが増えたのは、
個人的にも不満だったんですけど、
後半で原作寄りに戻ったときに、弊害も出てましたからね。
ほらごらんと思いました。

ミカゲが死んでからも、やたらと絡ませていて、
最終回でも何度も出てきた時にはげんなりしました。
ミカゲを嫌いにさせないでくれよと思いましたね。
ミカゲで泣かせるなら、どこか一点に絞るべきでしたよ、あれは。

それでもね、作画は綺麗でしたし、声優さん達の演技は素敵だった。
諏訪部さんのフラウにぞっこんな私としては、
フラウが動いて喋ってるのはやっぱり嬉しくて。
他のキャストもドラマCDのままだったことは、感謝しています。

アニメハクレンの顔が、原作以上に福山さんで、どー見ても福山さんで、
笑いました。
ランセが原作と違ってカッコ良くて、原作未読の人は勘違いしちゃうよなぁと
思いましたが、声が遠近さんでしたし、カッコ良いランセもちょっと嬉しい。
これで、ドラマCDとかで、本来の変人ランセも遠近さんが演じてくれたら
嬉しいんだけどなぁ。

評価のストーリー3点ってのは、ほんとは2点にしようかと思ったんだけど、
原作続いてる作品で、終わらせるのは難しいわけですから、
Pandra Heartsに比べたら、綺麗に終わらせた方かなと思うので。
音楽は悪くなかったけど、物凄く印象に残ってるわけでもなかったから。
特にEDは私は個人的にはあんまり~だったな。
あ、BGMは、アヤたんのBGMとかは良かった。そんなわけで3.5点。

前半のままだったら、もっと評価は低かったと思う。
後半色々と盛り上げてくれましたからね。それで持ち直した感じ。
フラウとテイトのシーン、良いオリジナルも入ったりしたから。
超色っぽいフラウも拝めて、あれには転がりましたからね。
うん、文句もいっぱいいったけど、感謝もしてる。



Girlish Flower様
http://girlishflower.blog20.fc2.com/


ストーリー
3歩進んで2歩下がって同じ場所でグルグルしてる…という
感じで、後半まであまりの進展の無さにかなり飽きが来ました。
司教試験だけは面白かったかな。

キャラクター性
キャラの行動原理の掘り下げが殆どされていなかったので、
感情移入できないまま終わってしまいました。
ただ、ハクレンだけは本当に良いキャラで好きだったので+1。
あとコナツはあんな可愛いキャラだったのに出番があれだけって
勿体無いですね。もっと見たかった。

総合的な評価
最後までほとんど進展が見られなかったアニメだったなー、と
いう印象しか残りませんでした。2クール目にハクレンが出て
来なかったから多分1クールで切ってたと思います。



つれづれ様
http://georg.paslog.jp/


いかんせん箱庭すぎました。ほとんどが教会での出来事でしたから。ミカゲ、ミカゲとしつこいわりにはころっとハクレンなのが何だか納得できません。でも、本命はフラウみたいな。2期があるとすればそちらの方が面白くなりそうですね。



☆PandoraHearts

次に紹介するのは「PandoraHearts」。原作は、望月淳の漫画作品。アニメーション制作は、XEBEC。キャストは、皆川純子、田村ゆかり等が出演。

WS000003

WS000004


このレビューに参加して頂いた方の人数は50人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.64 キャラクター 3.7 画 2.96 演出 2.92 音楽 4.08  総合的な評価 2.98 総合点 19.28となっております。

ストーリー面でかなり厳しい評価を受けていますが、しり上がりに良くなってきた作品という評判を聞いています。ただ、アニメオリジナルの話しはあまり出来が良くなかったという意見を幾つか見かけました。OPとEDも含めて音楽の評価は非常に高いですね。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


ぶろーくん・こんぱす様
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/


初めは微妙だったが、回を重ねるごとに評価が上がっていったスロースターター作品。作品数が多い現状ではこういう作品は見切られやすくてその分、損してる。
 原作が完結してないので終盤はアニメオリジナル。それは仕方がないが、あまりにも唐突だったな。例えるとゲームでメインルートを突き進んでいたけど、どこかでフラグを立て間違えて(もしくは初回は強制的に)、個別ヒロインルートに入れずに共通ノーマルエンドに来ちゃったみたいな?謎の解決は全て次回のプレイ以降で!てか。



満天の星空の下で様
http://glossyleaf.blog8.fc2.com/


何とも中途半端な作品になってしまいましたね。多くの謎を積み重ねておいて回収し切れていないし、せっかくストーリーに厚みを感じられるシーンがあっても酷く劣悪なギャグで全てを台無しにしてしまうという悪循環が多く見られました。原作との兼ね合いもあって終盤の質の低下は明白だったし、オリジナルで締めるのなら至るところで無駄が多すぎかたなと。視聴者の気持ちを奮い立たせるようなもっと明確な組み立てをして欲しかったですね。


真面目に働くアニオタ日記様
http://sumi4460.blog63.fc2.com/


はっきり言ってギャグ回の面白さはすごいw

シリアス回はオズの成長と共に人生哲学めいた話があったりw

それなりに楽しかったけどやっぱり楽しさならギャグ回だなw

ギャグ回でのキャラ立ちはハンパないw




☆しゅごキャラ!!どきっ

続いて紹介するのは「しゅごキャラ!!どきっ」。原作は、PEACH-PITの漫画作品。アニメーション制作は、サテライト。キャストは、阿澄佳奈、加藤奈々絵等が出演。

WS000005


このレビューに参加して頂いた方の人数は12人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.42 キャラクター 4 画 3.75 演出 3.58 音楽 3.75  総合的な評価 3.67 総合点 22.17となっております。

非常に高い評価をつけていらっしゃる方もいますが、全体的にはまずまずの評価といったところ。作品性が子供向けなのもあって、ストーリー面ではなかなか高評価を受けにくいのですが、その他の項目、特に画と音楽に関してはそれなりの評価がなされていると思います。特別大きな不満もなく皆さんそこそこ満足されたのではないでしょうか?


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


さすらい旅日記様
http://lonelycry.net/icon/ti04.gif


2年間にわたる「しゅごキャラ」も遂にクライマックスを迎えた訳ですが、
(続編は自分の中では既に黒歴史確定。なかったことにしています)
この作品は総じてクオリティが高かったと思っています。
変身シーンも使いまわしも少なかったし敵キャラも丁寧。
この辺りは往年のセーラームーンを感じさせられていました。



HDアニメを探して様
http://hdanime.blog47.fc2.com/


このアニメはどこにケチを付ければいいんだと言うほど完璧な作品だと思う。
こんな完璧なアニメが丸2年も続いたのは奇跡なんじゃないかと思うほどでした。
キャラの設定がちゃんとしているからキャラがうまいこと生きているので、大げさな話を作らないでも楽しく見れる。
評価項目のすべてが最高レベルの作品だったと思う。



藍麦のああなんだかなぁ様
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/


2年目ということで、「どきっ」がついた「しゅごキャラ!」ですが、歌唄ちゃんがメインから外れた時点で、実はあまり興味がなくなっていたという事実もあります。(苦笑)

原作も既読なんですが、原作の方がどきどきして楽しめます。やはり、テレビだと子ども向けに舵を切らざるを得ないので苦しいところもあるのかな。




☆蒼天航路

続いて紹介するのは「蒼天航路」。原作は、王欣太の漫画作品。アニメーション制作は、 マッドハウス。キャストは、宮野真守、草尾毅等が出演。

WS000006


このレビューに参加して頂いた方の人数は22人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.55 キャラクター 3.41 画 3.41 演出 2.91 音楽 2.91  総合的な評価 2.64 総合点 17.82となっております。

作画も雰囲気もかなりクセが強いため、そこに戸惑った方もおられたようです。ストーリーの評判が芳しくないのは、最後が中途半端であるのと、原作の展開をかなり端折っている感があったと言う意見が多かったためのようです。音楽も作品にあまり合っていないとの評価が多く、少々辛い点数になっています。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


ごーいん!アメイジア:様
http://trance2amasia.blog40.fc2.com/


ストーリー展開はこれくらいスピードでないと、到底オチないんだろうなとか思ったが、最終話の"オチを放棄したかのような字幕演出"は悪印象、脚本に対して-1
こんなことになるんなら、覚悟を決めて、幼少期の描写をバッサリ落とした方が良かったと思う。もしくは劉備のシーンを削るか。どちらにせよ、どこか"覚悟"の足らなかった印象が残りました。
とか言いつつ、次期に期待してます。



アニメ・マジメ様
http://gsa.air-nifty.com/blog/


歴史物が苦手な人でも、素直に曹操という希有な人物の波瀾万丈な生涯の物語として楽しめると思う。事実俺がそうだったから。丁寧にナレーションで解説を入れてくれるし、派手な戦闘シーンとそれについて回る頭脳戦の側面。本当に歴史が好きで三国志が好きな人がどうとらえるのかは定かではないけれど、俺はそれを知らないが故にこの作品を純粋に楽しめたような気がする。深夜アニメとは言え、首が飛びまくる、血が吹き出す演出は、派手さと同時にちょっとゾッとする。


* 夕暮れの景色 *様
http://boshoku.blog38.fc2.com/


この評価も辛くてすみません。これでもおまけしてつけています。
劇画タッチで濃いキャラクターたちが大集合でしたが、それは嫌いではありません。
ストーリーは、赤壁まで行くかと思ったのですが、この中途半端な終わり方。
ナレーションで話をどんどん進めていました。
そして致命傷。キャストが合っていませんでした。
中盤で、董卓@大塚さん、主役を食ってしまいましたよね。(苦笑)
BGMもこの場面で何?




☆バスカッシュ!

続いて紹介するのは「バスカッシュ!」。アニメーション制作は、サテライト。キャストは、下野紘、遠藤綾等が出演。

WS000007


このレビューに参加して頂いた方の人数は44人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 1.93 キャラクター 2.73 画 2.94 演出 2.76 音楽 3.69  総合的な評価 2.41 総合点 16.47となっております。

ストーリー展開の強引さを指摘する声が多数見受けられました。この展開についていけない方には少々厳しい内容だったようです。音楽面では、主にエクリップスの評価が高く、作画面ではCG技術や背景が良いと言う声も多かったのですが、その他の項目では辛い評価を受けています。監督交代騒動もありましたが、それは果たして効果があったのでしょうかね?


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


AILE's SILENT AREA (2)様
http://ailestrike2.blog45.fc2.com/


ある意味今期最も評価しにくい作品。
ストーリー、特に後半は超展開の連続にも見えるけれど…結局はこの物語・世界設定の根底に神話伝説が根付いてるというのを理解しているかどうかで見る目が大きく変わってしまうかもしれない。
これに関してはちゃんと見てる人はごく少数で、後はノリだけで見てるかさっさと見限ったかになってしまったかも。
キャラクターは個性豊かで好きだった。エクリップスは賛否両論あるけど個人的にはかなり好き。欲を言えばもっと物語に絡ませて欲しかったというのもあるけど…w
結局ヒロインはルージュだったかな。キャストクレジットが2ページ目のヒロインなんて珍しいというか見たことも無いけどwwwエンディング的には消化不良だったけど最終回の活躍はまさに真ヒロイン。
画は「キャラの作画」だけで見るとかなり悪く評価2レベルなんですが、アースダッシュの背景は数値振りきって7くらいつけてもいいくらいに綺麗だったし、CGも良かったのでこの評価。
音楽はエクリップス分がかなり大きいけれど、BGMも良いものが多かったので最高点。
個人としてはかなり楽しめたんだけど他人に勧められるかと言われるとちょっと厳しい作品。



屋根裏視聴覚室様
http://sugar.babyblue.jp/kotoani


ツッコミどころも多かったような気がしますが、まぁ、おもしろかったです。河森さん的には、巨人&アイドルはやっぱり欠かせないんだろうか……。

最終話まで見終わって気になっているのは、

1. ヤンとサウザントはスラッシュにハメられた(!)という理解でいいんだろうか?

2. ファルコンとヴィオレットは、位置づけがビミョウ。

1については、まんまです。それが伝説の玉遊びに使われるものだと知らずに、あの2人はレジェンド・バレットを打ち込んだというか、打ち上げたわけですよね?(スラッシュが「早い!」とか言ってるし)

2は、いやね、紀章さんは大好きだし、エクリップスも3人であることに依存はないですよー。キャラ性の問題でもない。

ファルコンは、アイスマンのライバルに位置づけられることで、ダンとアイスマンの関係が細くなっちゃっているのが気に入らない。アイスマンとファルコンがセットに見えることが気に入らないんだよなぁ……。ラスト、落ち込んだダンをもう一度引き上げるのにアイスマンが登場するシーンをもっと感動的にするには、アイスマンとファルコンの関係の固さがなんか邪魔なんです。

ヴィオレットは、アイドル・グループの一員として在ることに依存はないけど、無理に物語に噛ませなくてもよかったのかな、と。シトロンだけで事足りちゃっていた、というのが正直なところ。もし噛ませるのなら、もっと明確にシトロンとは違う役割を課してあげるべきだったでしょうね。

もう少しミーハーなレベルで感想をいえば、

 アイスマンがかっこよかった~~~(笑)

ほら、そもそもそれが目的で見てるわけだし(爆)
ラスト、アイスマンがドリブルを始めたシーンは、キタ━━━━(゚∇゚)━━━━ !!!!! と思いましたよ!!! やっぱ真打はゆうきゃんでないと(ぇ
ゆうきゃんの、ちょっとハイトーン気味な声というか演技というかキャラは、ものすごい好きなんです。ただただ熱血なよりは腹の底に怒りを抱えている感じが好き。なので、アイスマンは結構、私の好きなゆうきゃんを聞かせてもらえるキャラでした♪
その分、伝説リーグ編の前半で出演がなかった辺りは、なかなかにストレスでしたけど。



土星蜥蜴の「筆のすさび」様
http://lizardofsuturn.blog40.fc2.com/


ジグザグにパスされるシナリオっていうのに無理があった。その結果、見事に一本の筋を通すことができずに迷走を展開、伏線を多く配置して物語の裾野を広くしようとしたはいいけれど回収できずに微妙な最終回を迎えてしまいました。いや、なんとか回収しようとして無理筋を通しながらの最終回になってしまい、急で強引な印象を残すことになってしまったような…。ただ、前半8話のローリングタウン編は画に動きと勢いもあって、社会のルールを突き破るというアウトローな主人公の輪郭とともに血が熱くたぎるような展開を見せていて良かった。基本的な世界観やキャラクターの設定はさすがにきっちりしているため、薄っぺらな感じはしなかった。そのためか特段の崩壊を見せるわけではなかったのが、さすがというか、なんというかwエンターテイメント性なんか追求しなければ良かった…、というか、どっちつかずになったような。。頑張れ、オリジナルアニメ!!



☆シャングリ・ラ

続いて紹介するのは「シャングリ・ラ」。原作は、池上永一の小説。アニメーション制作は、GONZO。キャストは、高橋美佳子、中田譲治等が出演。

WS000000

WS000001


このレビューに参加して頂いた方の人数は65人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 2.16 キャラクター 2.95 画 2.75 演出 2.46 音楽 3.49  総合的な評価 2.43 総合点 16.25となっております。

炭素経済や地球温暖化等のキーワードが出てきていたにも関わらず、後半はその辺りの話しが置いてけぼりになっていたという意見が幾つか見受けられました。原作とストーリー展開が違うところが残念だと言う声もありましたね。作画や演出面でも目立った評価はなく、唯一音楽では黒石ひとみさんの曲に対しての言及がある程度でした。キャラクターはミーコやモモコなどの脇役キャラに対して好意的な意見が多かったものの、主人公である國子の影が薄かったとの声が多く見受けられました。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


MALTESE-CROSS様
http://blog.goo.ne.jp/tricera_1986


ストーリー
キャラの視点の移りが多くて
いま一つ伝わる物が伝わってこずと言った感じ。
最後まで香凛のいた意味が不明でした。
なんであんな上にクレジットされていたの?

音楽
世界観とすごくフィットしていたと思う。

総合的な評価
説明不足と絵の崩れがひどかったかなと



アニメ研究所様
http://dacapo3.blog7.fc2.com/


原作とはかなり違いますが、うまくアレンジしていると思いました。前半は地球温暖化の事も結構取り上げていましたが話が進むにつれその件が置いてきぼりになったことを少し残念でしたが。


サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改様
http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019


 特別どこが優れているというわけでもなく、かといって特別つまらないわけでもなく……個人的にキャラクター、特にオカマ二人やオタ爺さんが良かった。主人公・國子の一本気でさっぱりした性格も好感が持てる。最後の最後でお話が呪術寄りになってしまったのが残念だった。せっかくそれまで二酸化炭素で商売とか面白かったのに、アトラスを支えているのが科学を否定する方法だったとは。


↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

PART3に続く・・・

0 Comments

Post a comment