(アニメ感想) おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第4話 「野球シンドイ」

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る




1死一・三塁で回ってきた三橋の打席。百枝このチャンスを活かすべく、三橋にヒッティングの指示を出す。

一方、三橋は、投手の負担が軽くなるように"コールド勝ち"を狙うチームに少しでも貢献したいと強く思いながら打席に入る。

「投手としてチームに必要とされている」という事実を受け止め、その思いをぶつけるようにバットを振るう三橋だが…。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



孤軍奮闘する崎玉のピッチャー市原。味方の援護も期待出来ない上に、キゃッチャーの大地のリードがあまりにも未熟・・・彼からすれば本当に一人で野球をやっているような気分になるでしょうな

この場合、「気にしないで」という小山の言葉は逆効果になってしまう。彼からすれば、リラックスさせようとしているのだろうけど、誰にも助けてもらえず一人で懸命にマウンドで投げている市原にとっては余計孤立感を深めるものとして作用してしまうのではないのかな?

だから、市原が小山に本気の怒りをぶつけたことによって、本気の対話が出来たのはいいことだったのですよね。本当は、ここに至るまでにもっとこんな話し合いをすべきだったのですが・・・。

市原の言うとおり、これまで彼らは考えて野球をしてこなかった。負け癖がついて、チーム内に諦めが蔓延していたというのもあったのかもしれない。でも、敗戦の重荷を一番に背負うのは投手なんですよね

市原のそんな重荷をチーム全員が背負えるチーム作りがもっと早くに出来ていれば、他の選手の自覚も芽生え、今よりはマシなチームになったかもしれないのに・・・もったいないな。


一方、西浦はと言うと、やはりこの試合の鍵を握るのは花井でありましょう。おそらく、百枝はこの試合で花井を男にしようとしているのだろうと私は考えていましたけど、やはり彼女はそれを目指しているようです。

ただその前に、花井の中でもっと強い自覚が芽生えなくてはなりません。ところが、チームメイトや監督の言葉がいちいち引っかかってしまう花井君・・・いやいやこの試合、彼には苦しんでもらいましょうか

田島君を意識し始めているのはいい傾向ですよ。今は大きく心が揺れ動いているけど、チームの中における自分の役割は、力の証明によって、自覚していくものなのです。目覚めろ花井!!

<「アニメ評価企画8」中間集計結果発表!!「ピッコロのらじお♪」は4月28日(水) 夜11時より放送予定>

4月28日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、当ブログの企画「今期終了アニメ(3月終了アニメ)を評価してみないかい?8」の中間集計結果を発表いたします。2010年冬期に放送されていたアニメ、とある科学超電磁砲、君に届け、バカテス等、一体どのような作品がどう評価されたのかを予想しながら一緒に楽しみませんか?

また、Angel Beats!、鋼の錬金術師、デュラララ!!等のアニメ語りも行っていく予定です。是非お楽しみに!!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?けいおん!!、Angel Beats!、荒川アンダー ザ ブリッジ、閃光のナイトレイド、裏切りは僕の名前を知っている、kiss×sis、薄桜鬼、WORKING!!、おおきく振りかぶって~夏の大会編~、デュラララ!!、聖痕のクェイサー、刀語、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://takewings.jugem.jp/trackback/1428
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ec1800ed074e25c531556386ad206168/6d

0 Comments

Post a comment