(アニメ感想) 灼眼のシャナ 第18話 「砕ける願い」

灼眼のシャナ 1




さて、新章に突入して大きくストーリーが動き出した感のあるこのアニメですが、吉田さんもフレイムヘイズと接触して、今回もさらに進展があるようです。シャナピンチか?いやあ、色んな意味で修羅場になってきて目が離せないですよ。というわけで感想です。カムシンからこの世の真実を告げられ大きなショックを受けた一美。そして、彼から片眼鏡を渡され悠二がトーチであるかを調べることに・・・。ミサゴ祭当日、千草に浴衣を着付けてもらってご機嫌のシャナ。早く悠二に見せたいと彼の帰りを待ちますが、いつもの時間になっても帰ってきません。そんな頃、悠二はと言うと一美にミサゴ祭りに誘われ、待ち合わせの場所へと向かいます・・・。

何この「シュラバル」気満々の布石の数々は?さあ、メロドラマのような雰囲気になって参りました・・・皆様ついていけているでしょうか?しかし、今回はシャナの表情を随分と丁寧に描いているのが印象的です。悠二に早く見てもらいたいとはしゃいでいるシャナはいつもより幼く見えますね。勉強やスポーツが出来てもやっぱり、精神年齢は子供なんですね。

千草の提案で直接祭りの会場に赴いて、悠二を探すことにしたシャナ。一方、悠二と共に縁日の中を歩く一美は浮かない顔。カムシンからもらった片眼鏡で、悠二を見ようとしますがなかなか決断がつきません。が、意を決して片眼鏡を覗こうとしたその時・・・。

あの教授ってなんとも、セーラームーンのあの眼鏡を想いだすのですけど・・・。イカレたところも、蛍の父親そっくりですわ。さて、いよいよ新たな敵の出現となったわけですが、吉田さんも悠二がトーチであることを認識したようです。そして、さらに悠二といるところをシャナに見られてもう大変!(笑)悠二がトーチであることを知り、その場を逃げ出すように走り出す吉田さんを悠二は追いかけようとしますが、シャナがそれを止めます。「そんなのほっておけばいい!」と・・・。どう見てもメロドラマです、本当にありがとうございました(笑)。しかし、このシーンなぜかかなり凝っててシャナや悠二の顔の表情がかなり良く動きます。そんなに重要な部分ですかね?

さあ!盛り上がってきましたよ~!!」とは教授の言葉。まさしくと激しくそれに同意したのは私だけではありますまい。封絶の中、佐藤と悠二、シャナと吉田さんが接触。なんですかこの超展開は!!今までで一番ワクワクした場面かもしれません。緒方さんが田中に告白したみたいですがこれは取り敢えず置いといて・・・この混乱の中(自身の心も大きく揺らいでますけどね)シャナ達がどう戦っていくのか楽しみですね。その前に吉田さんを前にしてシャナが冷静でいられるかですね。今まで味わったことのないあふれ出す感情に大きく取り乱さなきゃいいですけど、まあ取り乱しているのは吉田さんも一緒ですが・・・。いやあ、次回はホンキで楽しみです。あっ、マージョリーの「バインバイン」は目に毒でした(笑)。

shyana06021200

0 Comments

Post a comment