(アニメ感想) Angel Beats! 第6話 「Family Affair」

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る




生徒会長代理である直井君の暴走・・・まあ色々と言いたいことはありますが、とりあえず今回幾つか提示された情報について改めて整理してみますか。



☆<05/08更新>前回、Angel Beats!コーナー 第5話 「Favorite Flavor」の感想をポッドキャストにて収録!

「ゆり達のやっている事はイジメにしか見えなかったが、作り手の意図とは?」、「天使は未来の世界からやってきた!?」、「天使がかわいそう過ぎて感情移入できた人が多かった模様・・・」等、パーソナリティ、リスナー様の間でも議論が白熱しましたので、是非聴いて見てください↓をクリック



★(ポッドキャストラジオ)Angel Beats!コーナー 第5話 「Favorite Flavor」感想談義



banner03

*他のアニメの感想を聞きたい人は、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!リアルタイムで掲示板に是非突っ込みを入れてください。アニメブロガー達の本音はここでしか聞けない!?





↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



●直井はNPCではなかった・・・

NPCと人間の区別ってどうやってつけるのでしょうかね?多分見た目では分からないのでしょう。だから今回ゆりが、直井がNPCではないことに気づかなかった。

判断する基準があるとしたら、「模範的に振舞っているにも関わらず消えない生徒」というところなのでしょうね。ただ、直井の場合は表面上は模範的に振舞っていても裏では規律に反することをしていたから、この世界での存在を保っていられた。

実は、こういう生徒は他にもいるのかもしれません。極当たり前の学校生活を送っていも、しかしそれでも満たされないものがあったら・・・。そもそも、彼らは本当にNPCと呼ばれる存在なのか?それも怪しいものですね。


●橘は模範的であるのになぜ消えないのか?

これが謎なんです。彼女は生徒会長に任についていた時に、こ模範的に振舞っていました。ところが、この世界から消えることはなかったですね。

ゆりの話すこの世界のルールが本当だとして考えると、もしかすると生徒会長という役職についた時には、このルールは適用されないのかもしれませんね。でないと、生徒会長になれば皆消えてしまいますからね。

あるいは、橘個人の問題というものが絡んでいるのかもしれません。彼女は生徒会長として模範的に振舞っていますが、それは生徒会長としての役割を果たすために機械的にそう振舞っているのであって、生きていた世界の未練がまだ解消されないのであれば、消えないという事も考えられます。

橘に味方した生徒達は、今までもいたのかもしれない。ところが、彼女達(彼ら)は楽しい学園生活を送って消えていく・・・そうしているうちに橘は孤独感を強めていったのだとしたら、やはり彼女に満足はありえなかったのではないでしょうか?


●この世界は神を選ぶ世界

これはおそらく直井の持論なので、あまりあてにならないかもしれません。ただ生徒会長となった場合に、何が彼には及ぼされたのでしょうか?

生徒会長=神という発想はあまりにも安直だと思うのですよね。だって、生徒会長は学校のルールから逸脱する生徒を取り締まることしか出来ないわけでしょう?

例えば、生徒会長となったものが自身の考案したルールを制定出来るのであれば、そりゃこの世界の支配者となることも可能でしょう。ところが、今回の直井の行動を見る限りは、違反者への過剰な懲罰行為はあったものの、世界のルールそのものを塗り替えるといった態度は見られなかったのですよね。

与えられた世界の中で、神を気取るというのは実に愚かなことです。つまりは、生徒会長になったところで、神になることは出来ないということなのでしょう。


●次回の7話ではこの物語の大部分(82パーセント)が語られるらしい

次回のエンジェルビーツでは、多くのことが明らかになるそうです。今回の後半は突如トリアス回にブレてある意味では急展開でしたが、次回はさらに加速した展開が見られるのかもしれませんね。

しかし、7話の時点でそんなに多くの謎が明らかになって、視聴者がついていけるのか?非常に心配です。今回の展開だって、私的には色々と納得できませんでした。

音無が直井を抱きしめるシーンも、まるでとってつけたように感動を演出しているように見えて、これっぽっちも心が動かされなかった。直井君の過去に共感出来なかったわけじゃない、でも終始ポカ~ンとしてしまった自分がいる。

人を感動させるための、もっと重要な手続きが抜けている気がする。こういう物語ではきっと人の心は動かないのですよ・・・。


最後に、直井君の死因はやはり明かされなかった。岩沢も、日向も、ゆりも、そして直井も、肉体の死の前に「人としての死」を迎えているんですわ。

その意味では彼らの魂は、「救済されるべき魂」なんです。精神的な死の後に、彼らが本当に肉体の死を迎えていたとしたら、現実に生きている世界にいる人間も描くべきであろうと私は思います。

彼らが、この世界で満足をし、成仏していく・・・そのように自己完結する物語に終始してしまっては、何も残らないと思うのですよね(輪廻転生という概念があればまた話しは違ってくるが)。そこで気になるのが音無の存在です。

彼はもしかすると「生の世界」と繋がっている人間なのかもしれません。だとしたら、また興味深い物語性を見せてくれると思うのですが・・・とにかく、7話には注目ですな。

<今回のAngel Beats!は賛否両論!これは語らねばなるまい!!「ピッコロのらじお♪」は5月12日(水) 夜11時より放送予定>

5月12日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「Angel Beats!」、「デュラララ!!」を中心にアニメ語りを行っていく予定です。もちろん、鋼の錬金術師、閃光のナイトレイド等のアニメについても語っていく予定ですよ!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?けいおん!!、Angel Beats!、荒川アンダー ザ ブリッジ、閃光のナイトレイド、裏切りは僕の名前を知っている、kiss×sis、薄桜鬼、WORKING!!、おおきく振りかぶって~夏の大会編~、デュラララ!!、聖痕のクェイサー、刀語、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。

http://twodimension.blog59.fc2.com/tb.php/1754-1fad1885

0 Comments

Post a comment