(アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第5話 「山踏ミ・世界ノ果テ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




初夏、クラウスの手で時告げ砦に届けられた何通かの手紙。



手紙の差出人を見て喜ぶカナタと、嬉しそうなノエル。

忌々しげに悪態を吐くリオと、そんな皆を少し寂しそうに眺めるクレハ。



第1121小隊の隊員達は、それぞれに違った反応を見せます。

そしてフィリシアの元に届いた一通の手紙。



そう、その手紙がカナタ達の運命を左右する、すべての始まりだったのです――!






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



前回の感想でも述べたけど、やっぱりこの作品はARIAに似ているなあ~と改めて思った。

今回の遠足(任務)でカナタ達は、この世界がどれだけ美しいかを知る事になる・・・。

うんうん、ARIAの灯里が小さなステキを見つける天才だったように、カナタによって見い出されるステキは、1121小隊の皆を感化していくんだよな

結局、この作品のやりたい事って、「軍隊でけいおん」とか「軍隊でARIA」とかそんなものなのでしょうか?

軍隊に部活の延長的ノリを持ち込んだ作品で、私はあまり成功例を見たことがないのですよね

例えば、戦場ヴァル・・・ゴホンゴホン! 結局、軍(戦争)とほのぼのって絶対に相容れない要素なのだろうと思うのです。

軍隊は、まさしくリアルの現場で、軍人の多くは真の意味でリアリストであると私は考えています

そりゃ、戦場でドンパチやるわけですから、そういった思考になって当然なわけです。

もっとも、この「ソラノヲト」の場合、カナタが所属する隊の駐留する地はあまり重要な拠点ではないという設定になっており、だからこのノリであっても無理はないという理屈は、通るでしょうね。

では、このノリでずっと継続していくのか?と言うと、そこが最大のクェスチョンなのです。


今回、カナタ達はこの世界のステキを見た後、最後この世界の滅びを目の当たりにしましたね

突如、現実を突きつけられた・・・それがどのような意味を持つのか?

この解釈については人それぞれ意見があるでしょうが、私には穏やかな日常の後に訪れる災厄といった暗示に見えて仕方がなかったのですよ

もちろん、過去の過ちを繰り返さないための教訓的な意味として捉える事も出来るでしょう・・・しかし、やっぱり分からん。

この分からなさは、作り手が受け手にこの先にやりたいことをあえて悟られないよう仕組んでいるものなのか?・・・いや、それすらも分からない。

結局、どこまでいってもこの作品は私にとって良く分からない作品なのです。まあ、スタッフが用意しているであろうこの先の仕掛けに期待するしかないですな。

<皆さんの今期お勧めアニメを聞かせて!「ピッコロのらじお♪」は2月03日(水) 夜11時より放送予定>

2月03日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、デュラララ!! 、ソラノヲト、おおかみかくし、とある科学の超電磁砲等の一週間のアニメを中心に熱く語っていく予定でございます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?ちゅーぶら!!、ソ・ラ・ノ・ヲ・ト、れでぃ×ばと!、おまもりひまり、バカとテストと召喚獣、ダンスインザヴァンパイアバンド、デュラララ!!、おおかみかくし、聖痕のクェイサー、はなまる幼稚園、のだめカンタービレ フィナーレ、刀語、とある科学の超電磁砲、、こばと。、君に届け、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47461868
http://kazus.blog66.fc2.com/tb.php/6676-d2d20e19
http://blog.so-net.ne.jp/nao-chan/2010-02-03/trackback
http://yosaba.blog42.fc2.com/tb.php/547-3f33e028
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/47463204
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296056/33229335
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/10448620330/e1c2a68b
http://blog.so-net.ne.jp/compeitoh/2010-02-02-1/trackback

0 Comments

Post a comment