★企画「今期終了アニメを評価してみないかい?7(12月終了作品)」最終集計結果発表! PART5 獣の奏者エリン、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK -流星の双子-、青い文学シリーズ、そらのおとしもの

今期終了アニメを評価してみないかい?7(12月終了作品)」の最終集計結果の記事PART5です。



今回評価を掲載する作品は、獣の奏者エリン、空中ブランコ、DARKER THAN BLACK -流星の双子-、青い文学シリーズ、そらのおとしものです。



PART1の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51521530.html

(「フレッシュプリキュア!」、「こんにちは アン ~Before Green Gables」、「鷹の爪 カウントダウン」 )



PART2の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51523515.html

(けんぷファー、うみねこのなく頃に、乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪、アスラクライン2、11eyes )



PART3の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51525182.html

(クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者、聖剣の刀鍛冶、WHITE ALBUM 後半、真・恋姫†無双、夏のあらし! 春夏冬中 )



PART4の記事はこちら↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51525245.html

(生徒会の一存、ささめきこと、NEEDLESS、にゃんこい!、ミラクル☆トレイン ~大江戸線へようこそ~ )



★「今期終了アニメ(12月終了作品)を評価してみないかい?7」



にほんブログ村 漫画アニメブログへ

↑よろしければ、こちらポチッと押して頂けると励みになります



☆獣の奏者エリン

続いて紹介するのは、「獣の奏者エリン」。原作は、上橋菜穂子のファンタジー小説。アニメーション制作は、Production I.G、トランス・アーツ。キャストは、星井七瀬、鈴村健一なとが出演。

WS000000


このレビューに参加して頂いた方の人数は28人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 4.14 キャラクター 3.68 画 3.18 演出 3.75 音楽 3.71 総合的な評価 4 総合点 22.46となっております。

ストーリー面で高い評価を受けていますね。一年という長い期間においてもこれだけの評価を受ける作品は少ないでしょうね。また演出面についての言及が多く、キャラクターの心理描写や残酷描写の表現等を評価する声が多かったですね。一方で、作画やエリンの声優の演技についての酷評もあり、全体的な評価としてはそこそこというところに落ち着いています。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


日々の記録様
http://ylupin.blog57.fc2.com/


ストーリー
後半がかなり重かったですが、前半の名劇的なノリはよかったです。

キャラクター性
主人公だけでなく、敵役のダミヤなども魅力的でした。

総合的な評価
若干不安定な部分はありましたが、1年を通した大作で見応えがありました。



時は巡れど様
http://tori-toki.at.webry.info/


まさしくNHK教育の名にふさわしい、「様々なものを学ぶこと」の出来る作品。
動物愛と親子愛の両立。キャラクターの心象表現。特に、エリンの視点を通して、何が正しいことなのか、考えさせられる作品でした。
他にも、BGMや劇中歌の挿入の仕方や残酷描写の表現の仕方。雰囲気の形成や盛り上げ方など、演出面での完成度も評価したいところです。
この優れた演出や絵の性質もあって、さながら寓話でも見ているようでした。
難点を挙げるのであれば、主人公のエリンの棒読みが、特に終盤にかけて、目立っていたように感じたところ。
他には、対象年齢が云々ということもあるが、一部の劇中歌で少し笑いが出てしまったりしたところでしょうか。
しかしながら、いずれの項目をとっても申し分ない完成度。様々な人にお勧めしたい傑作でした。



ジャスタウェイの日記☆様
http://kagura77.blog99.fc2.com/


ストーリー
この世に生きるものがなぜそのようにあるのかが知りたくて、たどり着いたのが「王獣」
しかし、その王獣が人の掟に縛られていると知って、掟と戦うエリン。
結局は人のもとにあって獣を利用してしまったけれど、いつの間にか獣との間に絆ができていたのでした。
と、NHKにはお似合いのテーマ。

キャラクター性
キャラはいいんですけど…
オリジナルキャラの扱いもさほど文句はないんだけれど、
エリン@星井七瀬さんの演技が残念。
特に決意した時などの低い声がかつぜつ悪いから、いいシーンで残念だった。
しかし、イアル@鈴村さんやダミヤ@石田彰さんはすばらしかった♪

総合的な評価
原作知っていたので、途中のオリジナル話が寄り道というか、遠回りというか~
時間稼ぎのように感じて、途中何度か視聴をやめようかと思ってしまいました(汗)
別に1年放送でなくても良かったのではないかと(汗)
おかげでジョウンが亡くなってからの時間が酷く遠く感じました。
でも、全体的には原作どうりでいい感じ。
ただ、欲を言うならジェシを出すなら、旦那さんも出して欲しかった!




☆空中ブランコ

続いて紹介するのは、「空中ブランコ」。原作は、奥田英朗の小説。アニメーション制作は、東映アニメーション。キャストは、三ツ矢雄二、杉本有美などが出演。

WS000001


このレビューに参加して頂いた方の人数は84人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.86 キャラクター 3.89 画 3.33 演出 3.99 音楽 3.78 総合的な評価 3.95 総合点 22.8となっております。

演出の奇抜さに対しての言及が多かったのですが、最初は違和感があっても途中からこれを受け入れてしまう人も多かったようです。作品性に合っていたという評価が多く見受けられました。演出やキャラクターの言動の奇抜さに反して、取り扱うテーマは心の病という重いテーマでしたが、その問題解決方法も個性的でそこに面白味を感じられた方も多かったようです。が、演出が気になってストーリーに集中できなかったという意見も幾つか見受けられました。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


よろず屋の猫様
http://plaza.rakuten.co.jp/yorozucat/


好き嫌いが凄く分かれる作品だったと思います。
私も最初の頃はやり過ぎと思ってましたが、人間って慣れるもので、癖の強さが余り気にならなくなってからは、俄然面白く感じるようになりました。



蒼い月と宵待草様
http://phosphormoon.blog19.fc2.com/


ストーリー
基本1話完結ですが、各話のゲストキャラが違う話に絡んできているのは
面白かったですが、もっと絡ませてほしかったかなと・・・

ちょっと心の悩みがあって、その原因を見つけて
それが解決してカタルシス!というのを30分でちゃんとやっていたのは
評価したいです。

ですが、その解決の過程があまり描かれていないと思いました。
精神病を持ってきた以上、ちゃんとそこは描く必要があると思うのですが、
正直見ていて、「自分でちょっと考えを変えれば解決する」程度の問題にしか見れなかった。
この作品の一番のキモである問題を解決する過程が、軽い扱いだったかなと思います。

多分その「自分でちょっと考えを変える」ことすらできないのが精神病であって、
これ精神病というより、カウンセラーに悩みを聴いてもらう程度の方があっていたんじゃと思います。

原作読んでないので、原作も軽い感じで書いているのかもしれませんし
もしかしたら結構丁寧に書いているのかもしれませんが
アニメ単体として見ているこっちはわからないので、
2点で。

キャラクター性
いやー!たってましたね、キャラ(笑)
伊良部の変身も面白かったかなあ

また、声優さん本人=キャラだったで
キャラと声優さんは概ね合っていたと思います。

総合的な評価
なんでこの演出をオリジナル作品でやらなかったんだろうと思います。

演出自体が目についてしまうため、あまりストーリーが心に入ってこないから
頭でストーリーを追ってしまう→なのであまり感動しない
という印象でした。

でも新しい演出にチャレンジしたこと自体は評価したいと思います。
このような新しい試みはノイタミナ枠だからこそできたとも思いますし。

なので2点

次は、新しい演出で、それにあうストーリーで作品が作られることを期待します。



Spare Time様
http://strawcat.blog12.fc2.com/


とにかく最初から最後まで個性的な作品でした!
実写とそうじゃない部分もアンバランスさやキャラデザインの奇抜さに初見ではびっくり
しっぱなしでしたが、見ていくうちに慣れてていつのかにか不思議なほどっぷりはまりました♪
とにかくキャストも豪華でしたし、いつもはそんなに出てこない声優さんが前面に押し出されて
いるのが楽しかった!
全話通してみてみると細かいところで伏線がちゃんと張られていたり、キャラ同士の繋がり
がわかったりと演出面でも面白かったと思います。
独特な雰囲気があるので好みはわかれるかと思いますが、一度は見てもらいたいなと!
なんだかんだいいつつしっかりと患者の悩みや症状を解決してる伊良部が凄かった。
一応病気の症例の勉強にもなりましたしね(笑)




☆DARKER THAN BLACK -流星の双子-

続いて紹介するのは、「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」。アニメーション制作は、ボンズ。キャストは、木内秀信、花澤香菜などが出演。

WS000002
WS000003


このレビューに参加して頂いた方の人数は84人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.28 キャラクター 3.89 画 4.19 演出 3.95 音楽 3.77 総合的な評価 3.7 総合点 22.79となっております。

ストーリー面では最終回についての言及が多く、賛否両論でした。しかし、最終回の結末について納得が出来なかったという意見は多かったように思います。一期の方が面白いといった感想も見受けられましたが、全体評価としてはそれなりのものに落ち着いています。やはり、作画や演出面で評価された事が大きかったようですね。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


眠くなんかないんだからねっ!様
http://ameblo.jp/lucchini/


1期を観てないので視聴予定になかったのだけど

たまたま1話を観たらおもしろそうだったので視聴。

途中で中断して1期を観てから再開して視聴したのだけど

1期を観てからの方が確実におもしろいかと思う。

1クールという短い話数としてはうまくまとまっていたのだけど

やっぱ2クールくらいで観てみたかったかなとも思う。

バッドともグッドともどちらともつかないエンドだったけど

妙にすっきりとするような良い終わり方だった。

そらのおとしものとは別な感じで最後まで楽しんで観れた作品。



戯言スペース様
http://blog.goo.ne.jp/masato517


ストーリーを追っていけず、バトルシーンを楽しむので精一杯だった。
ラストの方詰め込みすぎで、蘇芳の一人語りのシーンなんてポカーン。
ネットで感想サイトを巡れば幾らかわかるでしょうが、そこまでする気にならない。
僕なりに思うことはこのDTBという作品は、謎をばら撒いて翻弄し、
食いついてきた人をターゲットにした作品なんだと思います。
考えるのが面倒な僕には付いていけませんでした。

以上で……。ささめきは終盤がいまいち盛り上がりに欠けたので
少し評価が厳しくなってしまいました。
ピッコロさん集計がんばってください。



白狼PunkRockerS ~白に染めろ~様
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/


ストーリー
前作のヒロインが大した出番もなく最後には死んだだけ
カタルシスのないラスト
続編にしては変化球すぎやしませんか

キャラクター性
ヘイさんが何を考えているのかよくわからなかった
銀と離ればなれになったところをDVD特典映像に収録って。
本編に入れなきゃあ

総合的な評価
他の要素が優れていても、最終回が「え?これで終わり?」では・・・




☆青い文学シリーズ

続いて紹介するのは、「青い文学シリーズ」。名作文学作品のアニメ化。アニメーション制作は、マッドハウス。キャストは、堺雅人、高木渉などが出演。

WS000004


このレビューに参加して頂いた方の人数は25人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.93 キャラクター 3.61 画 4.52 演出 4.18 音楽 3.39 総合的な評価 4.06 総合点 23.69となっております。

作品ごとに監督が変わり、作品の雰囲気も全く別物となるため評価は難しかったと思います。作品によっては新しい解釈や大胆なアレンジを加えているものもあり、これについては意見が分かれたようです。ただ、作画も含めてどの項目も平均して高い評価を受けており、全体評価では高い得点になりました。一つの作品に絞った評価というのも見てみたいですね。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


軒下倉庫様
http://kuragome.blog57.fc2.com/


ストーリー
原作の評価ではなく、アニメ単独として評価するなら、主観ではこれくらいの平均点になるでしょうか。自分が抱いてた原作のイメージとは遠かった作品には、やっぱり厳しめの感想になることが多かったです。

キャラクター性
堺さんの演技は思ったより違和感なくて良かったけど、本職でない方が、体格も性格も全く違うキャラを、声だけで演じ分けるのは大変だろうなぁ、なんてことをしみじみ思いました。

総合的な評価
独立した6作品なので評価は難しいんですが、どの作品も完成度は高かったので、またこのシリーズはやってほしいと思えました。特に「走れメロス」に関しては、ちょっとびっくりするくらい良かったです。



ゆる本 blog様
http://arpus.blog121.fc2.com/


名作劇場で新しい解釈と演出を用いたのは面白かったが、
文学とキャラデザが好きでないと・・・



Girlish Flower様
http://girlishflower.blog20.fc2.com/



作品によるのですが、丁寧に描かれていて良かったかと。

演出
どの作品も演出に力が入っていたと思います。好きなのは
走れメロスと人間失格、地獄変かな。

総合的な評価
原作の内容を知っている作品も知らない作品もあったのですが、
どの作品も楽しんで見られました。他の文学作品もこういった
形でまたやってくれたらいいな、と思います。




☆そらのおとしもの

続いて紹介するのは、「そらのおとしもの」。原作は、水無月すうの漫画作品。アニメーション制作は、AIC A.S.T.A.。キャストは、保志総一朗、早見沙織などが出演。

WS000005
WS000006


このレビューに参加して頂いた方の人数は84人。

各項目の平均評価点は、ストーリー 3.64 キャラクター 4.33 画 4.4 演出 4.28 音楽 4.05 総合的な評価 4.19 総合点 24.88となっております。

やはり、パンツの渡り鳥回は強烈なインパクトを残したようで、そのことに関する記述は多かったですね。多くの方が、バカをやりきったことに対しては評価していたようです。また、EDが毎回変わり、音楽も懐メロを採用していたことに関しての反応も多かったですね。ストーリーは後半のシリアス展開に関しての意見が分かれ、少々伸び悩みましたが、それ以外の項目では4点以上を獲得し、全体評価も高いものとなっています。


それでは、早速評価して頂いたサイト様のコメントを抜粋して紹介させていただきます。


二次元美少女って素敵ですよね。様
http://nokko011.blog85.fc2.com/


ストーリー
予想以上のストーリー展開。面白さは今季抜群だったと思う。エンジェロイドの心と言うものを上手に表現。

キャラクター性
智樹をはじめ各キャラ素晴らしい個性。智樹のエロ、そはらのツッコミ、守形のズレ具合、会長の非道徳心
イカロスの天然ぶり、ニンフのツンデレとパーフェクトに近いフォーメーションww

総合的な評価
予想外の評価でした。放送前には視聴当落線上の作品にも関わらずフタを開けてみれば素晴らしいアニメでした。
唯一の減点ポイントは最終回。あっさり終わっちゃったのがもったいないと感じるからで作品自体には問題無!!



日々改訂様
http://togonakoko.blog19.fc2.com/


序盤の『空を飛ぶパンツ』のインパクトが大だったために、後半の失速っぷりが目立ってしまった感じがします。
特に中盤以降は茶番過ぎる話が何度かあり、それが全体の評価を下げてしまっています。
最初が良かっただけに後半の失速は勿体ないなと思いました。



夕凪の一瞬様
http://yuunagi430.blog61.fc2.com/


空飛ぶパンツwww 最初はネタアニメかと思ったけど最終的に良い終わりだったなぁ
まぁエロいの一言に尽きるけどねっ



各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表に続く・・・

0 Comments

Post a comment