(アニメ感想) 格闘美神 武龍 第20話 「天国への階段」




格闘美神 武龍 壱/アニメ




うちのブログでは不人気なこのアニメの記事ですが、なぜか検索ではこのアニメが一番引っかかると言うおかしな状況になっています。まあ、ある日を境にグーグルの検索でうちのブログが全く引っかからなくなったと言うのも原因にあるのかもしれませんが・・・。でも、このアニメとパンチラはセットになって検索している方が多いのでやはり皆そこに期待しているんだなあと痛感。今回もパンチラ満載のようです。良かったですね(笑)。それでは感想です・・・。さて、春楊の下へと急ぐ蘭の前に色っぽいお姉さん拳法家が登場!この人って確かめぐみと戦った人じゃないのかな?やたらと色っぽい衣装ですが、鉄の扇を武器に蘭に襲い掛かります。「お前を倒して華やかな舞台に!」と意気込む彼女の気持ちを受け止め、必殺技である発勁で仕留めようと言う構えの蘭。しかし、そのワザを使うまでもなく仕留め次の敵へ・・・。

もう、スパルタンXですね。次はトンファーの使い手。見る限りに雑魚オーラを放っておられます。当然秒殺!しかしこの男、蘭のパンチラを視聴者にサービスさせる等なかなか使える男でございました(笑)。そして、ついに最上階に到達した蘭。そこには傷つき倒れている鈴のと殺気を放つ春楊の姿が・・・。しかし、戦いを避け鈴を連れて帰ろうとする蘭。それでもなおしつこく蘭を挑発する春楊に蘭も身構えます。そこへ、それを阻止せんと入ってきた男。毛家居合拳のもう一人の使い手、そうこの男こそ蘭の・・・。

小さい頃の蘭ちゃん、カワイソス、カワイソス、カワイソス。思わず抱きしめてあげたくなってしまった。と言うわけで、例の如くボスキャラは父親だった的なオチとなりましたけど、父親が悪人面で蘭に対しての愛情が全く感じられないのには参りました・・・。自分の娘を倒すためにライバルを鍛える、ベタですがストーリーが少しでも盛り上がるのならやむなしと言ったところでしょうか?まあ、今回はパンチラがあったので良しとしましょうかね。来週も、お色気には期待しております、はい。

KAKUTOU06021800

0 Comments

Post a comment