(アニメ感想) おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第7話 「ゆるやかな変化」

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
おおきく振りかぶって ~夏の大会編~1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る




勝てば「ベスト16」となる4回戦、港南高校との試合が始まった。西浦スタンドはチアガールの応援も加わりとってもにぎやかに。

しかし港南側のスタンドには、先の試合を終えたばかりの美丞大狭山高校野球部の姿が。

コーチの呂佳と、監督の滝井が、どうやら西浦について分析をはじめたようなのだが…。






↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!



四回戦を無事突破し、いよいよ五回戦・・・。これに勝てばいよいよベスト8というところまできましたが、今回ばかりはそうすんなりとはいかないでしょうな。

やはり一番の懸念材料は、三橋と阿部のバッテリー。阿部君のお父さんが指摘した通り、果たしてこの二人は真に心を通わせているのか?といった問いかけには、首を傾げざるを得ない。


まず三橋は阿部に対して極度の依存があります。三橋は投手であり、マウンドに上がり続けることが彼に求められる役割です

コミュニティにおいて人は役割を見出せないと、そこでの居場所を獲得することは難しい。無条件で他者から承認を得られるほど社会は甘くはありませんからね。

三橋は本能的にそれを理解しているのでしょう。さらに西浦は投手不足で、今のところマウンドに上がれるのは三橋意外にありえませんから、「投手である限り大事にされる」に味を占めちゃったのですよね。

過去のトラウマもあり、ここから降ろされれば昔のように「空気な自分に戻る」という事には潜在的恐怖を抱いていて、そうならないためには、投手としての自分を最大級に評価してくれる阿部君に、ずっとキャッチャーでいてもらわなくてはならないという思考回路に至っているのでしょう


一方の阿部は自分と三橋が「信頼」という絆で結ばれていると思い込んでいます。

でも、それは少し違うのですよね。表面的な形としてはそうは見えても、実際は、「三橋の阿部への極度の依存と、阿部の三橋への無理解」が真の姿でしょう。

その構造を一言で言い表すと「想いのすれ違い」でありますな。互いの想いを摺り合せる作業は、とてつもなくエネルギーを消耗するし、困難を伴う作業です

しかしこれを怠ると、正念場においてその関係は必ず破綻を帰すことになるでしょうな。


なんにしてもこの状態は非常に危険ですよ。美丞大狭山高校側は捕手である阿部を攻略出来るかが勝利の鍵を握ると考えているようですから。

阿部が潰されれば、三橋も沈むでしょう。現段階において、どちらが倒れた場合にどちらかが支えられるほど、この二人は意思疎通を出来ていないのです

この試合で一番に求められるのは、阿部の自覚と覚醒でしょう。まあ、三橋と阿部には、他のチームメイトや監督の支えもありますし、何とか乗り切ってくれると信じてますよ~。

<今期もアニメライフをエンジョイしてる~?「ピッコロのらじお♪」は5月19日(水) 夜11時より放送予定>

5月19日(水)夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」は、「Angel Beats!」、「デュラララ!!」を中心にアニメ語りを行っていく予定です。もちろん、鋼の錬金術師、閃光のナイトレイド等のアニメについても語っていく予定ですよ!

当日は掲示板も設置しますので、興味のある方は是非参加してください!アニメブロガーの本音はここでしか聞けない!?けいおん!!、Angel Beats!、荒川アンダー ザ ブリッジ、閃光のナイトレイド、裏切りは僕の名前を知っている、kiss×sis、薄桜鬼、WORKING!!、おおきく振りかぶって~夏の大会編~、デュラララ!!、聖痕のクェイサー、刀語、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST、等など。

「ピッコロのらじお♪」は、藍依さん時雄さんゆーくりっどさん、おにくやさんといったレギュラー陣と共に、アニメについて楽しく語っております。ラジオの配信のお知らせ、ラジオの聞き方等は、当ブログトップページをご覧下さい。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/015b9382f5b769851a82870c5b17f4db/b4
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/3992672743ced5f733720f259ac57fe3/3f

0 Comments

Post a comment