(アニメ感想) ノエイン もうひとりの君へ 第17話 「マヨイ」

ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻




アトリが回を追うごとに幼くなっているような気がするのは私だけでしょうか?確か公式の設定では22歳だったはず、しかし最近はハルカ達と大して変わらないように思えます。精神年齢もそうですけど外見もそうですね。まあ、フクロウやカラスがあんな風になってしまうと気持ち悪いだけですけどね(笑)。さて、ストーリーはさらに複雑になってきました。理解するのが大変です。まあ、ここからが本番だと思うので頑張ってついていきますよ~!それでは感想です。納戸の整理をしたいと言う母親の手伝いをするユウ。そこでユウは一台の古いビデオカメラを見つけます。母親の話しによるとユウが生まれた時父親が買ったものだと言います。何となくそれを手にしたユウですが、次第にそのカメラを手放せなくなってきます。そんな時、アイが両親の結婚式のカメラマンをユウにやって欲しいと頼みます。一方、ハルカの周囲に現われるようになったシャングラ人。ハルカはカラスにあの人達が会いたがっていると話します・・・。

ナンでしょう?この丹下作善は?(笑)クイナですけど、すっかり色気づいたこのオッサンは、どさくさにまぎれてコサギに愛の告白なんかしたりしちゃってます。しかも、相手の想いも聞かないで勝手にお前と生きる時空を探すとかワケ分からんことを・・・。やっばり、男は押しの一手でしょうか?コサギもあまり嫌がる素振りを見せないところなんかは、まんざらでもないのかなあと思ったりします。ところで、未来のアイですけどハルカとカラスを逃がした罪を問われて選民居住区から貧民地区に追放されてました。髪型も変わり、なぜか髪の色も元に戻ってました。雰囲気も昔のアイに戻ったみたいですね。そして、コサギですがクイナの愛を受け入れたのか、彼にもらった口紅を付けて現われます。しかし、カラスと戦わせてくれけじめのためにと、クイナに懇願するのでした・・・。

結婚式当日。おしゃれを決め込んで会場へと出かけようとするハルカですが、玄関を出たところでコサギに捕まってしまいます。が、そのピンチに駆けつけたカラスと激しい戦闘に・・・。

正直、めちゃくちゃほっとしました。コサギがこの回で死んでしまうんじゃないかと心配してたもので。やはり、クイナの愛を拒んで真の愛に生きることをコサギは決断したのですね。「また、おかしなのが増えてる~!」byジュン。いやあ、「ハルカとその愉快な仲間達」にコサギと言う新メンバーが加わるのでしょうか?だとしたらそれはそれで面白い。そのうちクイナまでコサギを追いかけてこの世界に来そうで怖いですね(苦笑)。今回は久しぶりに激しい戦闘が見られるかと思いきや途中でコサギが戦いをやめたので消化不良気味。しかし、次回の予告を見る限りはクイナとカラスが戦うみたいですね。やっぱり、クイナのおっさんはコサギを追ってきたのか・・・頼むからそっとしておいておくれ(苦笑)。と言うわけで次回にも期待です。

noein06021000

0 Comments

Post a comment