(アニメ感想) 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第7話 「A Tea Party」

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲(3)




前回の件、まあ成り行き上仕方なかったとは言えあれから、有人とありすの仲が急接近したように思えます。お互いが意識しだしましたし、きらはもその二人のただならぬ様子にあせりと危機感を募らせていってるのではないでしょうか?さあ、いよいよ今日は修羅場かしら?(笑)感想です・・・。前回の有人とありすのキス事件以来、何となく兄有人と距離を置くようになったきらは。そんな彼女を朝早くから、キサが遊びにへと誘います。きらはが有人の事で落ち込んでいるのを見て、キサは彼女を励まそうとするのでした。一方、有人はありすを呼び出し二人でデート。本の世界でのキスは決して浮ついた気持ちでしたのではなく、有人の本当の気持ちである事を告白。そして、その気持ちに答えるありす。しかし、その二人のデートをきらはが見かけて大きなショックを受けてしまうのでした・・・。

有人とありすの関係は正直どうでもいいのですけど、キサが弱っているきらはを見て勝負かけてきたのが何とも(苦笑)。いや、ホントに励まそうとしているだけで下心なんて一切ないとは思うのですけどね。まあ、この小百合はこのアニメの一番の見せ場(笑)だと思うのでキサには勝負かけてもらって愛を勝ち取って貰いたいですね。それにしても、アリス能力者との戦闘が唐突で一瞬録画が途中で切れたのかと思ってしまいました(汗)。

有人のことでさらに落ち込むきらはを心配したキサは、有人に直接電話しようとしますが緊張のあまり声が出ずに失敗。そこで、今度はありすを呼びたして話しをすることに・・・そして意を決してきらはの事を切り出すのでした・・・。

有人に電話したキサが「ハアハアハア」あのぉ、大丈夫っすか?隠したつもりが「ですの」の語尾で有人にキサであることがバレ、今度は逆ギレ。さらには、ありすを呼びたしたもののなかなか切り出せず、勢いをつけるために紅茶一気飲み。この子もうダメポ・・・。でも、お兄ちゃんの足を踏んづけて「ふーんだ!」と言って去っていくきらはに「ですの~!」と同調してこれまた去っていくキサの図は最高に笑えました。そして、最後はきらはの着た水着にハアハアのキサ、やっぱり、この子面白いわ!(笑)。ストーリーは相変わらず退屈ですが、なんかアリス能力者との戦闘も今回は手抜きでしたしね。もう、キサだけが希望の星ですね。来週もキサウォッチに励みたいと思います(笑)

ALICE06021500

0 Comments

Post a comment