(アニメ感想) デュラララ!! 第9話 「依依恋恋」

デュラララ!! 3 【完全生産限定版】 [DVD]
デュラララ!! 3 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る




矢霧製薬の重役である矢霧波江は苛立っていた。最愛の弟・誠二の居場所が掴めないからだ。その行方を捜すため、波江は新宿の情報屋・臨也との接触を持つ。行方を捜されていることなど意に介さない誠二は、首に傷のある女と共に、池袋の街をさまよい続けていた。なにかに怯えたように「遠くへ行こう」と手を引く女に、愛おしげに優しく微笑む誠二。一見穏やかに見える光景はしかし、そこに偶然居合わせた人物と、女の突然の悲鳴に掻き消えた。



☆<03/07更新>前回、デュラララ!! 第8話 「南柯之夢」の感想をポッドキャストにて収録!

「あの首はセルティのクローン?張間さん整形疑惑も・・・」、「展開が遅いという指摘。実際のところはどうなのだろう?」、「ダラーズのトップについての考察」等、パーソナリティ、リスナー様の間でも議論が白熱しましたので、是非聴いて見てください↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)デュラララ!! 第8話 「南柯之夢」感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



<セルティの首と誠二との関係、誠二の側にいた女の正体・・・色々判明しましたが・・・>

この作品は考察のし甲斐があるのですよね。と言うのは、大体一話一話でそれなりの情報が提供されますから、そこから汲み取って色々と想像する余地があるのですよ。

原作既読者の話しを聞くと情報が小出しにされ過ぎているらしいのですが、だからこそ考察する楽しみがあると言えるでしょう。ただ、その分多くの謎が後で一気に明らかになっていくというカタルシスはあまり味わえないかもしれないですけどね。

という事で、今回は前回私の中で引っかかっていた謎が幾つか解消されました。まず、誠二がなぜセルティの首の事を知っていたのか?についてですが、これは誠二の叔父がセルティの首を手に入れていて、それを幼い頃に見ていたからだったのですね。

それともう一つ、張間は誠二に殺されていました。いやあ、張間の肢体の側て平気な顔してカップラーメンをすする心境は私には全く理解出来ませんでしたけど、どうやら波江がこの後、張間の肉体にセルティの首を挿げ替えたようです。

もっとも、あれが本当にセルティの首だったのかは確定していません。先日放送したネットラジオで、「セルティの首のクローンがあるんじゃないか?」という説があり、私もその可能性はあると思っています。だから、セルティの首のクローンを張間の肉体に移植したという事も考えられるのですよね。


<セルティの首を持つ女、首なしのセルティ・・・それはこの作品のテーマを探る上での鍵を握る?>

しかし、気になるのは、張間さんの肉体には別の女の首が挿げ替えられたわけだから、もう彼女は張間さんであるとは言えないですよね? 彼女の記憶は首の除去と共に完全に失われたと考えるのが常識でしょう。

では今の彼女の記憶や人格はセルティのものと言えるのか? しかし当の本人は何も覚えていないと言うのですよね。

では、「あなたは誰なの?」。

まさにこれですね、自分は誰で何者なのか?・・・それを探る旅はこの作品のテーマと大きく関係しているような気がします。この事を踏まえて見るとセルティがこの作品における立ち位置も理解しやすい。

私はこの作品のテーマを語る時に繰り返し言っているのが、「登場人物達が何かを探しているのは、結果的に「自己の確立」を目指しているからであろう」という事。この自己の確立は「自己の承認」と「他者からの承認」の両方を得られないと成し遂げられないと私は考えています。

セルティは、記憶にはありません、そして自分の存在の象徴とも言える顔もない。彼女にはとても大きなものが欠けているのです。「自分が誰で、何者なのか?」このテーマを体現している存在だと言ってもいい。

でも、セルティには実はすでに居場所があって、そして彼女はそのコミニュティにおいて仲間達の承認を得ているのですよね。だから後は「自身の承認」だけなのです。

自身の首と、記憶を取り戻すことにどれだけの意味があるのか? その答えをセルティは見い出さなくはなりません。


一方で張間も、確かな愛はあるが、記憶はないという状態。その愛を突き詰めた先に何があるのか?それは自己のルーツを探る旅でもあるのですよね。その果てに見出される答えとは・・・いや、この二人の今後には注目です。


<歪な愛・・・誠二はピグマリオンコンプレックス(人形偏愛症)なのか?>

この作品に登場する多くの人物はどこか歪んでいるのですが、取り分け、誠二と波江の二人は気持ち悪く感じてしまうのですよね。それはなぜなのか?を私なりに分析した結果、この二人の共通性が見えてきたのです。

一番分かりやすいキャラクターは誠二ですね。彼はセルティの首を一目見た瞬間からその虜となってしまいました。意志を持たず、ただそこにあるだけの存在に恋をするなんてやっぱり変なんです。

ただ、これは「ピグマリオンコンプレックス」であると見れば納得が出来るのです。「ピグマリオンコンプレックス」とは人形偏愛症の事。つまりは、魂のない対象である人形を愛してしまう性癖ですな。

過去の回想で、姉から与えられた人形を誠二が嬉しそうにいじっている姿が印象的でしたが、そこからも「ピグマリオンコンプレックス」の気があったことが示されていると思います。


そして、波江も誠二と同じく「ピグマリオンコンプレックス」なのではないかな?と思うのです。実は、「ピグマリオンコンプレックス」には「人(主に女性)を人形のように扱う性癖」も含まれます。

波江の愛って押し付けの愛なんですよね。まるで、誠二の全てを理解し許容しているかのような言い方をしていましたが、実際には弟の意志や想いなど関係なく、自身の愛をただひたすら注いでいるような感じです。波江にとって誠二は人形なのですよね。

ちなみに、人形愛は「ナルシシズム(自己愛)」であるとも言われているんです。つまり自分の理想を人形に全て投影するわけですね。誠二と波江の気持ち悪さって突き詰めると、この「ナルシシズム(自己愛)」にあるのではないでしょうかね?


ともかくどうしようもなく歪んでしまっている二人。張間さんを匿っている帝人は大ピンチです。そして、この状況を楽しんでいる折原・・・やっぱりこの男は極悪だわ。

しかし、いよいよここからが、「デュラララ!!」の本領発揮!といったところかな。是非期待通りの事をやって欲しいものですね。

< アニメ大好き! ピッコロのらじお♪」は3月05日(金) 夜11時より放送予定>

3月05日(金)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、バカとテストと召還獣、ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド、君に届けの一週間のアニメを中心に熱く語っていく予定でございます。

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?ちゅーぶら!!、ソ・ラ・ノ・ヲ・ト、れでぃ×ばと!、バカとテストと召喚獣、ダンスインザヴァンパイアバンド、デュラララ!!、おおかみかくし、聖痕のクェイサー、はなまる幼稚園、刀語、とある科学の超電磁砲、、君に届け、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/887aa1f0ed55802ca5be7838daf65877/75
http://sk61history.blog72.fc2.com/tb.php/164-fae1247e
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foxyblue/51421059
http://i-chancamcam.jugem.jp/trackback/1340
http://2ndseaside.blog34.fc2.com/tb.php/33-9af1413d

0 Comments

Post a comment